「著作権」とは

どのような種類の作品が著作権の対象となりますか?

著作権者には、その作品の独占使用権が与えられます(一部例外があります)。有形の媒体に記録されたオリジナル作品を作成すると、作成者は自動的にその作品の著作権を所有することになります。

次のように、さまざまな種類の作品が著作権保護の対象となります:

  • 音声と映像の作品(テレビ番組、映画、オンライン動画など)
  • サウンド レコーディング、楽曲
  • 著作物(講義集、記事、書籍、楽曲など)
  • 視覚的作品(絵画、ポスター、広告など)
  • ビデオ ゲーム、コンピュータ ソフトウェア
  • 演劇作品(劇、ミュージカルなど)

アメリカの著作権局はオンラインで情報を提供しています。また、詳細について知りたい場合は、弁護士にご相談ください。

著作権保護された作品を著作権を侵害せずに使用することはできますか?

はい、状況によっては、著作権者の権利を侵害せずに、著作権で保護されている作品を使用することができます。これについては、フェアユースをご覧ください。なお、以下の場合でも、著作権侵害の申し立てに対応してコンテンツが削除される可能性がありますので、ご注意ください:

  • 著作権者への帰属を表示した
  • 権利を侵害しているコンテンツの収益化を無効にした
  • 問題となっているコンテンツのコピーに課金した
  • インターネット上の他の場所に同様のコンテンツが掲載されているのに気づいた
  • ハード コピー、デジタル コピーなどでコンテンツを購入した
  • テレビ、映画館、ラジオなどからコンテンツを自分で録音/録画した
  • 書籍、映画のポスター、写真などからコンテンツを自分でコピーした
  • 「著作権侵害の意図はない」と掲載した

コンテンツの作成者によっては、特定の要件を満たせば、自分の作品を再利用できるようにしていることがあります。これについては、クリエイティブ・コモンズのライセンスをご確認ください。

著作権の所有について Google が判断するのですか?

いいえ。Google は権利の所有についての論争を仲裁することはできません。Google は正式な削除通知を受け取った場合、法律に従い、そのコンテンツを削除します。有効な異議申し立て通知を受け取った場合は、削除通知の申立人にその通知を転送します。それでも論争が解決しない場合、裁判所で問題を解決するのは当事者の責任です。

著作権と商標の違い、および特許との違いについて

著作権とは、知的財産権の 1 つの形式であり、商標とは異なります。商標は、ブランド名、銘文、ロゴなどの識別名を、他者が特定の目的で使用できないように保護するものです。著作権は、発明を保護する特許とも異なります。

著作権とプライバシー権の違いについて

動画、画像、サウンド レコーディングに自分自身が録画/録音されているからといって、そのコンテンツの著作権を持つことにはなりません。たとえば、友だちがあなたの写真を撮影した場合、撮影した画像の著作権はその友だちが所有します。友だち、または他のユーザーがあなたを録画/録音した動画を、あなたの許可なくアップロードし、プライバシーや安全が侵害されたと思われる場合は、プライバシーの申し立てを行うことができます。

著作権侵害に関する通知の要件

申し立てを行う最も簡単な方法は、法的なトラブルシューティング ツールを利用することです。

著作権に関する通知には次の要素を含める必要があります。情報が不足している場合は、リクエストに基づいて措置を講じることができません:

1. 連絡先情報

申し立てについて Google から連絡できるように、メール アドレス、住所、電話番号などの情報をご提供いただく必要があります。

2. 権利が侵害されたと考えられる作品についての説明

申し立てでは、保護を求めている著作権のあるコンテンツについて、わかりやすく詳細に説明してください。申し立てで複数の著作物を対象とする場合は、該当する作品の代表的なリストでもかまいません。

3. 権利侵害にあたるとされる各 URL

申し立てには、権利侵害にあたると考えられるコンテンツの個別の URL を含める必要があります。URL の記載がない場合、Google で見つけることはできません。コンテンツの場所に関する一般的な情報だけでは、十分ではありません。問題となっている正確なコンテンツの URL を提供してください。

4. 次の記述の両方に同意し、確認する必要があります:

  • 「私は、権利侵害にあたると申し立てようとする上記の著作物の使用が、著作権者またはその代理人の許可を得ていない、また法律によっても認められていないと確信しています。」
  • および
  • 「この通知に記載する情報は正確であり、私は、虚偽の申告をした場合には偽証罪に問われることを認識した上で、自身が著作権者である、または侵害されていると主張する独占的権利の所有者から代理権を許諾されている者であることを誓います。」

5. 署名

申し立てを完了するには、著作権者あるいは著作権者に代わって行動することを許可された代理人の物理的または電子的な署名が必要です。この要件を満たすため、申し立ての下部で、署名として機能する正式な氏名を入力することもできます。