クライアント センター(MCC)アカウントを使用した掲載結果レポートの作成とスケジュール設定

サブマネージャー アカウントにリンクしているものも含めてすべての子アカウントを対象に、アカウント単位およびキャンペーン単位で掲載結果レポートを作成、ダウンロード、管理できます。

この記事では、MCC アカウントからレポートを作成、管理する場合の基本事項を説明します。
 

MCC アカウントでのレポートの編集について

広告主様によっては、Google 広告リニューアル版に移行した後も、旧バージョンで作成した MCC アカウントのレポートをダウンロードすることが可能です。ただし、リニューアル版でそれらのレポートに変更を加えることはできません。

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

掲載結果レポートの管理

サブマネージャー アカウントにリンクされているアカウントや選択したアカウントを含む、すべての子アカウントについて、掲載結果レポートをアカウント単位またはキャンペーン単位で作成、ダウンロード、管理できます。その後、指定したアカウントのユーザーにレポートを送信するスケジュールを設定することができます。

キャンペーン単位でレポートをダウンロードする

MCC アカウントの [キャンペーン] タブからダウンロード ボタン ダウンロード ボタン をクリックすると、AdWords アカウントを個別に管理する場合と同様に、すべての管理アカウントや選択した任意のアカウントについて、キャンペーン単位のレポートをダウンロードできます。MCC アカウントからは、個別の AdWords アカウントの場合と同じキャンペーン関連の項目のほか、[アカウント名] や [アカウントのラベル] の項目を表示できます。

MCC アカウントの [キャンペーン] タブから掲載結果レポートをダウンロードするには:

  1. https://adwords.google.co.jp から MCC アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. レポートに表示する期間、表示項目、フィルタ、分割の単位を設定します。表のデータに適用した分割項目は、レポートに列として表示されます。
  4. 表の上にあるツールバーで ダウンロード ボタン をクリックします。ダウンロード パネルが開きます。
  5. [形式] でレポートのファイル形式を選択します。
  6. [ダウンロード] をクリックします。

[レポート] タブでレポートを作成、管理する

MCC アカウントの [レポート] タブを使用して、すべての管理アカウントのレポートを作成、管理、スケジュール設定します。すべてのスケジュール設定済みのレポートと最大 100 件のスケジュール未設定のレポートが保存され、[レポート] タブに表示されます。この合計数に、子アカウントのレポート センターに保存できるレポートの数は含まれません。最大数に達すると、新しいレポートが追加されるたびに、古いレポートが削除されます。

[レポート] タブでレポートを作成するには:

  1. MCC アカウントの [レポート] タブで、[+ レポートを作成] をクリックします。ここで表示されるオプションを使用して、レポートをカスタマイズできます。
  2. オプションの選択をすべて完了したら、[作成] をクリックしてレポートを生成します。

レポートの作成に使用できるオプションは以下のとおりです。

レポートタイプ

以下の項目について、掲載結果レポートを作成できます。

広告表示オプション レポート:

  • アプリリンク表示オプションに関する掲載結果
  • 電話番号表示オプションに関する掲載結果
  • クーポン表示オプションに関する掲載結果
  • サイトリンク表示オプションに関する掲載結果
  • 住所表示オプションに関する掲載結果
  • キャンペーン単位の広告表示オプションに関する掲載結果
  • コールアウト表示オプションに関する掲載結果
  • レビュー表示オプションに関する掲載結果

詳細分析レポート:

  • リンク先 URL の掲載結果
  • 地域別の掲載結果
  • ユーザーの所在地別の掲載結果
  • 検索キーワードの掲載結果
  • 有料広告とオーガニック検索の掲載結果
  • 料金が発生しないクリックに関する掲載結果
  • 通話データの詳細に関する掲載結果

ディスプレイ ネットワーク レポート:

  • トピックに関する掲載結果
  • 自動プレースメントでの掲載結果(URL)
  • 自動プレースメントでの掲載結果(ドメイン)
  • 手動プレースメントでの掲載結果(URL)
  • 手動プレースメントでの掲載結果(ドメイン)

他のレポート:

  • アカウントの掲載結果
  • キャンペーンの掲載結果
  • 広告グループの掲載結果
  • 広告の掲載結果
  • キーワードの掲載結果
  • ユーザーに関する掲載結果
  • 自動ターゲットに関する掲載結果
  • 動画キャンペーンの掲載結果
  • キャンペーンの詳細
  • 広告グループの詳細
レポートの形式

