通知

重要 - 心拍数や心臓の健康状態、運動、睡眠など、Google Pixel Watch の Fitbit の健康とフィットネス機能に関するサポートについては、help.fitbit.com にアクセスしてください。

Google Pixel Watch の安全機能を使用して緊急時に支援を求める

助けが必要な場合に、Google Pixel Watch から緊急サービスに発信できます。起動してから 1 回以上スマートウォッチのロックを解除したことがあれば、ロックを解除せずに緊急連絡先に発信できます1。Google Pixel Watch 2 では、スマートフォンが近くにあってもなくても、新しい安全確認7を含むすべての安全機能を利用できます。

緊急サービスに発信するには、Google Pixel Watch Wi-Fi がスマートフォンとの通信圏内にあり、Bluetooth でスマートフォンに接続されている必要があります。スマートウォッチが Bluetooth でスマートフォンに接続されていない場合は、スマートウォッチから緊急サービスに発信できません。

Google Pixel Watch LTE を使用して緊急サービスに発信するには、スマートウォッチの LTE 接続が有効になっている必要があります。セーフティ シグナルは、Fitbit Premium に登録している Google Pixel Watch 2 LTE でご利用いただけます。

スマートウォッチで LTE 携帯通信会社を利用していない場合は、セーフティ シグナル5により、スマートフォンが近くになくても安全機能を利用できます。Fitbit Premium の有効なサブスクリプションがあれば、セーフティ シグナルを通じてスマートフォンを使わずに安全機能を利用できます。詳しくは、Google Pixel Watch 2 でセーフティ シグナルを使用するをご覧ください。

一部の地域では、Google Pixel Watch から緊急通報を発信するには、LTE 携帯通信会社を利用しているか、セーフティ シグナルが必要です。

Google Pixel Watch の安全機能をオンにして使用する

さまざまな安全機能をオンにして使用する方法を以下の表にまとめています。

安全機能

Google Pixel Watch

Google Pixel Watch 2

緊急 SOS3

転倒検出4

緊急連絡先への発信

セーフティ シグナル5

緊急事態の共有6

(Wear OS 4 以降)

安全確認7

(Wear OS 4 以降)

医療情報

(Wear OS 4 以降)

緊急 SOS

緊急 SOS 信号は緊急時に役立ちます。緊急 SOS を起動するには、リューズを素早く 5 回連続して押します。この操作を行うと、緊急サービスまたは選択した緊急連絡先に発信されます。

: Google Pixel Watch Wi-Fi を使用している場合、国によっては一部の緊急通報番号に発信できないことがあります。Google Pixel Watch LTE を使用している場合、有効な LTE 接続またはセーフティ シグナルがないと、国によっては緊急通報番号に発信できないことがあります。

通常の通話と同じように緊急サービス対応者と話すことができます。スマートフォンで緊急位置情報サービスがオンになっていて、お住まいの地域の緊急サービスに ELS が設定済みの場合、位置情報も自動的に送信される可能性があります。Google Pixel Watch LTE の場合、緊急位置情報サービスはデフォルトでオンになっています。スマートウォッチで ELS がオンになっていることを確認するには、リューズを押し、[緊急情報サービス] 次に [緊急位置情報サービス] をタップ 次に [緊急位置情報サービスを使用] をオンにします。

注: Google Pixel の緊急 SOS は設定されません。

緊急 SOS を設定する

Google Pixel Watch の場合

  1. Google Pixel Watch で下にスワイプします。
  2. 設定アイコン 次に [緊急情報と緊急通報] 次に [緊急 SOS] をタップします。
  3. 緊急時の操作、アラーム、メインの連絡先の選択などの機能をオンにします。

Google Pixel Watch アプリの場合

  1. スマートフォンで Google Pixel Watch アプリ Google Pixel Watch を開きます。
  2. [スマートウォッチの設定] 次に [緊急情報と緊急通報] 次に [緊急 SOS] をタップします。
  3. [緊急時の操作] をオンにします。

緊急 SOS をオフにする

Google Pixel Watch の場合

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. 下にスクロールして [緊急情報サービス] 次に [緊急 SOS] をタップします。
  3. [緊急時の操作] をオフにします。

Google Pixel Watch アプリの場合

  1. スマートフォンで Google Pixel Watch アプリ Google Pixel Watch を開きます。
  2. [スマートウォッチの設定] 次に [緊急情報と緊急通報] 次に [緊急 SOS] をタップします。
  3. [緊急時の操作] をオフにします。

緊急連絡先の追加

複数の緊急連絡先を追加し、メインの緊急連絡先を 1 つ選択します。

  1. Google Pixel Watch で下にスワイプします。
  2. 設定アイコン 次に [緊急情報サービス] 次に [緊急 SOS] をタップします。
  3. [連絡先の追加] をタップします。スマートフォンに保存されている連絡先へのアクセスを許可するか拒否するかを選択します。
  4. 連絡先の名前、電話番号の順にタップします。
  5. メインの緊急連絡先を選択するには、[緊急サービス] または追加した緊急連絡先のリストから連絡先をタップします。名前カードがハイライト表示されます。

緊急連絡先は、Google Pixel の緊急情報サービスアプリに追加することもできます。

緊急連絡先を削除する

  1. Google Pixel Watch で下にスワイプします。
  2. 設定アイコン 次に [緊急情報サービス] 次に緊急 SOS] 次に [連絡先を編集] をタップします。
  3. 削除する連絡先の横にある [削除] をタップします。

誤って発信した場合

誤って緊急サービスに発信した場合は、電話を切らないでください。発信が間違っていたことと、救援は必要ないことを緊急サービスのオペレーターに伝えます。

転倒検出

Pixel のサポート対象国に限定されます。ドイツではご利用いただけません。

激しい転倒が検出されると、Google Pixel Watch は約 30 秒間待機してから振動して大きな音が鳴り、緊急サービスに発信して支援を求めるかどうかの確認を求めます2。あなたの動きや反応がない場合、またはアラートが解除されない場合は、再びスマートウォッチが振動してアラームが鳴ります。その後 60 秒待機してから緊急サービスに発信し、自動音声メッセージで Google Pixel Watch が転倒を検出したことを伝えます。位置情報の共有を許可している場合、Google Pixel Watch は緊急サービスと位置情報を共有します。

注: 転倒検出がオンでも、サポート対象外の地域に移動した場合は、転倒検出が一時的に利用できなくなります。

転倒検出の設定

Google Pixel Watch の場合

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. [緊急情報サービス] 次に [転倒検出] をタップします。
  3. [転倒検出] をオンにします。

Google Pixel Watch アプリの場合

  1. スマートフォンで Google Pixel Watch アプリ Google Pixel Watch を開きます。
  2. [スマートウォッチの設定] 次に [緊急情報と緊急通報] 次に [転倒検出] をタップします。
  3. [転倒検出] をオンにします。

転倒検出が緊急サービスに通報する仕組み

激しい転倒が検出され、60 秒経過してもユーザーがアラートに応答しないと、Google Pixel Watch は緊急サービスへの通話中に自動音声メッセージで位置情報を共有します。

注: 転倒検出を有効にしていても、緊急サービスに位置情報の利用許可として「アプリの使用時のみ」を付与していない場合は、転倒検出を更新して、自動音声メッセージで緊急サービスと現在地を共有できるようにする必要があります。

転倒検出を更新するには:

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. [緊急情報サービス] 次に [転倒検出] 次に [今すぐ更新] をタップします。

自動音声メッセージの例

Google Pixel Watch アプリを使用して、デバイスの位置情報を共有する自動音声メッセージの例を確認できます。

  1. スマートフォンで Google Pixel Watch アプリ Google Pixel Watch を開きます。
  2. [緊急情報と緊急通報] 次に [転倒検出] 次に [緊急サービスのオペレーターが音声で確認できる内容] をタップします。

注: インシデントの発生中に自動音声メッセージを中断して通話することも可能です。

転倒検出機能の改善にご協力ください

モーション センサーのデータを Google と共有して、転倒検出機能の改善にご協力ください。このデータの用途は、転倒検出機能を改善してユーザーの利便性を向上させることであり、それ以外の目的で使用されることはありません。こうしたデータは Google アカウントに関連付けられることはなく、個人を特定できるものではありません。転倒検出は、Google の転倒検出機能の改善に協力するかどうかに関係なく、オンにできます。

Google Pixel Watch の場合

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. [緊急情報サービス] 次に [転倒検出] をタップします。
  3. [転倒検出機能の改善にご協力ください] をオンにします。

Google Pixel Watch アプリの場合

  1. スマートフォンで Google Pixel Watch アプリ Google Pixel Watch を開きます。
  2. [スマートウォッチの設定] 次に [緊急情報と緊急通報] 次に [緊急情報サービス] をタップします。
[転倒検出機能の改善にご協力ください] をオンにします。

緊急事態の共有

リアルタイムの位置情報と最新の状況を緊急連絡先に送信します。

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. [緊急情報サービス] 次に [緊急事態の共有] をタップします。
  3. 現在地を共有する連絡先を選択し、[リアルタイムの位置情報を共有] をタップします。
  4. 緊急事態の共有を停止するには、緊急事態の共有を停止アイコン 次に [緊急事態の共有を停止] をタップします。

緊急事態の共有の設定

緊急連絡先と共有する情報を設定します。

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. [緊急情報サービス] 次に [あなたの情報] 次に [緊急時情報へのアクセス設定] をタップします。
  3. 画面の一番下までスクロールし、[設定] をタップします。
  4. 緊急事態の共有中に緊急連絡先と共有する情報を選択します。
  5. [複数のデバイスの現在地の共有] をオンまたはオフにします8

安全確認

安全確認用のチェックイン タイマーをスマートウォッチが開始できるようにします。設定した時間内に大丈夫であることの確認を行わないと、安全確認機能が現在地を緊急連絡先と自動的に共有します。

