Gmail におけるプライバシーの保護と管理

オンラインでのユーザー保護とは、ユーザーの情報を保護し、ユーザーのプライバシーを尊重することを意味します。これを踏まえ、Google では提供するすべてのサービスにおいて、ユーザーの情報を安全に守り、責任を持って取り扱うだけでなく、ユーザーがそれらの情報を各自で管理できるようにしています。Google の各チームは、ウェブの閲覧、受信トレイの管理、ルート検索など、アクティビティの内容にかかわらず、ユーザーが Google サービスを安全に使用できるように日々取り組んでいます。

プライバシーの保護は、データの安全性を確保することから始まります。ユーザーの情報は世界水準のセキュリティと監視機能(不審なログインや不正なアクティビティなどの監視)で保護されています。ユーザーは各自の Google アカウントでプライバシー設定をいつでも管理できます。

ユーザーのアクティビティ履歴に基づいてパーソナライズされるサービス

Gmail は一部のデータを処理して、スマート リプライなどのカスタマイズされた便利な機能を提供しています。なお、ユーザーの情報は常に安全に保護されており、ユーザーは各自の Google アカウントでプライバシー設定をいつでも管理できます。

ユーザーのコンテンツは安全に保管されます

送信するメールやテキスト メッセージ、添付ファイル、ビデオ会議の録画データは、世界最高水準のデータセンターに安全に保存されます。また、データは転送時も保存時も暗号化されます。オフラインでデータにアクセスできるように設定すると、データはデバイスに保存されます。

データの同期にはユーザー名とメールアドレスが使用されます

Google では、ユーザー名とメールアドレスを使用してユーザーの設定情報を保管しています。これにより、ユーザーはログインの手間を省くことができるほか、アップロードしたファイルに複数のデバイスからアクセスできるようになります。また、メールを簡単に作成できるようにするために、ユーザーの連絡先を使用します。

Google アカウントの作成、管理時にユーザー情報が役立てられます

Google が収集したユーザー名と電話番号は、新しい Google アカウントの作成時に使用されます。ユーザーは、Google アカウントを管理する際に住所の登録、連絡先のアップロード、プロフィール写真の追加を行えます。

Gmail の利便性や操作性を向上するためにデータが使用されます

インテリジェントなメール機能とセキュリティ機能(スマートな受信トレイのカテゴリ、スマート作成、迷惑メールの検出など)を提供するために、Google は Gmail のデータを使用します。

Gmail のパフォーマンスおよび信頼性の向上と Gmail 使用時の問題解決に役立てるために、Google はパフォーマンス データと障害に関する分析データを収集します。また、収集した情報を使用して、Google サービスの不正使用の防止や分析に役立てています。Google がユーザーの個人情報を販売することは一切ありません。また、ユーザー情報の使用方法をユーザー自身で選択することができます。

サービスと位置情報が関連付けられます

Google は、サービスに関するフィードバックを受け取ったときなどにそのユーザーが体験したサービスと提供地域との関連性を把握したり、通常とは異なる場所からのログインが検出された場合などにユーザーのアカウントを保護したりするために、一部の位置情報を使用します。たとえば、不審なログインや、悪質なウェブサイト、ファイル、アプリなどが検出され、ユーザーに知らせるべきだと判断した場合、未然防止のためにユーザーに通知するとともに、セキュリティ強化に役立つガイドを提供します。

広告を表示するために、Google が Gmail のメッセージを詳しく調べたり読み取ったりすることはありません

職場や学校のアカウントを使用する場合、Gmail に広告が表示されることはありません。

個人の Google アカウントを使用して Gmail で [プロモーション] タブまたは [ソーシャル] タブを開くと、ユーザーに関連する有用と思われる広告が選択されて表示されます。Gmail のカスタマイズされた広告を選択して表示するプロセスは、完全に自動化されています。ユーザーが Google にログインしているときのオンライン アクティビティに基づいて広告が表示されますが、広告を表示するために Google がメールの内容を操作することはありません

ユーザーが非表示にした広告を記録して同じ広告が表示されないようにしたり、ユーザーが好む傾向のある広告を表示したりするために、Google はユーザーによる広告の操作履歴を保存します(過去にクリックした広告や非表示にした広告)。

ユーザーはいつでも広告の設定を変更できます。詳しくは、Gmail の広告をご覧ください。

使いやすい設定項目を使って、ユーザーは自分のコンテンツを自分で管理できます

Google はユーザーのプライバシーを尊重しており、ユーザーがプライバシーを管理できるようにしています。ユーザーが許可した場合、または法律に基づき必要となる場合を除き、ユーザーが公開していないコンテンツに Google がアクセスすることはありません。

スマート機能とカスタマイズ

Gmail のユーザーは、Gmail の利便性をカスタマイズしたり、スマート機能(スマート作成、スマート リプライなど)を提供したりする目的で自分のデータが使用されることに同意するかどうかを選択できます。この設定の詳細をご覧ください。

また、他の Google サービスの利便性をカスタマイズしたり、スマート機能(マップでレストランの予約を表示する、アシスタントで支払い期限の注意を喚起するなど)を利用したりするために Gmail のデータが使用されることについても、同意するかどうかを選択できます。この設定の詳細をご覧ください。

データを簡単に表示したり削除したりできます

Google のサービスの利用方法は、ユーザー自身が選択できます。ユーザーが十分な情報に基づいて、保存、共有、削除するデータを適切に判断できるよう、Google は収集するデータの種類とその理由をわかりやすく説明するように努めています。

たとえば、ユーザーは利用している Google サービスや保存済みのデータ(メールや写真など)の概要をダッシュボードで確認できます。マイ アクティビティでは、Google サービスで行ったアクティビティを通じて収集されたデータ(検索、閲覧、再生したアイテムなど)を簡単に表示、削除できます。詳しくは、Google アカウントでのアクティビティの表示と管理をご覧ください。

ユーザーが仕事用アカウントまたは学校用アカウントを使用している場合、その所属先の組織は、Google がコンテンツにアクセスして実行した一連の操作のログを確認できます。詳しくは、アクセスの透明性: ログを確認する方法Google によるお客様の組織のセキュリティとプライバシーの保護についてをご覧ください。

検索履歴を管理できます

Gmail では、ユーザーが実行した検索クエリを保存して、次回以降の検索で最近使用した検索クエリとして表示されるようにしています。これにより、ユーザーは検索時間を節約できます。また、音声検索の品質向上のために、音声検索時の音声も収集します。音声アクティビティを管理するには、アクティビティ管理を使用します。Gmail の検索履歴を確認、管理するには、マイ アクティビティを使用します。

データを書き出せます

Google では、タイミングや理由を問わず、すべてのユーザーが Google サービス内で利用している自分のコンテンツにいつでもアクセスできるべきだと考えています。この考えに基づき、データのダウンロード機能を提供しています。ユーザーはこの機能を利用して写真、メール、連絡先、ブックマークをダウンロードできます。ユーザーはダウンロードしたデータを必要に応じてコピーまたはバックアップしたり、別のサービスに移動したりできます。

ユーザーは Google アカウントに保存されているデータをいつでも管理できます。また、アカウント アクティビティを削除することもできます。詳しくは、データをダウンロードする方法をご覧ください。

ユーザーが仕事用アカウントまたは学校用アカウントを使用している場合、その所属先の組織は、ユーザーのデータをダウンロードしたり、ユーザーによるデータのダウンロードを制限したりできます。詳しくは、組織のデータを書き出す方法をご覧ください。

関連記事

すべてのアカウント

仕事用アカウントまたは学校用アカウント

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
17
false