組織へのアカウント リンクを管理し、アカウントを移動し、360 にアップグレードし、管理者権限を復元する

Google マーケティング プラットフォームの初期設定時に組織を作成します
この記事の内容:

サービス アカウントを組織にリンクすると、次のような多くのメリットが得られます。

  • Google マーケティング プラットフォームから、リンクしたサービス アカウントとそれに関連するユーザー アカウントを利用できます。
  • 組織の管理者は、リンクしたアカウントのユーザーを管理できます。
  • リンクしたアカウントのお支払いと利用状況を [管理] パネルで管理できます。
  • データ処理の修正条項に関連する情報の管理ができます。
  • リンクしたサービス アカウントのヘッダーにサービス選択ツールが表示されます。
  • アナリティクス、タグマネージャ、オプティマイズのアカウントを組織にリンクすると、組織のユーザーは、アナリティクス、タグマネージャ、オプティマイズのアカウントを新たに作成し、そのアカウントの作成時に組織にリンクできます。新しく作成したアカウントには、元のアカウントで同意した元のサービス利用規約が適用されます。
  • アカウントを組織にリンクすると、そのアカウントに関連するすべてのオブジェクト(アナリティクスのプロパティやタグ マネージャーのコンテナなど)に [管理] タブからアクセスし、そこからアカウントとオブジェクトを操作できるようになります(アナリティクスのプロパティやタグ マネージャー アカウントのサービスレベルをスタンダードから 360 に変更するなど)。

サービス アカウントをリンクすると、そのアカウントのユーザーが組織に追加され、ユーザーの権限が自動的に付与されます。

リンク作成の前提条件

サービス 前提条件
Google アナリティクス スタンダード 組織の「ユーザー」の役割

アナリティクス アカウントの「ユーザー管理」権限
Google アナリティクス 360 組織の「組織管理者」または「請求管理者」の役割

アナリティクス 360 アカウントの「ユーザー管理」権限

リンク先の組織には、アナリティクス 360 アカウントの有効なオーダーが必要です。
Google タグ マネージャー スタンダード 組織の「ユーザー」の役割

タグ マネージャー アカウントの「管理者」権限
Google タグ マネージャー 360 組織の「組織管理者」または「請求管理者」の役割

タグ マネージャー 360 アカウントの「管理者」権限

リンク先の組織には、タグ マネージャー 360 アカウントの有効なオーダーが必要です。
Google オプティマイズ スタンダード 組織の「ユーザー」の役割

オプティマイズ アカウントの「管理者」権限
Google オプティマイズ 360 Google マーケティング プラットフォーム組織の「組織管理者」または「請求管理者」の役割

オプティマイズ 360 アカウントの「管理者」権限

リンク先の組織には、オプティマイズ 360 アカウントの有効なオーダーが必要です。

 

組織の「組織管理者」または「請求管理者」であるものの対象サービス アカウントの管理者でない方は、そのサービス アカウントの管理者(リンク リクエストの承認権限を持つ管理者)にリンクのリクエストを送ることもできます。

リンクのリクエストを受け取ったサービスの管理者は、リクエストがサービスのリンク先となる組織から送られたものであることを確認します。誤った組織からリクエストが送られた場合は、アカウント マネージャーまたは Google サポートに報告してください。

特定のサービスについて保留中のリンク リクエストを確認するには、そのサービスの管理者の認証情報を使用して https://marketingplatform.google.com/linking/requests にログインします。このページからリクエストを承認できます。

サービスの管理者がリンク処理を開始すると、組織の管理者の役割を持つ組織ユーザーにサービス アカウントに対するユーザー管理関連の権限や能力が付与されます。この権限や能力は、サービスが組織にリンクされている限り削除できません。

アカウントをリンク

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックします。
  3. 目的の組織をクリックします。
  4. 販売パートナー: [クライアント] をクリックしてクライアント名をクリックし、[サービス] でリンクするサービス(アナリティクスなど)をクリックします。
    クライアント / 標準ユーザー: [サービス] で、リンクするサービス(アナリティクスなど)をクリックします。
  5. [+] をクリックします。
  6. [リンクするアカウント] で次のいずれかを選択します。
    • アクセス権のあるアカウントを選択する: アクセス権のあるアカウントのリストから選択します。
    • カンマ区切りのアカウント ID を入力する: リンクするアカウントの ID をカンマ区切りで入力します。
  7. [リンク] をクリックします。

