地域グループについて

地域グループを使用すると、キャンペーンで使用する拠点(店舗等)の情報を Google 広告内で手軽に管理できます。この記事では、地域グループの主な役割と、使用するメリット(地域ターゲティングでの活用、広告内での拠点の宣伝)について解説します。

About location groups UI screen

地域グループを作成する

地域グループとは

地域グループとは、実店舗などのビジネス拠点をグループとしてまとめたもので、各キャンペーンから繰り返し使用できます。キャンペーンのターゲティングの際も、個々の拠点を個別に指定する代わりにグループとしてまとめて適用できるため、手軽で効率的です。地域グループは、ローカル キャンペーン、住所表示オプション、アフィリエイト住所表示オプションを作成する際にも使用できます。

地域グループを使用するには、あらかじめ Google 広告アカウントで住所表示オプションを有効化するアフィリエイト住所表示オプションを有効化する必要があります。地域グループは次の機能で使用できます。

地域グループを使用するメリット

便利である

地域グループは簡単に設定できます。確認や編集もスムーズに行うことができます。地域グループの管理画面では、検索機能やフィルタ機能を使用して目的の地域を見つけることができます。

再利用できる

作成した地域グループは、複数のキャンペーンで使用できます(キャンペーンの数に制限はありません)。地域グループに変更を加えると、そのグループのすべての適用先に変更が反映されます。

たとえば、東京にある全店舗を対象とするローカル キャンペーンを展開するとします。まずは、東京のすべての店舗を含む新しい地域グループを作成します。東京都全体を対象とするキャンペーンを設定したら、作成した地域グループをキャンペーンのターゲティング設定に適用します。この地域グループは、他のローカル キャンペーン、住所表示オプション、アフィリエイト住所表示オプション、半径を指定したターゲット設定でも使用できます。

地域グループを作成する

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。