価格やアプリ配布の設定

Play Console では、アプリを有料または無料に設定したり、アプリを利用できる国を指定したりできます。また、スマートフォンやタブレット以外の Android デバイスも対象にしたり、各種プログラムにアプリを登録したりすることもできます。

: 価格変更、SKU の追加、アプリの配信設定の変更などを含め、アプリやアップデートの公開を行うと、Google Play に変更が反映されるまで数時間かかることがあります。

  1. Play Console にアクセスします。
  2. アプリを選択します。
  3. [ストアでの表示] > [価格と販売 / 配布地域] を選択します。
  4. [アプリの価格の設定] で [無料] または [有料] を選択します。
    • : ほとんどの国のユーザーは、有料アプリをダウンロードしたりアプリ内アイテムを購入したりすることができます。購入できるかどうかを確認するには、各国で設定できる通貨と価格範囲の一覧をご確認ください。

アプリを無料または有料に設定した後の変更

  • 有料のアプリは無料に変更できます。
  • 無料のアプリは有料に変更できません。無料のアプリを有料にするには、新しいパッケージ名で新たにアプリを作成して価格を設定する必要があります。

価格を入力する

Google Play で有料アプリやアプリ内アイテムを提供する場合、取引手数料が適用されます。

: 価格を入力する国に有料アプリやアプリ内アイテムを配布していない場合、ユーザーはそのアプリやアイテムにアクセスできません。

有料アプリ

有料アプリの価格を設定するには:

  1. ペイメント プロファイルを設定します。Play Console を使用して税率を指定します。
  2. 各国で設定可能な通貨と価格範囲の一覧を確認します。
  3. Play Console の [価格と販売 / 配布地域] ページで価格を入力します。
    • ここで入力した価格を基に、各国の価格が計算されます。現地通貨に換算のうえ税金が加算され(一部の国のみ)、現地の一般的な価格の付け方と、アプリの価格設定日の有効な為替レートが適用されます。価格を手動で更新することにより、現地価格に最新の為替レートを適用できます。
    • 現地通貨での販売に対応していない国では、ここで入力した価格が使用されます。現地通貨がサポートされていない場合、米ドルまたはユーロの価格に設定されます。米ドルまたはユーロでの価格は、入力した価格に基づいて設定されます。
    • 各国で使用される通貨はあらかじめ決まっており、変更することはできません。
アプリ内アイテム

アプリ内アイテムの価格を設定するには、アプリ内課金の管理方法をご確認ください。

現地価格を表示または更新する

有料アプリ

デフォルトの現地価格を使用する

  1. [価格と販売 / 配布地域] ページで、国を選択するか、[すべての国を選択] チェックボックスをオンにします。
  2. [価格] 列で、各国の現地価格を確認します。
    • 現地価格は、最新の為替レートと現地の一般的な価格の付け方に基づいて決定されています。
    • 現地通貨での販売に対応していない国では、デフォルトの通貨で入力した価格が使用されます。

デフォルトの現地価格を更新する

最新の為替レートと現地の一般的な価格の付け方に基づいて現地価格を更新する場合:

  1. 更新する国のチェックボックスをオンにします。
  2. [為替レートを更新] をクリックします。

現地価格を手動で設定する場合:

  1. 更新する国の [編集] をクリックします。
  2. 設定したい価格を入力します。
  3. [適用] を選択します。

詳しくは、複数の通貨でのアプリの提供をご覧ください。

アプリ内アイテム

アプリ内アイテムの価格を設定するには、アプリ内課金の管理方法をご確認ください。

複数のアイテムに同じ価格を使用する

価格設定テンプレートでは、テンプレートに登録した複数の有料アプリやアプリ内アイテムの価格を一括で変更できます。価格設定テンプレートを更新すると、そのテンプレートに登録したすべてのアイテムで、テンプレートの最新の価格が使用されることになります。