次のいずれかの形式でレポートをダウンロードすることができます。

  • Excel .csv
  • .csv
  • .tsv
  • .xml
  • .csv.gz
  • .pdf
  • .xml.gz
期間

レポートを実行する期間を、事前に設定されている期間から選択するか、[カスタム] を選択して独自の期間を設定します。2 つの異なる期間を比較するレポートを実行するには、[比較対象] メニューを使用します。

分割項目

子アカウントの場合とほとんど同じ操作でレポートを分割表示できます。[分割項目の追加] をクリックし、分割に使用するオプション([ネットワーク]、[クリックタイプ]、[デバイス])を選択します。

アカウントとキャンペーン

レポートにすべての子アカウントとキャンペーンのデータを表示するか、選択したアカウントとキャンペーンのみを表示できます。

  • [すべてのアカウントとキャンペーン] - すべての子アカウントとキャンペーンのデータを表示します。
  • [アカウントとキャンペーンを選択] - 選択した特定の子アカウントとキャンペーンのみをレポートに表示します。検索機能を使用して、特定のアカウントとキャンペーンを検索できます。キャンペーンを表示するには、アカウント名の隣りにある [+] をクリックします。レポートに表示するアカウントまたはキャンペーンの横にある [追加] をクリックします。
  • [アカウントのラベル] - アカウントのラベルを使用してアカウントを選択します。レポートに表示するラベルの横にある [追加] をクリックします。
表示項目

各レポートタイプには、デフォルトの表示項目のセットが設定されています。[このレポート形式のデフォルトのデータ項目] を選択するとデフォルトの列のみが表示されます。[項目を選択] をクリックして、特定の項目を表示することもできます。[表示項目] ラジオボタンの下にある [詳細レベル] メニューには、さまざまな項目のカテゴリが表示されます。表示項目の保存先は MCC アカウントとなり、アカウントの管理範囲を変更しても保存先は変わりません。

留意点

  • 通貨の異なる複数のアカウントのデータを表示する場合、[予算]、[費用]、[平均 CPC] などの費用に関連する項目やコンバージョン値に関連する項目の合計は表示されません。
  • 複数のアカウントのデータを表示する場合、インプレッション シェアや検索ユーザーの行動経路などの競合指標に関連する項目の合計は表示されません。

メニューから [詳細レベル] を選択すると、アカウント情報に関連する以下のオプションが表示されます。

  • クライアント名
  • 会社名
  • お客様 ID(デフォルト)
  • 広告グループ

メニューから [属性] を選択すると、以下の列のオプションが表示されます。

  • タイムゾーン
  • 通貨
  • 広告グループの状態
  • キャンペーンの状態
  • キーワードの状態
  • ステータス
  • マッチタイプ
  • 品質スコア
  • 推定入札単価(1 ページ目)
  • ページ上部表示の推定入札単価
  • 上限クリック単価
  • 視認範囲の上限インプレッション単価
  • リンク先 URL
  • ラベル

メニューから [掲載結果] を選択すると、以下の列のオプションが表示されます。

  • クリック数(デフォルト)
  • 表示回数(デフォルト)
  • 無効なクリック
  • 無効なクリック率
  • クリック率(デフォルト)
  • 平均クリック単価(デフォルト)
  • 視認範囲の平均インプレッション単価(デフォルト)
  • 検索広告のインプレッション シェア
  • 検索広告の完全一致のインプレッション シェア
  • 検索広告のインプレッション シェア損失率(広告ランク)
  • 検索広告のインプレッション シェア損失率(予算)
  • ディスプレイ広告のインプレッション シェア
  • ディスプレイ広告のインプレッション シェア損失率(広告ランク)
  • ディスプレイ広告のインプレッション シェア損失率(予算)
  • 費用(デフォルト)
  • 平均掲載順位(デフォルト)
  • 直帰率
  • 平均ページビュー数
  • 平均サイト滞在時間
  • 新規セッション率