サービス アカウントが組織に正しくリンクされなかった場合は、そのサービスの管理者に通知のメールが送られます。必要に応じてアナリティクス サービス アカウントのリンクを解除してください。

サービス アカウントのリンクを解除するには、リンクを解除するサービスの管理者の権限が必要です。

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックします。
  3. 目的の組織をクリックします。
  4. [サービス] で、リンクを解除するアカウントの種類(アナリティクスなど)をクリックします。
  5. 特定のアカウントの行にある その他 をクリックし、[アカウントのリンクを解除] をクリックします。

サービス アカウントを別の組織に移動する

アカウントを移動するには、移動元の組織と移動先の組織で以下の管理者権限が必要です。

  • 移動元(現在)組織: 組織管理者および請求管理者
  • 移動先(新規)組織: 請求管理者
  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックします。
  3. 目的の組織カードの その他 をクリックし、[ この組織から別の組織にアカウントを移動] をクリックします。
  4. 移動先の組織を選び、移動するアカウントを選択します。
  5. [移動] をクリックします。

対象アカウントの有効なオーダーが移動先の組織にもあれば、アカウントを移動しても、そのアカウントの 360 サービスレベルが変わることはありません。

360 にアップグレードする

サービスレベルを 360 にアップグレードするには、組織管理者または請求管理者の権限が必要です。

サービス アカウントを組織にリンクした後、オブジェクト(アナリティクスのプロパティなど)のサービスレベルをスタンダードから 360 に変更できます。

サービスレベルを 360 からスタンダードに戻すことはできません。サービスレベルをスタンダードに戻すと、BigQuery Export がアナリティクス 360 との連携に失敗したり、サービス統合(アナリティクス 360 とディスプレイ&ビデオ 360 など)が停止したりするなど、意図しない結果が生じる場合があります。

サービスレベルを 360 からスタンダードに戻す必要がある場合は、Google マーケティング プラットフォームのアカウント マネージャーにお問い合わせください。影響についてご相談のうえ、必要であればダウングレード相当の変更を実施できます。ダウングレードによる影響の詳細

販売パートナーは、クライアントのオブジェクトのサービスレベルを設定できます。また、販売パートナーのクライアントと直接クライアントは、自分のオブジェクトのサービスレベルを設定できます。オブジェクトのサービスレベルを設定する手順は次のとおりです。

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックします。
  3. 目的の組織をクリックします。
  4. 販売パートナー: [クライアント] をクリックし、クライアント名をクリックした後、[リンクされたアカウント] からサービスを選択し、特定のアカウントを選択します。
    クライアント: [リンクされたアカウント] からサービスを選択し、特定のアカウントを選択します。
  5. オブジェクト(アナリティクスのプロパティなど)を選択します。
  6. その他 をクリックし、[アップグレード...] をクリックします。

オブジェクトのサービスレベルのアップグレードに必要な権限があるにもかかわらず、アップグレードする管理機能を使用できない場合は、アカウントのオーダーがないか、オーダーの終了日をすぎている、またはオーダーの開始日が将来の日付に設定されていることが原因です。

Google アナリティクス アカウントへの管理者権限を復旧する

組織にリンクされているアナリティクス アカウントへの管理者権限を失った場合、組織管理者またはユーザー管理者に復元してもらうことができます。アナリティクス アカウントの管理者権限は、「ユーザー管理」権限と「編集」権限で構成されます。

たとえば、アカウント管理者が別の管理者に引き継ぎをせずに退社すると、管理者権限を持つユーザーがいなくなってしまいます。このようにアカウントの管理者がいない状態でも、そのアカウントでは引き続きデータが収集され、管理者権限のないユーザーは今までどおりログインし、各自の権限の範囲内でアカウントを使用できます。

アナリティクス アカウントへの管理者権限を再取得する必要がある場合は、組織管理者またはユーザー管理者にお問い合わせください。

組織管理者またはユーザー管理者が、アナリティクス アカウントへのアクセス権の復元を必要とする場合:

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックします。
  3. 目的の組織をクリックします。
  4. [サービス] で [アナリティクス] をクリックします。
  5. アクセスを復旧させたいアカウントを選択します。
  6. [アカウント ユーザー] をクリックします。
  7. アカウント権限ページが開きます。
  8. 管理者権限を付与するユーザーの行をクリックします。
  9. [ユーザー管理] 権限と [編集] 権限を選択します。
  10. 古い管理者がまだアカウントに残っている場合は、ここで削除できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。