独自のディスプレイ広告のアップロードについて

Google ディスプレイ ネットワークは、200 万を超えるウェブサイト、動画、アプリで構成され、適切なユーザーにアプローチすることが可能です。この記事は、独自のイメージ広告をアップロードすることが、ディスプレイネットワークに広告を表示する最適な手段であるかどうかを判断する方法を説明します。

メリット

アップロード広告は Google Web Designer などのツールを使用して Google 広告以外の場所で作成し、.ZIP ファイル、GIF、JPG、または PNG の形式で Google 広告にアップロードできます。

独自のイメージ広告を作成してアップロードすることで、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのクリエイティブを完全に管理することができます。

Google 広告では、アップロード広告の種類として、画像(GIF、JPG、PNG など)、AMPHTML、HTML 5 に対応しています。

: 既存のアップロードされた HTML5 広告を編集する場合は、独自のレポートを含む新しい広告として再アップロードする必要があります。

アップロード広告の利点

Google Web Designer で独自の広告を作成すると、広告の表示方法を完全に管理できます。テンプレートを使用して広告を自分で作成し、さまざまな画像、テキスト、およびロゴの中から最適な組み合わせを選択することができます。そして、これらの広告を動的リマーケティング用のフィードにリンクさせることができます。

アップロードした HTML5 広告は、Google ディスプレイ ネットワークでの広告のサイズ変更の方法を指定することで、レスポンシブにすることもできます。レスポンシブなアップロード広告の仕様の詳細

注: アップロード広告は Google 広告の外部で作成されるため、レスポンシブ ディスプレイ広告とは異なりすべてのディスプレイ広告枠に掲載できるわけではありません。

Google Web Designer を使用する

Google Web Designer を使用して、アップロードされた HTML5 広告をレスポンシブにするためのルールを設定できます。そうすることで、広告がさまざまなサイズや縦横比で適切に表示されます(広告を横向きや縦向きで表示するなど)。Google Web Designer の使用方法の詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。