メニューから [コンバージョン] を選択すると、以下の列のオプションが表示されます。

  • コンバージョン
  • コンバージョン率
  • 費用 / コンバージョン
  • ビュースルー コンバージョン
  • ビュースルー コンバージョン率
  • 合計コンバージョン値
  • 値 / コンバージョン
  • コンバージョン値 / 費用
  • コンバージョン値 / クリック
  • 販売コンバージョン
  • 販売コンバージョン値
  • 販売促進コンバージョン
  • 販売促進コンバージョン値
  • 登録コンバージョン
  • 登録コンバージョン値
  • ページビュー コンバージョン値
  • ページビュー コンバージョン
  • その他のコンバージョン
  • その他のコンバージョン値
  • 推定合計コンバージョン数
  • 費用 / 推定合計コンバージョン数
  • 推定合計コンバージョン率
  • 推定合計コンバージョン値
  • 推定合計コンバージョン値 / 費用
  • 値 / 推定合計コンバージョン数
  • 推定合計コンバージョン値 / クリック
  • デバイスをまたいだコンバージョンの推定
フィルタ

フィルタを使用すると、最も関心のあるデータのみをレポートに表示できます。

  1. 最初のメニューをクリックし、使用するフィルタの種類(コンバージョン、掲載結果、属性、詳細レベル、ネットワーク)を選択し、矢印の右側に表示されるリストからオプションを 1 つ選択します。
  2. 利用可能なメニューからその他のフィルタ オプションを選択します。
  3. このレポートに追加のフィルタを作成するには、[追加] をクリックして上記の手順を繰り返します。
レポートのメール送信とスケジュール設定

ご自身または MCC アカウントの他のユーザーにレポートをメールで送信するように設定できます。[クライアント レポート] タブで [+ レポートを作成] をクリックし、[レポートのメール送信とスケジュール設定] を選択して、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • [なし(必要なメール送信がない場合)] - デフォルトのオプションです。メールは送信されません。
  • [自分のみ] - MCC アカウントにログインしたマネージャーのメールアドレスにレポートが送信されます。
  • [レポートを表示できるすべてのアカウント ユーザー] - レポートを表示するアクセス権限が付与された MCC アカウントのすべてのユーザーにレポートが送信されます。
  • [特定のアカウント ユーザーと自分自身] - レポートを送信するアカウントのユーザーを選択します。

メール送信設定は、アカウントのユーザー アクセス管理と関連付けられています。MCC アカウントにログインしていないユーザーに直接レポートを送信するには、そのユーザーをメール専用ユーザーとして追加する必要があります。メール専用ユーザーはアカウントのアラートやレポートなどの通知をメールで受信できるだけで、アカウントにはログインできません。

MCC アカウントにメール専用ユーザーを追加するには:

  1. 上隅にある歯車アイコン をクリックして、[アカウント設定] を選択します。
  2. サイド ナビゲーション内の [アカウントのアクセス] をクリックします。
  3. [+ ユーザー] をクリックします。
  4. ユーザーのメールアドレスと名前を入力します(オプション)。
  5. [アクセス権] メニューをクリックし、[メール専用権限] を選択します。

レポートのスケジュール設定

レポートを一度だけ送信するか(デフォルト)、スケジュールを設定するかを選ぶことができます。スケジュールを作成するには、メニューをクリックし、上記で指定した受信者にレポートを送信する頻度を選択します。

レポートの管理

作成したレポートは、表の [レポート] タブに表示されます。表には、各レポートの設定、作成日時、作成者が表示されます。

この表の [Action] 列では、レポートの実行、編集、類似のレポートの作成ができます。

レポートを実行する方法は次のとおりです。

  1. 実行するレポートの [Action] 列で [実行] をクリックします。
  2. レポートの終了日を選択します。
  3. [実行] をクリックします。

レポートを編集する方法は次のとおりです。

  1. 変更するレポートの [Action] 列で [編集] をクリックします。
  2. [レポートの編集] ウィンドウで任意のオプションを変更します。
  3. 設定を終了する場合は、[保存] をクリックします。

新しいレポートを既存の体裁で作成する方法は次のとおりです。

  1. 新しいレポートのベースとして使用するレポートの [Action] 列で [同様のものを作成] をクリックします。
  2. [レポートのダウンロードとスケジュール設定] ウィンドウに選択したレポートに基づいた設定が表示されます。必要に応じて変更を加え、新しいレポートを作成します。
  3. [作成] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。