通知

今後数か月以内に、設定名「ロケーション履歴」が「タイムライン」に変わります。アカウントでロケーション履歴がオンになっていると、Google マップアプリおよびアカウント設定では「タイムライン」という名前で表示されます。

Google がお客様のロケーション履歴のプライバシーを守る仕組み

ロケーション履歴は、個人用のタイムラインを作成できる Google アカウント設定です。タイムラインは、以前訪れた場所や、利用した経路とルートを思い出すために役立ちます。

  • Google アカウントにログインしている
  • ロケーション履歴がオンになっている
  • デバイスの現在地送信機能がオンになっている

Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。

ロケーション履歴の仕組み

ロケーション履歴を使用すると、訪れたことがある場所に基づいておすすめの場所が表示されるなど、Google サービス全体で利便性が高まります。ロケーション履歴をオンにすると、Google アプリが使用されていない場合でも、デバイスの正確な位置情報がデバイスと Google サーバーに継続的に保存されます。
Google のサービスをすべての人にとって便利なものにするために、データは次の目的で使用されることもあります。
  • 匿名化された位置情報に基づいて、混雑する時間帯や環境保護に役立つ見識などの情報を表示する。
  • 不正行為や悪用の検出、防止を行う。
  • 広告サービスを含む Google サービスの改善と開発を行う
  • 広告を見てユーザーが来店する可能性を付近の店舗が予測する([ウェブとアプリのアクティビティ] が有効になっている場合)。匿名の予測情報のみが店舗に提供されます(個人情報は提供されません)。
ヒント: 正確な現在地とは、特定の住所や通りなど、ユーザーが今いる場所を指します。
現在地の特定は、次のような情報によって行われます。

重要: 位置情報の情報源は、ほとんどがデバイスの権限、アカウント設定などで管理できます。設定がプライバシーと位置情報に与える影響について詳しくは、以下をご確認ください。

ロケーション履歴はユーザーが削除するまで保持されます。

Google マイ アクティビティまたはタイムラインにアクセスすることで、いつでもロケーション履歴を確認したり履歴の保持期間を変更したりできます。

Google がお客様のロケーション履歴を保護する仕組み

お客様のアクティビティのプライバシーを保護する仕組み:

主導権はあなたに

Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。
ロケーション履歴はユーザーが削除するまで保持されます。アカウントのロケーション履歴は、Google マイ アクティビティまたはタイムラインでいつでもオフにしたり、すべてまたは一部のみ削除したりすることができます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー