Google 広告利用停止後の残高について

この記事では、Google 広告の利用停止後、アカウントの残高がどのように処理されるかについて説明します。必要に応じて、Google 広告の利用を停止する利用停止したアカウントにアクセスするもご覧ください。

払い戻しを受ける方法

前払いの残高が残っている場合は、Google 広告利用停止のお手続き後に自動的に払い戻しが行われます。ただし、クーポン等の特典分は払い戻しの対象となりません。

クレジット カードまたは銀行口座(口座振替)でお支払いの場合

お支払いに使用されていたクレジット カードまたは銀行口座に対して払い戻しの手続きを行います。クレジット カード会社や銀行で払い戻しの処理が完了するまでに、4 週間ほどかかる場合がありますのでご了承ください。

振込でお支払いの場合

払い戻しにあたっては、銀行口座情報をお知らせいただく必要があります。表示される手順に従って、口座情報をお知らせください。情報を受け取ってから 4 週間以内に払い戻しを処理します。

利用停止後の残高の確認

利用を停止した後も、Google 広告にログインして、未払いの広告費用がないか確認することができます。手順は次のとおりです。

  1. Google 広告にログインします。
  2. 歯車アイコン をクリックし、[ご請求とお支払い] を選択します。
新しい Google 広告をご利用の場合、歯車アイコン は表示されません。代わりに、画面右上にあるツールアイコン をクリックし、[設定] の [ご請求とお支払い] を選択してください。
  1. 以下のいずれかが表示されます。
    • 自動支払いをご利用だった場合、お客様の未払いの広告費用は [残高] に表示されます。
    • 毎月の請求書発行をご利用だった場合、お客様の未払いの広告費用は [未払い額] に表示されます。
    • 手動支払いをご利用だった場合、未払いの残高はありません。前払いの残高がアカウントに残っている場合は、お客様がアカウントで使用されていたクレジット カードまたは銀行口座に払い戻されます。振込でお支払いいただいていた場合は、払い戻しを処理するため、銀行口座の詳細をお知らせいただく必要があります。
  2. 広告掲載の停止後に請求が発生していないか確かめるには、左側のメニューの [料金の履歴] をクリックし、広告掲載を停止した日付以降の [ご利用の詳細] を確認します。

利用停止後の残高のお支払い

未払い残高がある場合は、31 日以内にメインのお支払い方法に自動的に請求が行われます。最終の自動請求には、利用停止した日までに発生した未請求の広告費用が含められます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。