  1. Google Pixel Watch でリューズを押します。
  2. [緊急情報サービス] 次に [安全確認] をタップします。
  3. アクティビティを選択します。
  4. タイマーの長さを設定します。
  5. 現在地を共有する連絡先を選択し、[タイマーを開始] をタップします。
    : 安全確認を開始またはキャンセルしたときに連絡先に知らせるか、またはタイマーの終了時までに応答がない場合のみ連絡先に通知するかを設定できます。これにより、緊急事態の共有に自動的にエスカレーションされます。
  6. 安全確認を停止するには、[安全確認を終了] または安全確認を停止アイコン 次に [安全確認を停止] をタップします。

医療に関する情報

  1. スマートフォンで緊急情報サービスアプリを開きます。
  2. [あなたの情報] 次に [医療に関する情報] をタップします。
  3. 医療に関する情報を入力します。緊急時に役立つよう、この情報はスマートウォッチがロック状態であっても誰でも確認できます。

: Samsung ユーザーには緊急情報サービスアプリが別途用意されているため、この機能はご利用いただけません。

緊急サービスとの緊急時情報の共有

緊急サービスに情報を送信するには、緊急情報サービス アプリを使用します。

スマートフォンの場合:

  1. 緊急情報サービス アプリを開きます。
  2. [あなたの情報] 次に [緊急時情報へのアクセス設定] 次に [緊急通報中に共有する] をタップします。

スマートウォッチの場合:

  1. 緊急情報サービス アプリを開きます。
  2. [緊急時情報] までスクロールします。
  3. [緊急情報へのアクセス設定] 次に [緊急通報中に共有する] をタップします。

1 Google Pixel Watch は無線通信を使用して動作するため、条件によっては接続できない場合があります。緊急時の通信では、ワイヤレス デバイスのみに頼らないでください。

2 転倒検出は、Google Pixel Watch に搭載されたモーション センサーを利用して機能します。衝撃の強い運動によって転倒検出が作動することがあります。転倒検出ですべての転倒が検出されるわけではありません。

3 緊急 SOS: 緊急 SOS を使用するには、位置情報の有効化と、4G LTE 接続またはインターネット接続が必要です。緊急 SOS の機能は、ネットワーク接続やその他の要因によっては緊急時の通信手段として利用できないことがあります。また、一部の国や言語ではご利用いただけません。詳しくは、g.co/pixelwatch/personalsafety をご覧ください。

4 転倒検出: 転倒検出は一部の国ではご利用になれません。また、ネットワーク接続やその他の要因によって利用できない場合があります。スマートウォッチは、緊急時の通信手段として利用できないことがあります。転倒検出ですべての転倒が検出されるわけではありません。4G LTE 接続がない状況で Google Pixel Watch から緊急サービスに発信するには、ペア設定したスマートフォンが近くにある必要があります。他のユーザーに現在地を共有するには、転倒検出機能に位置情報の利用を許可する必要があります。データ通信料が発生する場合があります。詳しくは、g.co/pixelwatch/personalsafety をご覧ください。

5 セーフティ シグナル: Google Pixel Watch 2(Wi-Fi)ではご利用いただけません。また、一部の国ではご利用いただけません。セーフティ シグナルを利用するには、位置情報の有効化が必要です。スマートウォッチ用の 4G LTE 回線契約がない Fitbit Premium 登録者については、緊急時の安全機能の使用にのみ 4G LTE ネットワーク アクセスが提供されます。スマートウォッチがスマートフォンと接続されていない場合、セーフティ シグナルは Wi-Fi 通話非対応となります。

6 緊急事態の共有: データ通信料が発生する場合があります。緊急事態の共有を使用するには、位置情報の有効化と、4G LTE 接続またはインターネット接続が必要です。緊急事態の共有の機能は、ネットワーク接続やその他の要因によっては緊急時の通信手段として利用できないことがあります。また、一部の国や言語ではご利用いただけません。詳しくは、g.co/pixelwatch/personalsafety をご覧ください。

7 安全確認: データ通信料が発生する場合があります。安全確認を使用するには、位置情報の有効化と、4G LTE 接続またはインターネット接続が必要です。安全確認の機能は、ネットワーク接続やその他の要因によっては緊急時の通信手段として利用できないことがあります。また、一部の国や言語ではご利用いただけません。詳しくは、g.co/pixelwatch/personalsafety をご覧ください。

8 デバイスでマルチデバイスの現在地の共有がオンになっていると、別のデバイスで緊急事態の共有を開始したものの位置情報の共有ができなくなっている場合に、元のデバイスの位置情報がバックアップとして使用されます。

緊急 SOS を使用するには、位置情報の有効化と、4G LTE 接続またはインターネット接続が必要です。転倒検出と緊急 SOS の機能はネットワーク接続やその他の要因によって、緊急時の通信手段として利用できないことがあります。また、一部の地域や言語ではご利用いただけません。転倒検出ですべての転倒が検出されるわけではありません。緊急サービスへの自動発信は一部の国ではご利用になれません。詳しくは、g.co/pixelwatch/personalsafety をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー