位置情報収集のオン / オフを切り替える

注: この記事は iPhone と iPad が対象です。

位置情報収集をオンにすると、Google の位置情報サービスによって匿名の位置情報が定期的に Google に送信されます。位置情報はお使いの iPhone または iPad に一時的に保存される場合があります。

位置情報を収集することで、より正確な交通状況を表示するなど Google サービスの改善に役立っています。

位置情報収集をオンにする

匿名の情報収集をオンにする手順は次のとおりです。

  1. Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [設定] をタップします。
  3. [概要、利用規約、プライバシー] を選択します。
  4. [位置情報収集] を選択します。
  5. ボタンを [オン] にスライドします。

位置情報収集をオフにする

位置情報サービスをオフにする手順は次のとおりです。

  1. Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [設定] をタップします。
  3. [概要、利用規約、プライバシー] を選択します。
  4. [位置情報収集] を選択します。
  5. スイッチを [オフ] にスライドします。

位置情報収集の設定は、Google の位置情報サービスで収集された現在地データにのみ適用されます。現在地機能など、iPhone / iPad 向け Google マップのその他の位置情報サービスには適用されません。その他の位置情報サービスの設定を変更するには、端末の [位置情報サービス] の設定にアクセスしてください。

: 現在地送信機能とロケーション履歴は位置情報収集とは異なります。現在地送信機能は、Google アカウントに関連付けられた端末の最新の現在地データを Google が定期的に保存して使用できるようにする機能です。ロケーション履歴は、Google アカウントにログイン済みで、現在地送信機能をオンにしているすべての端末からの現在地データの履歴を保存する機能です。現在地送信機能とロケーション履歴のオン、オフを切り替える方法もご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。