Google 広告リマーケティング タグへの変更

さまざまな Google サービスでウェブサイト コードをより効率的にお使いいただけるよう、Google 広告タグを一部変更いたしました。Google 広告のリニューアル版で標準のリマーケティングや動的リマーケティング用の Google 広告タグを設定した場合、サイト全体に導入されるグローバル サイトタグと省略可能なイベント スニペットが表示されるようになります。イベント スニペットはグローバル サイトタグと連携して、製品やサービスの表示、購入手続きの開始、オンライン購入の完了など、ユーザーによるウェブサイト上での価値のある行動を測定します。これらのスニペットは以前のリマーケティング タグに代わるもので、今後も引き続き機能します。

この記事では、グローバル サイトタグとイベント スニペットを使用するメリットと、これらのコードを実装する方法について説明します。

注: Google タグ マネージャーを使用してグローバル サイトタグを管理している場合は、Google タグ マネージャーで利用可能な Google 広告リマーケティング タグ テンプレートを使用してリマーケティングを実装することもできます。すでにウェブサイトに Google タグ マネージャーのコンテナコードがある場合は、グローバル サイトタグを実装することは推奨されません。

はじめに

次の点にご注意ください。

  • 現在、グローバル サイトタグは、Google 広告リニューアル版のウェブサイトのコンバージョンとリマーケティングにのみ使用できます。
  • 通常のリマーケティングを実施する場合は(Google 広告タグを [このデータソースから入手できる標準のデータを収集] に設定)、ウェブサイトの各ページにグローバル サイトタグを挿入する必要があります。
  • 動的リマーケティングを実施する場合は(Google 広告タグを [広告のパーソナライズに使用する特定の属性やパラメータを収集] に設定)、ウェブサイトの各ページにグローバル サイトタグを挿入し、業種に関連性のあるリマーケティング イベントごとにイベント スニペットも設定する必要があります(サイトの非営利のページにタグを設定する必要はありません)。また、イベント スニペットをウェブサイトのソースコードと統合して、商品の表示や購入など、ユーザーの特定の行動に応じて呼び出されるようにする必要があります。業種に応じたリマーケティング イベントのトラッキングに関する詳細
  • データ収集に関する明確で包括的な情報をユーザーに開示し、法律的に必要な場合はデータ収集への同意を得る必要があります。パーソナライズド広告を表示したくないユーザーについては、リマーケティング データの収集を無効にすることができます。詳しくは、グローバル サイトタグを変更して特定のユーザーのリマーケティング データの収集を無効にするための手順をご確認ください。
以前のバージョンの Google 広告タグで使用していた JavaScript を継続して使用することも可能です。JavaScript 以外の画像タグを使用する場合は、機能をフル活用するためにも、新しいタグを代わりに使用することをおすすめします。

新しい Google 広告タグの仕組み

新しい Google 広告タグは、グローバル サイトタグと省略可能なイベント スニペットで構成されています。これらが連携して、リマーケティング イベントを測定します。イベント スニペットは、リマーケティング イベントの詳しいデータを送信するタイミングをグローバル サイトタグに知らせます。Google 広告タグのデータソースを設定すると、グローバル サイトタグと省略可能なイベント スニペットのコード スニペットが表示されます。

グローバル サイトタグ

グローバル サイトタグのスニペットは、ウェブサイトのすべてのページ(HTML ページの <head> セクション)に配置します。ウェブサイト全体で同じ 1 つのスニペットを使用してください。同じ Google 広告アカウントで、以前に作成されたコンバージョン アクションやリマーケティング イベントのグローバル サイトタグをすでに配置している場合は、グローバル スニペットを再度追加しないでください。Google アナリティクスのアカウントまたは別の Google 広告アカウントでグローバル サイトタグのスニペットを取得している場合は、Google 広告アカウントに既存のグローバル サイトタグを適用する方法の手順に沿って修正してください。

以下は、グローバル サイトタグのサンプルです。

<!-- グローバル サイトタグ (gtag.js) - Google Ads: 123456789 -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-123456789"></script>
  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'AW-123456789');
  </script>

このコード スニペットはサンプルなので、お客様のウェブサイトでは使用できません。リマーケティング用にサイトにタグを設定すると、アカウントのグローバル サイトタグが表示されるため、それをコピーします。

グローバル サイトタグは Google 広告だけでなく、Google アナリティクスなど他の Google サービスでも使用します。これらのサービスを使用する場合、いずれも 1 つのタグでトラッキングできるため、ウェブサイトへの実装が容易になります。

リマーケティング データの収集を無効にする

新しいパラメータの allow_ad_personalization_signals パラメータを使うと、パーソナライズド広告を表示したくないユーザーのリマーケティング データの収集を無効にできます。このパラメータでは、コンバージョン トラッキングは無効になりません。
allow_ad_personalization_signals パラメータを 1 回設定すれば、グローバル サイトタグで設定されたすべてのサービスに適用することができます。パラメータのデフォルト値は true に設定されます。パラメータの値を false に設定すると、パーソナライズド広告のデータの使用が無効になります。特定の Google 広告アカウントでパラメータの値を使用できるようにするには、gtag('set')コマンドを使ってパラメータの値を追加する必要があります。
以下は、グローバル サイトタグを変更して広告のパーソナライズ信号を無効にする方法の例です。

<!-- グローバル サイトタグ(gtag.js) - Google Ads -->
<!-- コンテナ リクエスト -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-999999"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments)};
  gtag('set', 'allow_ad_personalization_signals', false);
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'AW-999999');
</script>

古い AdWords タグを使っている場合は、var google_allow_ad_personalization_signals = "false" を設定することで、他の Google 広告タグのパラメータを設定できます。詳しくは以下の例をご確認ください。
<!-- 購入コンバージョン ページ向けの Google コード -->
<script type="text/javascript"> 
/* <![CDATA[ */
    var google_conversion_id = 1234567890;
    var google_conversion_label = "xxx-XXx1xXXX123X1xX";
    var google_remarketing_only = "false"
    var google_conversion_value = 10.0;
    var google_conversion_currency = "USD";
    var google_allow_ad_personalization_signals = "false"; 
    /* ]]> */ 
</script>
<script type="text/javascript" src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion.js">
</script>

イベント スニペット

イベント スニペットは、アカウントへのログイン、商品やサービスの閲覧などのユーザーの行動を測定するために使用されます。これらの行動に関する情報は、イベント パラメータを使用してイベント スニペットで測定されます。特定のリマーケティング イベントを測定するイベント スニペットをサイトの各ページにインストールします。グローバルタグのスニペットの後であれば、コード内の任意の場所に挿入できますが、測定の精度を高めるには <head> セクションに配置することをおすすめします。

イベント スニペットの例を以下に示します。

<!-- サンプル動的リマーケティング ページのイベント スニペット -->
<script>
gtag('event', 'add_to_cart', {
    'value': 345.89, 
   items': [{
      'origin': 'NYC'
      'destination': 'PAR',
      'google_business_vertical': 'flights'
    },
    {
      'origin': 'PAR'
      'destination': 'LON',
      'google_business_vertical': 'flights'
    }, 
    {
      'id': '123456',
      'location_id': 'LON',
       'google_business_vertical': 'hotels'
    }]
});
</script>

このコード スニペットはサンプルなので、お客様のウェブサイトでは使用できません。お客様のアカウント用のイベント スニペットは、ウェブサイトのリマーケティングを設定する際にコピーできます。

Google 広告アカウントに既存のグローバル サイトタグを適用する方法

ウェブサイトの各ページにグローバル サイトタグをすでに実装している場合は、複数の Google 広告アカウントや Google アナリティクス アカウントにデータを送信するように、そのタグを設定できます。たとえば、Google アナリティクス アカウントから取得したグローバル サイトタグは、次のようになります。

 <!-- グローバル サイトタグ (gtag.js) - Google Analytics -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>

  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
  </script>

このグローバル サイトタグを Google 広告アカウントでも使えるようにするには、ハイライト表示された行を追加して、「AW-123456789」の部分を、リマーケティング タグの設定を行ったときに取得した一意の ID に置き換えます。

 <!-- グローバル サイトタグ (gtag.js) - Google Analytics -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>

  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
    gtag('config', 'AW-123456789');
  </script>


この変更を行えば、Google 広告アカウントから取得したグローバル サイトタグのスニペットをウェブサイトに追加する必要はありません。動的リマーケティングやイベント パラメータを使用している場合は、イベントが発生するページにイベント スニペットを追加するだけです。複数の Google 広告アカウントや Google アナリティクス アカウントをお持ちの場合は、どのアカウントでも同じグローバル スニペットを使用できます。グローバル サイトタグを使用する Google 広告や Google アナリティクスのアカウントごとに ‘config’ コマンドを追加して、対象アカウントの ID を指定します(上記のサンプルコードでは、Google アナリティクスと Google 広告のそれぞれのアカウント用に、‘config’ コマンドが 2 行追加されています)。

新しいリマーケティング タグの使用方法

手順に沿って、Google 広告リニューアル版でウェブサイト用のリマーケティングを設定します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。