通知

Duo と Meet が新しい Meet アプリに統合されました。Meet(従来)のユーザーは新しいアプリをダウンロードできます。

Google Meet の音声に関する問題のトラブルシューティング

このページの内容

開始する前に

会議中に音声に関する問題が発生した場合の解決方法をご覧ください。

ヒント: マイクとスピーカーに問題が発生していても音声が聞こえる場合は、会議の動画と音声の品質に関するトラブルシューティングを行ってください。

  • マイクとスピーカーを使用できないコンパニオン モードになっていないことを確認します。コンパニオン モードになっている場合は、会議から退出して再参加してください。詳しくは、コンパニオン モードに関するページをご覧ください。
  • 画面共有で音声を共有するには、パソコンでタブを共有します。モバイル デバイスから音声を共有することはできません。詳しくは、ビデオ会議中にプレゼンテーションを行う方法をご覧ください。
  • 適切なマイクまたはスピーカーを選択します。詳しくは、動画と音声を接続する方法についての説明をご覧ください。
  • パソコンの BluetoothTM 設定が正しく接続され、デバイスの電源が入っていることを確認してください。
  • ミュートが解除されていることを確認します。
  • 動画タイルの右上で、誰かが発言したときに青色のインジケーターが点灯することを確認します。点灯しない場合は、次の手順で対応してください。
    • 他の参加者: マイクに問題がある可能性があります。それ以外の場合は、スピーカーに問題がある可能性があります。
    • タイル: マイクに問題がある可能性があります。それ以外の場合は、他の参加者のスピーカーに問題がある可能性があります。

ブラウザを更新する

ブラウザを更新して、最新のソフトウェア修正を適用してください。

Chrome を終了しても、マイクを使用しているアプリや拡張機能はリセットされないため、問題は解決されません。これらのアプリや拡張機能をリセットするには、Chrome ブラウザを再起動します。Chrome ブラウザを再起動すると、タブとウィンドウが再び開きます。

  1. ブラウザで「chrome://restart」と入力します。
  2. マイクとカメラをオンにしてください。
  3. もう一度ビデオ会議に参加します。

Google Meet によるマイクの利用を許可する

Chrome でマイクを使用するには、Meet に権限を付与する必要があります。初めてビデオ会議に参加するときに、アクセスを許可するよう求められます。

Meet にカメラとマイクの使用を許可するには以下を行います。

  1. 会議中にアドレスバーのカメラアイコン をクリックします。
  2. [常に許可] 次に [完了] を選択します。

ブラウザによるマイクの利用を許可する

Chrome でサイト権限を確認する

マイクを使用するサイトにマイクへのアクセスを許可していることを確認します。すべてのサイトにマイクの使用を許可することや、特定のサイトにのみ許可することができます。詳しくは、サイトの権限についての記事をご確認ください。

Chrome を使用しているパソコンでは、ブラウザにマイクへのアクセスを許可する必要があります。アクセスを再度許可するには以下を行います。

  1. Chrome のアドレスバーに「chrome://settings/content/microphone」と入力します。
  2. [デフォルトの動作] で マイクを無効にする [サイトがマイクの使用を要求できるようにする] を選択します。
  3. [マイクの使用を許可する] の下に、「https://meet.google.com:443」があれば、横にある削除アイコン Delete をクリックします。
  4. Google Meet のページを更新します。
  5. メッセージが表示されたら、カメラとマイクへのアクセスを許可します。

他のブラウザでマイクへのアクセスを許可する

システムまたはデバイスによるマイクの利用を許可する

Chromebook でマイクへのアクセスを有効にする
  1. Chromebook で、右下の時刻 次に 設定アイコン 設定 を選択します。
  2. 左側の [セキュリティとプライバシー] 次に [プライバシー管理] を選択します。
  3. [マイクへのアクセス] をオンにします。
macOS Mojave 以降でマイクの利用を有効にする

macOS Mojave バージョン 10.14 以降を搭載したパソコンでは、ウェブブラウザにマイクへのアクセスを許可する必要があります。有効になっていない場合は、Meet がデバイスから動画にアクセスできません。

  1. [システム環境設定] 次に [セキュリティとプライバシー] に移動します。
  2. [プライバシー] 次に [マイク] を選択します。
  3. Meet を使用するアプリ(Google Chrome、Firefox、Safari、Edge)のチェックボックスをオンにします。
Windows でマイクへのアクセスを有効にする
  1. パソコンで [スタート] 次に [設定] を選択します。
  2. [プライバシーとセキュリティ] 次に [マイク] を選択します。
  3. [マイクへのアクセス] と [アプリにマイクへのアクセスを許可する] をオンにします。

ヒント: この設定では、デバイス上のすべてのユーザーが、アプリにマイクへのアクセスを許可するかどうかを選択できます。

Linux でマイクへのアクセスを有効にする
  1. デバイスで [サウンド] 設定を開きます。
  2. [入力] をクリックします。
  3. マイクの設定を選択します。
  4. マイクがオンになっていることを確認します。
  5. 音量を変更するには、ボリュームのスライダーを動かします。
  6. [OK] をクリックします。

Meet とデバイスの設定で自分のミュートを解除する

雑音を減らすために他のユーザーがあなたをミュートにすることはできますが、ミュートを解除することはできません。

  1. マイクをオンにします。
  2. 画面の下部にあるミュート アイコン をクリックします。

注: 個人の Google アカウントが主催する会議では、会議の主催者のみが別の参加者をミュートにできます。

Windows デバイスのミュートを解除する
  1. [サウンド] 設定を開きます。
  2. [録画] をクリックします。
  3. [マイク] をダブルクリックします。
  4. [レベル] を選択します。
  5. マイクがオンになっていることを確認します。
  6. 音量を上げるには、ボリュームのスライダーを動かします。
  7. [OK] をクリックします。
Mac デバイスのミュートを解除する
  1. [システム環境設定] に移動します。
  2. [サウンド] 次に [入力] をクリックします。
  3. マイクがオンになっていることを確認します。
  4. 音量スライダーで音量を上げます。

音量設定は自動的に保存されます。

Linux デバイスのミュートを解除する
  1. [サウンド] 設定を開きます。
  2. [入力] をクリックします。
  3. マイクの設定を選択します。
  4. マイクがオンになっていることを確認します。
  5. 音量を上げるには、ボリュームのスライダーを動かします。
  6. [OK] をクリックします。
CLI を使用してマイクをリセットする(上級者向け)

パソコンのマイクを使用している他のアプリや拡張機能からマイクを解放します。

ヒント: この操作を行うには、パソコンの管理者権限が必要な場合があります。

  1. [アプリケーション] 次に [ユーティリティ] に移動し、[ターミナル] をダブルクリックします。
  2. [ターミナル] ウィンドウで「sudo killall coreaudiod」と入力し、Enter キーを押します。
  3. パスワードを入力し、Enter キーを押します。
  4. Meet のビデオ会議にもう一度参加します。

Windows で他のサウンドの音量が小さくなる

Windows で会議に参加している場合、聞き取りやすくするため他のサウンドの音量が小さくなります。これは Meet によるものではなく、Windows の機能によるものです。

他の参加者に私のスクリーン リーダーや音楽プレーヤー、その他のアプリケーションの音声が聞こえてしまう

ご利用のオペレーティング システムとオーディオ機器によっては、Meet 以外のブラウザタブやアプリケーションの音声が他の参加者に聞こえてしまうことがあります。この場合は、マイクが Meet 以外の音声を拾わないように、ヘッドフォンを使用してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー