アプリ内アイテムの作成

Google Play の課金システムを使用して、1 回限りのアイテムと呼ばれる、ユーザーに 1 回限りの請求を行うアイテムを提供できます。アプリ内アイテムとしては、Google Play のアプリ内における仮想アイテム(ゲームのレベルやポーションなど)、有料サービスがあります。

ユーザーに定期的に請求を行う定期購入を作成することもできます。

重要: アプリ内アイテム(1 回限りのアイテムと定期購入を含む)のすべてに、Google Play デベロッパー プログラム ポリシー取引手数料が適用されます。

ご利用いただける国

Google Play の課金システムは、販売者の登録がサポートされている国や地域でご利用になれます。

サポートされている国や地域にお住まいで、ご自身のアプリで Google Play の課金システム機能を初めて使用する場合は、お支払いプロファイルを設定し、AIDL を通じて Google Play の課金システムを使用するをご確認ください。

購入可能な状態にするには、アイテムを有効にし、アプリを公開し、ユーザーの居住国でアプリを入手できるようにする必要があります。

テスト アカウントを使用している場合は、有効にしたアイテムを未公開アプリで利用できます。詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

作成したアプリ内アイテムは、Google Play ストアの最新版を使用しているユーザーが入手できるようになります。

必要な権限

アプリ内アイテムを提供するには、アプリの APK マニフェスト ファイルで com.android.vending.BILLING 権限を宣言する必要があります。アプリをグローバルに配信する場合、すべての国で com.android.vending.BILLING 権限を指定して、アプリを公開できます。

アプリ内アイテムを作成する

アプリ内アイテムを 1 つ作成する

アプリ内アイテムを作成する前に、アイテム ID を慎重に設定してください。アイテム ID はアプリに固有のものである必要があります。アイテムの作成後に変更したり、再利用したりすることはできません。
  • アイテム ID は、先頭を必ず数字または英小文字とし、全体を数字(0~9)、小文字(a~z)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)のみで構成します。
  • アイテムを作成した後でアイテム ID を変更したり再利用したりすることはできません。
  • : android.test というアイテム ID や、android.test で始まるアイテム ID はすべて使用できません。

アプリ内アイテムを作成するには:

  1. Google Play Console を開き、[アプリ内アイテム] ページ([収益化] > [商品] > [アプリ内アイテム])に移動します。
  2. [アイテムを作成] をクリックします。
  3. アイテムの詳細を入力します。
    • アイテム ID: アプリ内アイテムの一意の ID。
    • タイトル: 「睡眠薬」など、アイテムの短い名前(最大半角 55 文字(全角 27 文字)を入力できますが、常に正しく表示されるように半角 25 文字(全角 12 文字)以内にすることをおすすめします)。
    • 説明: 「怪物を即時に眠らせる」など、アイテムの長い説明(半角 200 文字、全角 100 文字まで)。
    • アイコン: アイテムに固有で正確な画像。テキスト、プロモーション、ブランディングは含めないでください。アイテムのアイコンは、ストアの掲載情報と購入フローで表示されます。
      • 32 ビット PNG
      • 512 x 512 ピクセル
      • 最大 1 MB
    • 価格: デベロッパーの現地通貨で価格を入力するか、価格設定テンプレートを選択します。
    • 複数数量: このアイテムについて、複数数量でご購入手続きを行えるようにします。ユーザーの国 / 地域のしきい値内で、複数数量を購入できます。次の点にご注意ください。
      • Google Play Console で複数数量のご購入手続きを設定するには、アプリに Google Play Billing Library 4.0 が必要です。Google Play Billing Library をアプリに統合する方法については、Android デベロッパー サイトをご覧ください。
      • 複数数量のご購入手続きは一部の国 / 地域ではご利用いただけません。
      • 複数数量のご購入手続きが可能なほとんどの国 / 地域では、SKU の価格しきい値はおよそ US$100 です。複数数量のご購入手続きを行えるようにするには、各国 / 地域のしきい値を下回るように価格(税抜き)を調整する必要があります。
    • Play Points 限定: Google Play Points でのみアイテムを利用可能にします。
  4. 変更を保存し、[有効にする] をクリックして、ユーザーがアプリ内アイテムを入手できるようにします。

言語と翻訳

アプリ内アイテムは、アプリと同じデフォルト言語を使用します。特定の言語の翻訳を追加するには、アプリ内アイテムを選択して [翻訳を管理] をクリックし、目的の言語を適用します。詳しくは、アプリの翻訳とローカライズをご覧ください。

複数のアプリ内アイテムを一括して作成する

複数のアプリ内アイテムを同時に作成するには、各アイテムの詳細を CSV ファイルの各行に記述してアップロードします。
CSV ファイルでは、カンマ(,)とセミコロン(;)を使ってデータ値を区切ります。主要なデータ値はカンマで区切り、二次的な値はセミコロンで区切ります。
複数のアプリ内アイテムを記述する CSV ファイルを作成するには、最初の行にその CSV の構文を指定し、次の行からアイテムの詳細を記述します。
重要: それぞれのアイテムについて、CSV ファイル内の 1 つの行にすべての情報を記述する必要があります。

アプリ内アイテムの CSV ファイルをアップロードする

  1. Google Play Console を開きます。
  2. [アプリ内アイテム] ページ([収益化] > [商品] > [アプリ内アイテム])に移動します。
  3. [インポート] をクリックします。
    • CSV ファイルをアップロードすることで複数のアイテムをインポートすると、CSV ファイル内の Product ID の値が、アプリ内アイテムリストの既存の Product ID と一致する場合にのみ、既存のアイテムが上書きされます。アイテムが上書きされる場合でも、CSV に含まれていないアプリ内アイテムが削除されることはありません。
  4. アップロードする CSV ファイルをドロップするか、[アップロード] をクリックします。

既存のアプリ内アイテムの CSV ファイルをエクスポートする

今まで Google Play Console でアプリ内アイテムを 1 つずつ作成していた場合、CSV ファイルをエクスポートすると、今後 CSV ファイルを使用して作成する場合に便利です。

  1. Google Play Console を開きます。
  2. [アプリ内アイテム] ページ([収益化] > [商品] > [アプリ内アイテム])に移動します。
  3. [エクスポート] をクリックします。

CSV ファイルの例を確認する

使用する CSV 構文の例と、アプリ内アイテムの 3 つの例を紹介します。
  • 最初の例では、タイトルと説明を 2 つの言語(en_USes_ES)で指定しています。アイテムの価格は価格設定テンプレートで定義しています。
  • 2 番目の例では価格設定テンプレートを使用しません。代わりに、デフォルトの国(米国)の価格を指定しています。Google Play Console によって、現在の為替レートと現地の一般的な価格の付け方に基づき、アプリを配信する他のすべての国での価格が自動的に設定されます。
  • 3 番目の例でも価格設定テンプレートを使用しません。アイテムの価格は、アプリを配信する国ごとに手動で指定します。

CSV 構文の例

Product ID,Published State,Purchase Type,Auto Translate,Locale; Title; Description,Auto Fill Prices,Price,Pricing Template ID

アプリ内アイテムの例

例 1

basic_sleeping_potion,published,managed_by_android,false,en_US; Basic Sleeping Potion; Puts small creatures to sleep.; es_ES; Poción básica de dormir; Causa las criaturas pequeñas ir a dormir.,false,,4637138456024710495

例 2

standard_sleeping_potion, published,managed_by_android,false,en_US; Standard Sleeping Potion; Puts all creatures to sleep for 2 minutes.,true, 1990000,

例 3

invisibility_potion,published, managed_by_android,false,en_US; Invisibility Potion; Invisible to all enemies for 5 minutes.,false, US; 1990000; BR; 6990000; RU; 129000000; IN; 130000000; ID; 27000000000; MX; 37000000,

CSV ファイルのデータ値

アプリ内アイテムの CSV ファイルの各行には、以下の値を含めることができます。ただし、各行において、こうした値のなかで定義しないものが 1 つ以上あります。
Product ID

CSV ファイルでこの値を設定すると、新しいアプリ内アイテムの作成時にアイテム ID を入力するのと同じ働きになります。

すでにアイテムリストに存在するアプリ内アイテムに割り当てられている Product ID を指定した場合、該当する既存のアプリ内アイテムのデータが、CSV ファイルに指定した値で上書きされます。

Publish State この値には published または unpublished を設定する必要があります。これは、アプリ内アイテムを [有効] または [無効] に設定することと同じです。
Purchase Type

この値には managed_by_android を設定する必要があります。

Auto Translate

アプリ内アイテムの詳細の自動翻訳はサポートされていないため、この値は false に設定する必要があります。

アプリ内アイテムのタイトルや説明の翻訳を提供する場合は、該当する翻訳を Locale の値として明示します。

LocaleTitleDescription

アイテムの言語 / 地域を 1 つだけ含める場合は、以下のように、アプリのデフォルトの言語 / 地域と、アイテムのデフォルトのタイトルと説明を指定する必要があります。

app_default_locale; item_default_title; item_default_description;