価格設定テンプレートの権限の要件
  • 価格設定テンプレートにアプリを登録するには、そのアプリの「ストアの掲載情報、価格設定、配布情報の編集」権限が必要です。
  • 価格設定テンプレートに含まれるすべてのアプリを表示するには、そのアプリの「アプリ情報の表示」権限が必要です。
  • 作成したテンプレートを編集できない場合は、自分にアクセス権のないアプリが他のユーザーによってテンプレートに登録されていないかご確認ください。
価格設定テンプレートにアイテムを登録する
  1. Play Console にアクセスします。
  2. 設定アイコン 設定 > [価格設定テンプレート] > [新しい価格設定テンプレート] を選択します。
  3. テンプレートに名前を付けます。
  4. 価格を入力します。ここで入力した価格を基に、各国の価格が計算されます。現地通貨に換算のうえ税金が加算され(一部の国のみ)、現地の一般的な価格の付け方と、アプリの価格設定日の有効な為替レートが適用されます。価格を手動で更新することにより、現地価格に最新の為替レートを適用できます。
    • 現地通貨での販売に対応していない国では、ここで入力した価格が使用されます。
  5. 入力した価格について、税込か税別かを選択します。
    • 税込: たとえばデフォルトの価格が 9.99 ユーロで、EU 市場で(各国の税率に関係なく)すべての価格を 9.99 ユーロにしたい場合、このオプションを使用します。
    • 税別: デフォルトでは、入力した価格に税金が加算されます。たとえば入力した価格 9.99 ユーロに対し、各国で適用される税金が加算されることになります。
  6. 現地価格を確認します。
  7. [テンプレートを作成] をクリックします。
  8. [リンクされたアイテム] タブに移動します。
  9. [アプリ内アイテムをリンク] または [有料アプリをリンク] でアプリ名を選択します。アプリ内アイテムを登録する場合は、該当するアプリのアプリ内アイテムのリストから選びます。
  10. [リンク] をクリックします。アイテムが正常に登録されると、[リンクされたアイテム] に表示されます。
価格設定テンプレート内で為替レートを更新する

価格設定テンプレートを作成した後には、最新の為替レートと現地の一般的な価格の付け方に基づいて現地価格を更新できます。

  1. Play Console にアクセスします。
  2. 設定アイコン 設定 > [価格設定テンプレート] を選択します。
  3. 価格設定テンプレートを選択します。
  4. [国] 列で、更新する国のチェックボックスをオンにします。
  5. [地域別の価格] の上部で [為替レートを更新] を選択します。
    • [為替レートを更新] がグレー表示になっている場合は、国を選択しているかをご確認ください。
  6. [保存] をクリックします。
価格設定テンプレートからアイテムを削除する
  1. Play Console にアクセスします。
  2. 設定アイコン 設定 > [価格設定テンプレート] を選択します。
  3. テンプレートを選択して、[リンクされたアイテム] タブに移動します。
  4. 削除するアイテムの横の [リンクを解除] を選択します。

: セール中のアイテムのリンクを解除することはできません。テンプレートに変更を加えるには、セールを中止するか、セールが完了するまで待つ必要があります。

セールやプロモーションを作成する

Play Console を使用すると、いくつかの方法でアプリを一時的に無料または割引価格で提供することができます。

国ごとの配布状況

アプリの製品版、アルファ版、ベータ版の各リリースを利用できる国の管理について詳しくは、特定の国にアプリのリリースを配信するをご覧ください。

配布設定を選択する

提供するアプリがスマートフォンやタブレット以外の Android デバイス向けの機能を搭載している場合や、ファミリー向けプログラムなどの各種プログラムに対応可能である場合、こうしたデバイスやプログラムにアプリを配布するよう設定できます。

デバイスやプログラムのアイコン

アプリの [価格と販売 / 配布地域] ページの上部には、アプリが対応しているデバイスやプログラムが有効なアイコンとして表示されます。また、各アイコンをクリックすると、そのデバイスやプログラムへのアプリの配布方法を確認できます。

デバイスやプログラムに以下のステータス アイコンが表示されることがあります。

  • アプリが審査中です Review
  • アプリに問題があるか、不承認となりました Issue
Wear OS by Google

アプリに Wear OS by Google の機能が含まれている場合は、Wear OS 対応アプリとしての登録を申請できます。

申請前に、Wear OS のスクリーンショットをアップロードする必要があります。アプリを申請して公開すると、担当チームがアプリを審査し、Wear OS アプリの品質に関するガイドラインに準拠しているかどうかを確認します。

詳しくは、Wear OS by Google にアプリを配布する方法をご覧ください。

Android TV

Android TV 向けのアプリを配信するには、アプリに Leanback 起動インテントを追加し、テレビ向けのバナー画像とスクリーンショットをアップロードする必要があります。

Google Play チームにより、十字ボタン(アプリ)やゲームパッド(ゲームのみ)での操作性や、その他の品質に関するガイドラインについてアプリが審査されます。

詳しくは、Android TV でアプリを配布する方法をご覧ください。

Android Auto

Android Auto 向けにアプリを販売、配布するには、[価格と販売 / 配布地域] ページで Android Auto 利用規約に同意する必要があります。利用規約に同意すると、Android Auto 対応アプリをアップロードできるようになります。

アプリは、運転時の注意散漫に関するガイドラインを遵守しているかどうかが審査されます。アプリが承認されるまで、アプリやそのアップデートは Google Play ストアに公開されません。

