オーディエンス マネージャーについて

オーディエンス マネージャーは、オーディエンス リスト、オーディエンス ソース、およびオーディエンスのインサイトを管理する場所です。

Google 広告 リニューアル版のオーディエンス マネージャーを使用すると、既存のリマーケティング リストやオーディエンス リストの機能を直感的に使って時間や労力を節約できます。

この記事では、オーディエンス マネージャーを使用するメリットとその仕組みについて説明します。設定手順についてはリマーケティングの設定についてをご覧ください。

メリット

  • Google 広告 タグ、アプリ分析プロバイダ、YouTube チャンネルなどのオーディエンス ソースを設定、管理、確認できます。
  • 設定したオーディエンス ソースに基づいて新しいオーディエンス リストを作成できます。
  • リマーケティング リストに登録されているユーザーの属性、関心事、地域、端末などを把握できます。

オーディエンス マネージャーの仕組み

オーディエンス マネージャーは、画面右上のツールアイコン をクリックすると、[共有ライブラリ] の下に表示されます。オーディエンス マネージャーのページメニューには、[オーディエンス ソース]、[オーディエンス リスト]、[オーディエンスのインサイト] の 3 つの項目があります。

オーディエンス ソース

オーディエンス マネージャーを使用する場合、まずは自社データのソースをオーディエンス ソースに追加します。このオーディエンス ソースに基づいて、リマーケティング リストを作成できます。追加できるオーディエンス ソースは以下のとおりです。

  • Google 広告 タグ: ウェブサイトからデータを収集し、ウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザーを対象にリマーケティングを実施できます。クリエイティブのパーソナライズに使用するユーザー属性を細かく設定できます。
  • Google アナリティクス: Google アナリティクスで作成したオーディエンス リストをインポートし、そのリストに基づいて Google 広告 でリマーケティングを実施できます。クリエイティブのパーソナライズに使用するユーザー属性を細かく設定できます。
  • YouTube: チャンネルを見たことがあるユーザーにリマーケティングを実施する、動画広告を視聴したユーザーのその後の行動をトラッキングする、Call-to-Action オーバーレイでクリックを促す、といったことができます。
  • Google Play: 現在のアプリユーザーやアプリ内購入を行ったユーザーを、リマーケティング リストとしてまとめることができます。
  • アプリ分析: 第三者のアプリ分析プロバイダ(Firebase など)または広告主様独自のソフトウェア開発キット(SDK)とアカウントをリンクして、アプリを使用しているユーザーを対象にリマーケティングを実施できます。
  • 顧客データ: 顧客の連絡先情報をアップロードして、Google 検索、YouTube、Gmail などの Google サービスを使用している顧客に広告を表示できます。

オーディエンス リスト

[オーディエンス リスト] では、追加したオーディエンス ソースに基づいて、リマーケティング リストとしてターゲットに設定する新しいユーザーリストを作成します。ここでは、作成済みのリマーケティング リストも表示できます。オーディエンス リストの表ではリマーケティング リストの管理が可能で、リストの検索、並べ替え、フィルタやラベルの適用、削除、グループ分けができます。

オーディエンスの分析情報

オーディエンスの分析情報では、Google のネットワーク データに基づいてユーザーの詳しい情報を把握し、主な傾向や売り上げを伸ばす機会を確認できます。このツールを使うと、リマーケティング リストのユーザーが、アフィニティ カテゴリ、購買意向の強さ、年齢、性別、地域、端末などに基づいて分類されます。この分析情報を使用すると、新規ユーザーへのアプローチやクリエイティブの最適化など、キャンペーンの設定に関して合理的な判断を下すことができます。詳細はオーディエンスの分析情報についてをご覧ください。

関連リンク

リマーケティング リストについて
ウェブサイト用のリマーケティング リストを作成する
YouTube 視聴者へのリマーケティングについて

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。