アカウント単位でプレースメントを除外する

より多くのユーザーに広告を表示できるよう、ターゲットに設定したトピック、プレースメント、ディスプレイ広告、動画広告、または検索広告のキーワードに一致するコンテンツに広告が表示されるようになります。たとえば、トピックとして「自転車」をターゲットに設定し、ディスプレイ広告、動画広告、または検索広告のキーワードとして「サイクリング」をターゲットに設定すると、いずれかに一致するコンテンツに広告が表示されます。

また、コンテンツ ターゲティングが Google 広告の 1 つのページに簡略化されるため、すべてのコンテンツ ターゲティング タイプ(トピック、プレースメント、ディスプレイ広告や動画広告のキーワード、除外設定)を 1 つの画面で管理できるようになります。新しいページは、左側のナビゲーション メニューの [キャンペーン] Campaigns Icon の [コンテンツ] セクションに表示されます。

Google ディスプレイ ネットワークや YouTube で、特定のページやサイト、動画などのプレースメントをターゲットに設定するのと同様に、広告掲載を希望しないプレースメントについても掲載先から除外するよう設定できます。特に、ご自身のブランドにふさわしくないウェブサイトやドメインは、掲載先から除外することをご検討ください。

2024 年 3 月以降: アカウント単位のプレースメントの除外が検索パートナー ネットワークにも適用されるようになります。今回のリリースにより、広告主様がアカウント単位またはクライアント センター(MCC)アカウント単位でサイトの除外を追加すると、検索パートナー ネットワーク上のウェブサイトが除外されるようになります。これは、アカウント内の P-MAX キャンペーン、アプリ キャンペーン、検索キャンペーン、ショッピング キャンペーン、スマート アシスト キャンペーンなど、検索パートナー ネットワークで広告を配信するすべてのキャンペーンに影響します。

この記事では、アカウント単位でプレースメントを除外する方法を説明します。この除外設定はキャンペーン単位のプレースメント ターゲティングよりも優先されるため、ディスプレイ ネットワーク、YouTube、または検索パートナー ネットワークの特定のプレースメントでの広告掲載を回避できます。

はじめに

アカウント単位の除外については、次のポイントを押さえておいてください。

サブドメイン

プレースメントの除外を設定する際、「www.」を除くと、特定のプレースメントのサブドメイン、サブサイト、サブページをまとめて除外できます。たとえば、example.com を除外すると、store.example.com(サブドメイン)、example.com/store(サブサイト)、example.com/store.html(サブページ)が自動的に除外されます。一方、「www.」を除かずに www.example.com を除外した場合、すべてのサブドメイン、サブサイト、サブページには除外設定は適用されません。サブドメイン、サブサイト、サブページのプレースメントの除外は、検索パートナー ネットワークでは機能しません。

国別ドメイン

国の異なるドメインは、別々に除外設定してください。たとえば「example.com」と「example.co.jp」を除外するには、プレースメントの除外設定で両方を指定してください。

制限

プレースメントの除外は、一度に 20,000 件まで設定でき、1 つのアカウントにつき、合計 65,000 件まで設定できます。MCC アカウントでは、プレースメント除外リストを 3 つまで作成できます(リストごとに除外できるプレースメントは 250,000 個まで)。

: Google ドメイン(youtube.com や mail.google.com など)に関連付けられた URL はプレースメントの除外対象として指定できません。

手順

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面でツールアイコン Tools Icon をクリックします。
  2. 項目メニューで [共有ライブラリ] プルダウンをクリックします。
  3. [除外リスト] をクリックします。
  4. 上部の [プレースメント除外リスト] をクリックします。
  5. プラスボタン をクリックします。
  6. [+ 新しいリスト] をクリックします。
  7. 広告を表示したくないコンテンツの URL を入力するか検索します。その際、「www.」は含めません。URL のリストがある場合は、[複数のプレースメントを入力] をクリックして、リスト全体を貼り付けることもできます。
  8. [保存] をクリックします。

設定したプレースメントの除外は、[変更履歴] でアカウント単位の変更を表示して確認できます。新しいプレースメントの除外設定は、通常 12 時間以内に適用されます。

: キャンペーンでの YouTube TV チャンネルの除外は、アカウント単位で設定できます。詳しくは、Google 広告オークション キャンペーンでの YouTube TV チャンネルの除外についての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
18060325992746301693
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true