YouTube での第三者測定に関する重要な変更

2019 年 10 月にお知らせしましたとおり、Google は、Nielsen、Comscore、Oracle Moat、DoubleVerify、Dynata、Kantar、Integral Ad Science などの主要な測定会社と協力し、各企業のサービスを Ads Data Hub に移行しております。

移行完了後は、YouTube キャンペーンのレポート作成にすべての測定ベンダーが Ads Data Hub を使用することになり、YouTube プラットフォームではピクセルが配信されなくなります。

測定パートナーと慎重に調整と話し合いを進めた結果、YouTube での Ads Data Hub への移行とピクセル配信終了のスケジュールが、次のとおり決まりましたのでお知らせいたします。

  • 2020 年 3 月 15 日: 広告主様は、第三者測定を使用するすべての新しいキャンペーンにピクセルを配信し、Ads Data Hub リンクを有効にしていただく必要があります。Ads Data Hub レポートを有効にしていないキャンペーンは不承認となります。キャンペーンで Ads Data Hub を有効にするために必要な情報は、第三者測定ベンダーから提供されます。
  • 2020 年 6 月 15 日: 第三者ピクセルとサーバー間の統合が米国カリフォルニア州で無効になりました。カリフォルニア州で実施されている YouTube キャンペーンでは、この日以降、ピクセルベースの第三者測定が中断される可能性があります。詳しくは、第三者測定パートナーにお問い合わせください。
  • 2020 年 9 月 30 日:
    • Comscore での第三者による視認性の測定、第三者によるブランド保護の測定第三者によるリーチの測定のための第三者ピクセルとサーバー間統合が YouTube で無効になりました。このような第三者による測定を使用するすべてのキャンペーンで、Ads Data Hub リンクを有効にする必要があります。
    • 測定の継続性を確保するため、Kantar あるいは Dynata での第三者によるブランド効果の測定、または Nielsen での第三者によるリーチの測定を使用しているすべてのキャンペーンでは、YouTube と Google 動画パートナーの両方で、Ads Data Hub を通じてピクセルを使用した測定を引き続き有効にする必要があります(2021 年 1 月 13 日より前に開始予定の新しいプレースメントやキャンペーンを含む)。
  • 2021 年 1 月 5 日:
    • 第三者によるブランド効果測定の第三者ピクセルが YouTube で無効になります。この第三者による測定を使用しているすべてのキャンペーンで、Ads Data Hub リンクを有効にする必要があります。
    • 測定の継続性を確保するため、Nielsen での第三者によるリーチの測定を使用しているすべてのキャンペーンでは、YouTube と Google 動画パートナーの両方で、Ads Data Hub を通じてピクセルを使用した測定を引き続き有効にする必要があります(2021 年 1 月 13 日より前に開始予定の新しいプレースメントやキャンペーンを含む)。
  • 2021 年 1 月 14 日: 第三者による測定の対象となるすべてのキャンペーンで、Ads Data Hub のリンクを有効にする必要があります。Ads Data Hub のリンクを有効にしていないキャンペーンでは、この日を過ぎると、第三者による測定が中断される可能性があります。YouTube では第三者ピクセルを使用できなくなります

手順

YouTube で購入する広告枠の Ads Data Hub 測定を Google 広告で有効にする

  1. Google 広告の第三者による測定の実装リクエスト フォームにアクセスします。
    事前購入を使用している場合は、Google のアカウント担当者にご連絡のうえ、Ads Data Hub のリンクを有効にしてください。
  2. ページ上部の上から 2 つ目の黄色い警告ボックスにある 動画キャンペーンの第三者測定 テンプレートをダウンロードします。
  3. フォームの [連絡先名]、[連絡先メールアドレス]、[メールの CC 宛先]、[Google 広告のお客様 ID] の各フィールドに連絡先情報を入力します。すでに Google アカウントにログインしている場合、この情報が自動的にフォームに追加されます。
  4. [キャンペーン タイプ] で [動画キャンペーン] を選択します。
  5. [第三者による測定] の横にあるボックスをクリックします。
    • Google に動画キャンペーンへのピクセル配信をリクエストする場合は、[動画キャンペーン 1x1 ピクセル] の横にあるボックスもクリックします。
  6. ステップ 2 でダウンロードした 動画キャンペーンの第三者測定 テンプレートの該当するタブに、お客様 ID、キャンペーン ID、ベンダーのクライアント ID、レポート ID(省略可)を入力します。ベンダーのクライアント ID とレポート ID は、パートナー事業者から提供されます。
  7. フォームにテンプレートをアップロードし、[送信] をクリックします。

YouTube で購入する広告枠の Ads Data Hub 測定をディスプレイ&ビデオ 360 で有効にする

  1. 広告主で測定を有効にしてベンダーのクライアント ID を提示する: 広告主に対して第三者の測定を有効にするには、サポートまでご連絡ください。有効にする各ベンダーの測定タイプごとに、ベンダーのクライアント ID をお知らせいただく必要があります。ベンダーのクライアント ID は、パートナー事業者から提供されます。

    ベンダーのクライアント ID は、広告主の設定の [その他の設定] > [第三者ベンダー] で確認できます。

  2. 広告申込情報で測定を有効にする: 広告主に対して第三者の測定を有効にすると、[その他の設定] > [第三者ベンダー] で、YouTube とパートナーの広告申込情報ごとに測定できるようになります。また、パートナー事業者から提供されるレポート ID を追加することも可能です。

YouTube Reserve キャンペーン(Google Preferred など)の Ads Data Hub リンクを有効にする

Google の担当者までお問い合わせください。第三者測定の測定ベンダーからベンダーのクライアント ID(および任意のレポート ID)が提供されている場合は、その情報もお知らせください。

パートナー販売プログラムの Ads Data Hub リンクを有効にする

パブリッシャー様までお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。