Google がお客様のロケーション履歴のプライバシーを守る仕組み

ロケーション履歴は Google アカウントごとに設定されるもので、以下の条件を満たすモバイル デバイスを持って訪れた場所が保存されます。

  • Google アカウントにログインしている
  • ロケーション履歴がオンになっている
  • デバイスの現在地送信機能がオンになっている

Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。

ロケーション履歴の仕組み

ロケーション履歴をオンにすると、Google のプロダクトやサービスでさまざまなメリットが得られます。たとえば地図のパーソナライズ、訪れた場所に基づくおすすめの表示、紛失したスマートフォンの探索、通勤経路の交通状況のリアルタイム通知、有用性の高い広告の表示などが可能です。
ロケーション履歴をオンにしていて、ご使用のデバイスが位置情報を送信している場合、Google のプロダクトやサービスを積極的に使用していない間も、そのデバイスの正確な位置情報が収集および保存されます。この情報は、ロケーション履歴をビジュアル化したタイムラインの生成に使用されます。タイムラインはいつでも編集できます。また、期間などのロケーション履歴を削除することもできます。
ヒント: 正確な現在地は、特定の住所や通りなど、正確にどこにいるかを表します。
現在地の特定は、次のような情報によって行われます。

重要: 位置情報の情報源は、ほとんどがデバイスの権限、アカウント設定などの設定で管理できます。設定がプライバシーと位置情報に与える影響の詳細については、以下をご確認ください。

Google がお客様のロケーション履歴を保護する仕組み

お客様のアクティビティのプライバシーを保護する仕組み:

主導権はあなたに

Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。
アカウントのロケーション履歴は、Google アカウントの [ロケーション履歴] セクションでいつでも一時停止することができます。
ご自身のロケーション履歴情報は、Google マップのタイムライン機能でも管理や削除が可能です。履歴を一括ですべて削除することも、一部のみ削除することもできます。
詳しくは、ロケーション履歴の管理をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
76697
false