詳しくは、Android Auto でアプリを配布する方法をご覧ください。

Android Auto へのアプリの販売や配布を中止する

アプリの Android Auto への販売や配布を中止するには、APK のマニフェストから Auto エントリを削除し、アップデートを送信してください。

Daydream

スタンドアロンのバーチャル リアリティ対応アプリを作成した場合は、Daydream 対応アプリとしての登録をオプトインできます。Daydream アプリとして承認されると、アプリは Play ストアの [VR] に表示されるため、Daydream ユーザーは Google Play でアプリを見つけやすくなります。

要件と基準

登録をオプトインするには、事前に以下を行う必要があります。

  • 以下が含まれる有効な Daydream APK をアップロードします
    • Daydream のインテント
    • VR mode uses-feature タグ
    • high performance uses-feature タグ
    • マニフェストに指定された Daydream アイコンとアイコンのバックグラウンド
  • 360 度立体画像を作成します
  • アプリが Daydream の資格基準を満たしていることを確認します

オプトイン

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [ストアの掲載情報] を選択します。
  4. [画像および映像] の下に表示される [スマートフォン] タブに移動します。
  5. 画像をアップロードするため、[360 度立体画像を追加] をクリックします。
  6. 画像がアップロードされたら、[価格と販売 / 配布地域] ページに移動します。
  7. [Daydream にアプリを配信します] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  8. 動きの有無を選択します。詳しくは、Google VR のサイトをご覧ください。
  9. 変更内容を保存します。必要な情報の送信が済むと、アプリに対して、Daydream への参加資格についての審査が行われます。

オプトアウト

Daydream をオプトアウトするには:

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [価格と販売 / 配布地域] を選択します。
  4. [Daydream にアプリを配信します] の横にあるチェックボックスをオフにします。
managed Google Play

米国またはカナダのデベロッパーが managed Google Play で有料アプリを販売する場合、managed Google Play 対象のデバイスへの一括購入と配信に対応するようにアプリを設定できます。

販売を開始するには、managed Google Play の利用規約をよくご確認ください。アプリを managed Google Play に配信するには、まず利用規約に同意する必要があります。

: 無料アプリの場合は自動的に managed Google Play のデバイスで利用できるようになります。

広告表示

アプリに広告(サードパーティ広告ネットワーク経由で配信される広告、ディスプレイ広告、ネイティブ広告、またはバナー広告など)が表示されるかどうかについて、アプリの [アプリのコンテンツ] ページで申告する必要があります。アプリに広告が表示される場合は、ストアの掲載情報ページに [広告を含む] ラベルが表示されます。

: [広告を含む] ラベルは、アプリにその他の商用コンテンツ(有料プロダクト プレースメント、アプリ内購入やアップグレードの宣伝など)が含まれるかどうかを表すものではありません。また、アプリ内に有料プロダクト プレースメントがある場合は、地域の法律に準拠しているかをご確認ください。

次のような場合は、広告が表示されることを宣言してください。これにより、[広告を含む] ラベルが表示されるようになります。なお、下記は一般的な広告の例であり、すべてを網羅しているわけではありません。

  • バナーやインタースティシャル: バナーやインタースティシャルを表示するため、アプリに広告 SDK を実装している。自分のプロダクトやアプリを収益化または宣伝するために、この広告フォーマットを使用している。
  • ネイティブ広告: 他のコンテンツと区別できないネイティブ広告(スポンサーの記事やフィード内の広告など)がアプリに表示される。
  • 自社広告: 自分の他のアプリを宣伝する小さな広告バナー、インタースティシャル広告、ウォール型広告、広告ウィジェットがアプリに表示される。

自分の他のアプリを以下の方法で宣伝しているのみの場合は、広告表示なしを選択し、[広告を含む] ラベルが表示されないようにしてください。

  • アプリのメインメニューに、ユーザーを他のアプリに誘導する [その他のアプリ*] オプションが表示されている。
  • [その他のアプリ*] オプションでゲームプレイが中断しない。
  • [その他のアプリ*] オプションで誤解を招かない(ゲームプレイ内にオプションを埋め込んでいない)

* [その他のアプリ] の代わりに、[その他のゲーム]、[もっと見る]、[完全版]、[その他]、[デベロッパー情報]、デベロッパー アイコンなどでも構いません。

モニタリング

アプリに広告が表示されるかどうかを正しく宣言するのはデベロッパーの責任ですが、正しく宣言されているかをシステムが随時確認し、必要に応じて [広告を含む] ラベルを表示することがあります。

誤ってアプリにラベルが表示されていると思われる場合は、Google のサポートチームにお問い合わせください

虚偽の宣言への対処

アプリ内の広告の有無を偽って宣言すると、Google Play ポリシーへの違反と見なされ、アプリが停止されることがあります。

Google Play 以外でアプリを配布する

アプリの販売や配布は Google Play での限定ではないため、Google Play 以外で販売、配布することもできます。なお、Google Play で公開するバージョンは、Google Play のすべてのポリシーに準拠している必要があります。

関連コンテンツ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。