通知

To get the most out of Google Home, choose your Help Center: U.S. Help Center, U.K. Help Center, Canada Help Center, Australia Help Center.

Google Nest 製品が連携する仕組み

Google Nest は Google Nest Secure のサポートを終了しました。Nest アプリでアクセスできず、インターネットに接続できなくなります。また、Google Nest Secure のステータスの確認、Google Nest Secure デバイスの操作、警報システムからの通知の受信が Nest アプリで行えなくなります。

詳しくは、こちらのコミュニティ フォーラムの投稿をご覧ください。

Google Nest 製品は、互いに組み合わせるとさらに便利になるように設計されています。製品間でやり取りし、家の中や周りで起こったことに対応します。Google Nest 製品のいずれかが重要な事態に気付くと、他の製品が連携して正しく対処できるようにします。たとえば、Google Nest Protect が煙を検知すると、Google Nest サーモスタットに適切な設定を示すアラートが表示されます。

アラートの受信や製品の管理を行うほか、特定の機能でスマートフォンの現在地を利用するには、Nest アプリをインストールするGoogle Home アプリをインストールする必要があります。

下記の機能を使用するには、アクティビティの発生時(煙の濃度の上昇時など)に Wi-Fi インターネット接続が有効であることが必要です。また、Nest 製品を Nest アプリ内で同じアカウントの同じ家に含めるか、Google Home アプリ内で同じ家に含める必要があります。アカウントに別の家がある場合や、複数のアカウントを使用している場合、その片方にある Nest 製品がもう一方にある製品と連携することはありません。

Google Nest Protect が煙や一酸化炭素(CO)を検知した場合

無線相互接続を使用している場合、煙や一酸化炭素の濃度が緊急レベルにあることを Google Nest Protect のいずれかが検出すると、家にある他のすべての Protect で同じ警報を鳴らすことができます。

さらに、Google Nest Protect が家にある他の製品にも緊急アラートを知らせると、それらの製品が適切な手段で対応します。

免責条項: オーストラリアでは、煙や一酸化炭素を検知した Protect でリングライトが点灯するだけの場合がありますが、その場合でも、相互接続された Protect の警報が鳴ります。

Google Nest Protect が煙や一酸化炭素を検知したときに他の Google Nest 製品ができること

 

煙による緊急事態

一酸化炭素による緊急事態

Google Nest サーモスタット

  • アラートを表示します。

  •  

Nest アプリでセットアップした Google Nest カメラ

  • 自動的にオンになり、Protect アラート内での動画のストリーミングがスマートフォンまたはタブレットで開始されます。動画をタップすると、カメラのライブフィードに切り替わります。

  • Google Nest Aware を定期購入していなくても、緊急クリップが録画されます。
    : 緊急クリップの録画はデフォルトではオフになっています。オンにするには、Nest アプリのホーム画面から [Protect] 次に [Settings] 次に [Works with Protect] を選択します。

他の Google Nest Protect

  • 同じ緊急警報を鳴らし、煙が検知された場所を知らせます。

  • 同じ緊急警報を鳴らし、一酸化炭素が検知された場所を知らせます。

Google Nest Doorbell が鳴った場合

  • Google Nest と Google Home のスピーカーやディスプレイでも、Google Nest Doorbell のチャイムを自動的に鳴らして訪問者を通知できます。

  • Google Nest ディスプレイを使用すると、Google Nest Doorbell のライブ動画ストリームをディスプレイの画面で見たり、訪問者と会話したりできます。

  • Google Nest Aware を定期購入している場合、認識済みの人物ライブラリに登録されている訪問者については、Google Nest Doorbell から名前が通知されます。

古い製品と新しい製品を連携させる

新しい製品とシームレスに連携させるために古い製品をアップグレードする必要はありません。たとえば、第 1 世代の Protect 煙警報には、第 2 世代の Protect の機能の一部がありませんが、どちらも、煙や一酸化炭素が検知されたことを通知して、必要に応じて警報を鳴らします。Google Nest サーモスタットとカメラについても同様です。第 1 世代、第 2 世代、第 3 世代の Google Nest Learning Thermostat を同じ家で一緒に使用して、複数エリア対応システムを管理できます。

Nest アプリでセットアップした古い製品も、Google Home アプリでセットアップした新しい製品とシームレスに連携します。Google は古い製品のサポートも Google Home アプリで引き続き提供する予定です。

在宅確認を設定して製品を連携させる

Google Home アプリで在宅確認(または Nest アプリで在宅 / 外出アシスト)を有効にすると、外出または帰宅したことを検知するのに Google Nest 製品のセンサーとスマートフォンが使用されます。これにより、各製品が適切なタイミングで適切に対応できるようになります。

たとえば、サーモスタットをお使いの場合は、搭載された在室確認センサーを通じて人がいるかどうかを判断できます。それにより、他のすべての Google Nest 製品は自動的に、人がいる場所に応じて適切に対応できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー