Google Play サービス手数料の変更(2021 年)

Google は 2021 年 3 月、Google Play でのデベロッパーの成功を後押しするため、サービス手数料の変更を発表しました。2021 年 7 月 1 日より、デベロッパーが販売するデジタル商品やデジタル サービスの年間収益が 100 万ドル(USD)までの場合、各デベロッパーのサービス手数料が 15% になります。

この記事では、15% のサービス手数料が適用される仕組みと登録方法について説明します。

登録

15% のサービス手数料に正式に登録するには、次の要件を満たす必要があります。

15% のサービス手数料に登録するには:

  1. Google Play Console を開き、[関連付けられたデベロッパー アカウント] ページに移動します。
  2. こちらの手順に沿ってアカウント グループを作成し、ADA の有無を Google に伝えます。
  3. アカウント グループの設定を完了すると、[関連付けられたデベロッパー アカウント] ページで 15% のサービス手数料に登録できます。ページのバナーに [アカウント グループの設定を完了すると、15% のサービス手数料に登録できます] という見出しが表示されます。その下にある [確認して登録する] をクリックします。
    • 重要: 登録する前に、アカウント グループにすべての ADA を組み込む必要があります。返答していないリクエストがある場合や、一部のデベロッパー アカウントがアカウント グループへの参加リクエストに返答していない場合は、登録できません。リクエストの管理方法については、こちらをご確認ください。
  4. 15% のサービス手数料の利用規約を読んで同意します。
  5. [同意して登録する] をクリックします。

登録後、登録の状況は [関連付けられたデベロッパー アカウント] ページの下部でいつでも確認できます。2021 年 7 月 1 日より前に登録された場合、15% のサービス手数料は 2021 年 7 月 1 日から適用されます。7 月 1 日以降に登録された場合、15% のサービス手数料は登録が完了した時点から適用されます。

収益が 100 万ドル(USD)までの場合はサービス手数料が 15% に

2021 年 7 月 1 日より、デベロッパーが販売するデジタル商品やデジタル サービスの年間収益の最初の 100 万ドル(USD)までは、サービス手数料が 15% になります。

アカウント グループに関連付けられているデベロッパー アカウント(ADA)が複数ある場合は、グループ内のすべての ADA の総収益が 100 万ドル(USD)に達するまでは、15% のサービス手数料ティアが適用され、すべての ADA が 15% のサービス手数料ティアの恩恵を受けます。総収益が 100 万ドル(USD)を超えると、その年の残りの期間は、すべての ADA でサービス手数料が 30% になります。

収益は暦年(1 月 1 日~12 月 31 日)に基づいて計算されます。本プログラムは 1 年の途中(2021 年 7 月 1 日)から開始されるため、2021 年の収益上限は比例配分されて 50 万ドル(USD)になります。

注: 15% のサービス手数料ティアは、2021 年 7 月 1 日より前に登録が完了しているすべてのデベロッパーに対して、2021 年 7 月 1 日から適用されます。2021 年 7 月 1 日以降に登録を完了したデベロッパーについては、登録完了日から 15% が適用されます。

関連付けられているデベロッパー アカウント(ADA)について

こちらの用語集を参照のうえ、「関連付けられているデベロッパー アカウント」や「メイン デベロッパー アカウント」などの用語を十分にご確認ください。

アカウント グループは Google Play Console の新機能であり、関連付けられているデベロッパー アカウントを Google が把握するのに役立ちます。この情報を提供していただくことにより、Google は、デベロッパーが 15% のサービス手数料ティア、また他の Google Play デベロッパー プログラムや Google Play Console の機能の対象であることを確認し、今後の特典を提供できるようになります。

すべての ADA はアカウント グループの一部であり、アカウント グループが 15% のサービス手数料ティアへの単一の登録を表します。グループのメイン デベロッパー アカウントが、グループ内のすべての ADA を代表して申し込みます。

グループを形成しても、グループ内の個々のデベロッパー アカウントへのアクセス権が作成または許可されることはありません。個々のデベロッパー アカウントの管理者がアカウントのユーザーや権限を明示的に追加、調整していない限り、メイン デベロッパー アカウントの所有者には、アカウント グループに追加された ADA のコンテンツ(アプリを含む)を表示、管理する権限はありません。

アカウント グループを作成する

アカウント グループについて詳しくは、アカウント グループを作成、管理するをご確認ください。

よくある質問

すべて折りたたむ すべて展開

アカウント グループとは何ですか?Google Play からアカウント グループの作成を求められるのはなぜですか?

15% のサービス手数料ティアはアカウントごとではなくデベロッパーごとに適用されるため、Google は、サービス手数料を正しく適用できるように、デベロッパーに関連付けられているアカウントを把握する必要があります。

アカウントが 1 つしかないデベロッパーの場合は、所有する単一のアカウントを使って、Google Play Console でアカウント グループを作成します。複数のアカウントを持つデベロッパーの場合は、関連付けられているデベロッパー アカウント(ADA)をすべて列挙したアカウント グループを作成するよう求められます。これには、デベロッパーが所有するアカウントと、そのデベロッパーのブランド表示を使用するアプリやゲームを公開している子会社が所有するアカウントが含まれます。15% のサービス手数料ティアは、すべての ADA の総収益に適用されます。

「ブランド表示」とは何ですか?

ブランド表示は、デベロッパー販売 / 配布契約(DDA)で定義されています。例としては、単一のデベロッパー、アプリやゲーム、またはシリーズとしてユーザーに識別され、それらに帰属する、以下のような知的財産が挙げられます。

  • デベロッパー名
  • アプリ名、ゲーム名
  • キャラクターの肖像、キャラクター名、レルム名、プロット設定
  • 一意の、あるいは一般に認められたアイテムの肖像と名前
  • 一意の識別可能なロゴ、フォント、フレーズ
Google Play がブランド表示を使用してアカウントの関連付けを判断するのはなぜですか?

デベロッパーのブランド表示を使用して Google Play にアプリやゲームを公開している他の会社を管理している場合は、それらの会社をアカウント グループに追加する必要があります。Google Play の目標は、各デベロッパーに 15% のサービス手数料ティアを適切に適用することです。ブランド表示は、ユーザーにとってはデベロッパーのアプリやゲームのポートフォリオを有意に関連付けるものであり、ユーザーが Google Play でそれらのアプリをインストールしてお金を払う理由の一因となるため、Google はブランド表示を、デベロッパーにどのアカウントが属しているかを明確に示すものとして見なしています。

アカウント グループは 15% のサービス手数料ティアにどのように登録されますか?

グループのメインのデベロッパー アカウントが、グループ内のすべてのデベロッパー アカウントを代表して、単一の登録として申し込みます。サービス手数料は、グループ内のすべてのアカウントの合計収益に適用されます。合計収益が 100 万ドル(USD)に達するまでは、グループ内のすべてのアカウントが 15% のサービス手数料の対象となります。合計収益が 100 万ドル(USD)を超えると、その年の残りの期間は、グループ内のすべてのアカウントでサービス手数料が 30% に変更されます。

Google Play の課金システムを使用していないデベロッパー アカウントを所有している場合はどうなりますか?

現在、アカウント グループは、Google Play Console でお支払いプロファイルを持つデベロッパー アカウントにのみご利用いただけます。お支払いプロファイルを持たないアカウントを所有している場合、現時点では、関連付けられているデベロッパー アカウントとしてそのアカウントを列挙する必要はありません。今後、そのようなアカウント向けのアカウント グループを Google Play Console で提供する予定です。

アプリの移行は可能ですか?

はい。なお、アプリを別々のアカウント グループに属するデベロッパー アカウント間で移行した場合、その暦年については、そのアプリのすべての収益が各アカウント グループの合計に含まれます。

たとえば、アカウント グループ A のデベロッパー アカウントに今年 10 万ドル(USD)の収益を上げたアプリがあり、そのアプリをアカウント グループ B の別のデベロッパー アカウントに移行した場合は、今年の 15% のサービス手数料ティアを計算する目的で、アカウント グループ A とアカウント グループ B の両方の総収益に 10 万ドル(USD)の収益が含まれることになります。

後でアカウント グループに変更を加えることはできますか?

はい。グループでデベロッパー アカウントを追加または削除して、アカウントの所有権の変更を反映させることができます。

なお、デベロッパー アカウントを別々のアカウント グループ間で移行した場合、その暦年については、そのアカウントの収益が両方のアカウント グループの合計に含まれます。

年間 100 万ドル(USD)のデベロッパー収益は、どのようなカレンダーに基づいて判断されますか?

収益は暦年(1 月 1 日~12 月 31 日)に基づいて計算されます。本プログラムは 1 年の途中(2021 年 7 月 1 日)から開始されるため、2021 年後半の上限額は比例配分されて 50 万ドル(USD)になります。

注: 15% のサービス手数料ティアは、2021 年 7 月 1 日より前に登録が完了しているすべてのデベロッパーに対して、2021 年 7 月 1 日から適用されます。デベロッパーが 7 月 1 日以降に登録を完了した場合は、登録完了日から 15% が適用されます。

米ドル以外の通貨はどのように考慮されますか?

100 万ドルのデベロッパーの収益は米ドル(USD)で定義されます。それ以外の通貨での取引は、一日を通して更新される適切な外国為替レートを使用して換算されます。

デベロッパーが 15% のサービス手数料の適用を受けるのはいつですか?

15% のサービス手数料ティアは、デベロッパーが Google Play Console で必要な登録手順を完了するとすぐに適用され、翌月のお支払い期間に反映されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
92637
false