キャンペーン単位のコンバージョン設定を有効にする

この記事では、Google 広告キャンペーンでキャンペーン単位のコンバージョン設定を有効にする方法について説明します。

検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーンおよび動画キャンペーンの場合、キャンペーンのコンバージョン設定は、アカウント単位の [コンバージョン列に含める] 設定よりも優先され、キャンペーン(またはキャンペーンのグループ)固有のコンバージョン アクションを指定することができます。[コンバージョン] 列には、最適化の際に目標とするアクションが表示され、これはスマート自動入札でも使用されます。列に含まれていないその他のコンバージョンは [すべてのコンバージョン] 列に表示されますが、入札モデルには組み込まれません。

: 新しく作成するキャンペーンにはデフォルトでアカウント単位の設定が適用されるため、通常使用する目標をアカウント単位の [コンバージョン列に含める] 設定で選択しておくと効率的です。

メリット

キャンペーンに対してコンバージョン アクションを選択すると、各キャンペーンの [コンバージョン] 列に表示されるコンバージョンをより細かく制御できます。

: ウェブサイトで靴と衣料品を販売していて、靴の販売をトラッキングしているコンバージョン アクションと、衣料品の販売をトラッキングしているコンバージョン アクションを設定しているとします。靴を購入するユーザーをターゲットとしているキャンペーンと、衣料品を購入するユーザーをターゲットとしているキャンペーンがそれぞれ複数あります。キャンペーン単位のコンバージョン設定を使用して、靴のキャンペーンには靴の購入のみを含めることもできますが、これは推奨されません。元々靴を探していた顧客が広告をクリックしてウェブサイトにアクセスし、そこで気に入った衣料品を見つけて、靴の代わりに購入したり、靴とともに購入することになる可能性もあるからです。

このユースケースでキャンペーン単位のコンバージョン設定を使用した場合、自動入札機能では、こうした価値の高いユーザーによる衣料品のコンバージョンがモニタリングされず、最適化も行われないため、ビジネス全体の売上の減少につながります。代わりに、「目標広告費用対効果」の入札戦略を使用して、ビジネスにもたらす価値に応じて、靴の購入と衣料品の購入にそれぞれ適切なコンバージョン値を割り当てる方が効果的です。

: ビジネスに異なる価値をもたらすコンバージョン アクションが複数ある場合は、キャンペーン単位のコンバージョン設定を使用するのではなく、すべてのアクションをアカウント単位で [コンバージョン] 列に表示することをおすすめします。また、データを損失することなく効果的に最適化できるように、「目標広告費用対効果」または「コンバージョン値の最大化」の入札戦略を使用して各アクションに異なる値を割り当てることをおすすめします。

スマート自動入札でコンバージョン設定を使用する

スマート自動入札(「目標コンバージョン単価」や「目標広告費用対効果」の入札戦略を含む)で目標に向けて最適化が行われる際には、[コンバージョン] 列でレポートされるコンバージョンのみが考慮されます。機械学習ベースの入札モデルでは、コンバージョン設定に変更が加えられた場合の対応に時間がかかり、これはアカウント単位でもキャンペーン単位でも同様です。このため、コンバージョン設定(検索)を使ってキャンペーン単位でコンバージョン アクションを変更する場合は、新しくレポートされたコンバージョン データに対して入札モデルが調整されるのに従って、徐々に目標を更新する必要があります。こうすることで、意図しない形で費用に変動が生じるのを防ぎます。

: 来店コンバージョンをコンバージョン アクションとして追加または削除すると、他のコンバージョンの場合と異なり、即座にスマート自動入札に反映されます。来店データを [コンバージョン] 列の集計対象に追加または削除したら、すぐに目標を更新しましょう。

: アカウント単位で [コンバージョン] 列に「購入」を含めていて、その中に 10,000 円という過去のアクション単価(CPA)が含まれているとします。そして、特定のキャンペーンで、「購入」の代わりに「登録」(より頻度が高いユーザー行動であると同時に、CPA が抑えられる)を [コンバージョン] 列に含めるテストを行うことにしました。キャンペーン単位でコンバージョン設定を変更して「登録」のみを [コンバージョン] 列に含める際には、キャンペーンの費用をおおむね安定した状態に維持するため、すぐに目標コンバージョン単価を大幅に引き下げるのではなく、徐々に引き下げる必要があります。

コンバージョン アクション グループ

キャンペーン単位でアクションを選択し、かつ複数のアクションを最適化する場合は、コンバージョン アクション グループを選択または作成するよう求められます。コンバージョン アクション グループを使用すれば、複数のキャンペーンを入札モデルの学習対象にすることができます。学習効率を高めるため、なるべく同じコンバージョン アクション グループを各キャンペーンで使用するか、可能な場合はアカウント単位の [コンバージョン列に含める] 設定を活用することをおすすめします。

コンバージョン アクション グループを作成する手順は次のとおりです。

  1. Google 広告にログインします。
  2. 目的のキャンペーンで、[設定] をクリックします。
  3. 詳細設定で [コンバージョン] 設定をクリックします。
  4. [このキャンペーンのコンバージョン アクションを選択する] をクリックします。
  5. [コンバージョン アクションを選択] をクリックします。
  6. 左側のリストで、設定するコンバージョン アクションを選択します。
  7. 複数のコンバージョン アクションを選択する場合は、新しいコンバージョン アクション グループにわかりやすい名前を指定し、他のキャンペーンを設定する際に区別できるようにしてください。
  8. [コンバージョン アクション グループを作成] をクリックします。
  9. [保存] をクリックします。

キャンペーン単位のコンバージョン設定を [キャンペーン] 表から一括編集することも可能です。その場合の手順は次のとおりです。

  1. Google 広告にログインします。
  2. [キャンペーン] の表に移動します。
  3. キャンペーン単位のコンバージョン設定を編集するキャンペーンを選択します。
  4. [編集] をクリックします。
  5. プルダウン メニューから [コンバージョン設定を変更] を選択します。

[キャンペーン] 表に [コンバージョン設定] 列を追加しておけば、各キャンペーンのコンバージョン設定をすばやく確認することができます。

  1. Google 広告にログインします。
  2. [キャンペーン] をクリックします。
  3. 列表示項目アイコンをクリックします。
  4. [表示項目を変更] をクリックします。
  5. [属性] をクリックします。
  6. [コンバージョン設定] を選択します。
  7. [適用] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。