Locale の値を設定する際は、ストアの掲載情報の翻訳を追加するときに表示される言語コードを使用できます。

: TitleDescription の値を指定する際、バックスラッシュを使用してセミコロン(\;)やバックスラッシュ(\\)をエスケープします。

アイテムのタイトルや説明の翻訳を含める場合は、デフォルトの言語 / 地域、タイトル、説明を指定した後で、翻訳ごとに言語 / 地域、タイトル、説明を指定する必要があります。次の例では、アプリ内アイテムのデフォルトの言語 / 地域として en_US(英語(米国))を使用し、翻訳として es_ES(スペイン語(スペイン))を使用します。

en_US; Invisibility Cloak; Makes you invisible.; es_ES; Capote Invisible; Se vuelven invisible.

: アプリごとにデフォルト言語は 1 つですが、アプリ内アイテムの翻訳はそれぞれ独立して管理されます。各アイテムの Locale の値で最初に指定する言語 / 地域は CSV ファイル全体で同じにする必要がありますが、それ以外の言語 / 地域はアイテムごとに違っていても問題ありません。

Auto Fill PricesCountryPrice

Auto Fill Prices には true または false を設定できます。価格設定テンプレートを使用するアプリ内アイテムについては、Auto Fill Pricesfalse を設定したうえで、Price には値を設定しないようにする必要があります。

: CSV ファイルで指定するアイテムの価格は、マイクロ単位で指定します。その場合、1,000,000 マイクロ単位が実際の通貨の 1 単位に相当します。

価格の自動換算を使用する

以下のセクションでは、Auto Fill Prices の値が CountryPrice の値の構文と意味にどう影響するかについて説明します。

Auto Fill Pricestrue を設定する場合は、アイテムのデフォルトの価格のみを指定し、Country の値は含めません。

たとえば、以下の条件があるとします。

  • アプリのデフォルトの言語 / 地域は en_US です。
  • アプリ内アイテムのデフォルト価格(税抜き)は $1.99 です。
  • 他の国での価格には自動換算を使用します。

この場合、CSV ファイルの行の最後で Auto Fill PricesPrice の値として、true,1990000, と指定します。

国ごとに独自の価格を設定する 

Auto Fill Pricesfalse を設定する場合は、アプリを配信するすべての国(アプリのデフォルトの言語 / 地域に対応する国を含む)について、それぞれ CountryPrice の値を指定できます。Country の値にはそれぞれ、アプリを配信する国を表す英大文字 2 文字の ISO 国コードを指定します。

: アプリを配信する国ごとに、国コードと価格を指定する必要があります。アプリを配信する国の一覧は、[製品版] ページの [国 / 地域] タブで確認、編集できます。

Price の値は、アイテムの価格を、その国で使用されている通貨のマイクロ単位で表すものです。

たとえば、他の国でアプリを以下の価格(すべて税込)で提供するとします。

  • ブラジル: R$6.99
  • ロシア: 129 ₽
  • インド: ₹130
  • インドネシア: Rp 27,000
  • メキシコ: $37

この場合、CSV ファイルの行の最後で Auto Fill PricesCountryPrice の値を以下のように設定できます。

false, BR; 6990000; RU; 129000000; IN; 130000000; ID; 27000000000; MX; 37000000;

Pricing Template ID

アイテムが価格設定テンプレートにリンクしている場合は、Auto Fill Pricesfalse を設定したうえで、Price 列には値を設定しないようにします。アイテムが価格設定テンプレートにリンクしていない場合は、Pricing Template ID に値を設定しないでください。代わりに、アプリ内アイテムの価格を設定する方法に応じて、Auto Fill PricesCountryPrice を設定する必要があります。

CSV ファイルをインポートする場合、アプリ内アイテムと価格設定テンプレートのリンクを更新できます。アイテムを特定の価格設定テンプレートにリンクするには、Pricing Template ID の値にその価格設定テンプレートの ID を設定します。アプリ内アイテムとすべての価格設定テンプレートのリンクを解除するには、Pricing Template ID に値を設定しないでください。

各価格設定テンプレートに、最大 1,000 件までアプリの価格またはアプリ内アイテムの価格を設定できます。したがって、CSV ファイルで 1,000 を超える行に同じ Pricing Template ID の値を指定することはできません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
92637
false
false