Google 広告リニューアル版の検索ネットワーク キャンペーンについて

この記事は、新しい Google 広告をご利用の方のみを対象としています。ご利用中の Google 広告がリニューアル版か従来版のどちらにあたるかを見分ける方法

検索ネットワーク キャンペーンの広告は、Google 検索や Google のその他のサイトで広告のキーワードに関連する語句が検索されたときに、検索結果の近くに表示されます。たとえば音楽教室を経営している広告主様が検索ネットワーク キャンペーンを利用すれば、有望な見込み顧客が「ギター レッスン」と検索した場合にテキスト広告を表示することができます。

この記事では、検索ネットワーク キャンペーンの仕組みについて説明します。

仕組み

検索結果とともに表示される広告は、ユーザーが検索した語句を基準に選ばれます。たとえば、Google で「家屋 配管 修理」と検索すると、この語句をキーワードとして設定している広告が表示されます。

検索ネットワーク キャンペーンは、広告のクリックや店舗等への電話問い合わせといったユーザー行動の促進を目的とすることが一般的です。このキャンペーン タイプでは、積極的に情報を求めているユーザーに広告を表示することができます。特定の商品やサービスを意図的に検索しているユーザーを対象に的確な広告を表示することで、ユーザーが広告をクリックする確率が高くなります。

検索ネットワーク キャンペーンは、次のいずれかに当てはまる場合におすすめです。

  • Google 検索結果の近くに広告を表示したい場合
  • 特定の商品やサービスを探しているユーザーのみに広告を表示したい場合

また、ウェブ全域でサイトを利用しているユーザーに広告を表示したい場合は、「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワークへの拡張)」キャンペーンを作成することをおすすめします。

検索ネットワーク キャンペーンの目標

検索ネットワーク キャンペーンを作成するには、まずユーザーに期待する行動に基づいて目標を選択します。すると、そのキャンペーンでマーケティング目標を達成できるように機能と設定が最適化されます。

検索ネットワーク キャンペーンを作成する際に使用できる目標は次のとおりです。

  • 売り上げの促進
  • 見込み顧客の獲得
  • ウェブサイトのトラフィック

なお、どの目標を選択した場合でも、キャンペーンのあらゆる設定と機能がご利用可能です。また、目標はいつでも変更可能で、目標を指定しないこともできます。詳しくは、Google 広告リニューアル版の目標についてをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。