住所表示オプションで使用する住所を絞り込む

Google マイビジネス アカウントと Google 広告アカウントを同期すると、アカウント全体で住所を表示できるようになります。アカウントや、特定のキャンペーンまたは広告グループで特定の住所を使用したい場合は、フィルタを設定できます。Google マイビジネスのフィルタ(会社名またはラベル)を使用することが可能です。

例を挙げてご説明します。たとえば、「焼肉○○」と「○○寿司」の 2 系列のレストランを経営しているとします。キャンペーンの対象にしたいのは焼肉店のみです。この場合、[会社名] に「焼肉○○」の店舗だけが含まれるようなフィルタを作成します。

始める前に


Google マイビジネス アカウントにリンクしていることを確認してください。手順については、住所表示オプションの設定方法をご覧ください。

手順

フィルタを追加してキャンペーンや広告グループ単位で編集する方法

手順 1. Google マイビジネスの住所をフィルタリングする
  1. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックして、ページ上部の [広告表示オプション] をクリックします。
  2. プラスボタン をクリックし、[住所表示オプション] を選択します。
  3. キャンペーンに住所を指定する場合は [キャンペーン] を、広告グループに住所を指定する場合は [広告グループ] をクリックします。広告グループ単位で住所表示オプションを追加する場合は、広告グループも選択します。
手順 2. Google 広告にフィルタを追加する

次のいずれかを選択します。

  1. 同期しているすべてのビジネス情報
  2. 同期しているビジネス情報で特定のラベルや会社名を持つもの
    1. 会社名を入力します。フィルタは、選択した単語と完全に一致する情報を入力した場合のみ機能します。たとえば、フィルタとして「○○」という店名を入力した場合、「焼肉の○○」という名前のお店はフィルタの対象となりません。
    2. 特定のラベルを持つビジネス情報を絞り込むことができます。ラベル名を追加し、[+ Or] をクリックして住所のリストを展開します。
  3. 選択するビジネス情報: リストから最大 20 個の住所表示オプションを選択できます。
  4. ビジネス情報なし
  5. [保存] をクリックします。
広告グループ単位またはキャンペーン単位でフィルタを編集する
  1. Google 広告にログインします。
  2. [広告と広告表示オプション] をクリックし、ページ上部の [広告表示オプション] をクリックします。
  3. 表の上の青色のバーで [広告表示オプションの種類] をクリックし、プルダウン メニューで [住所表示オプション] を選択します。
  4. 広告グループ単位またはキャンペーン単位でフィルタリングした住所表示オプションはそれぞれ、Google マイビジネス アカウントに一覧表示されます。編集する住所表示オプションを確認し、その横に鉛筆アイコン 編集 が表示されたらクリックします。
  5. 変更を加えて [保存] をクリックします。

フィルタを追加してアカウント単位で編集する方法

  1. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックして、ページ上部の [広告表示オプション] をクリックします。
  2. フィルタを追加する Google マイビジネス アカウントを選択します。
  3. 表の上の青いバーで、[追加先] をクリックします。
  4. プルダウン メニューから [アカウント] を選択します。
  5. 編集するアカウントにカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 編集 が表示されたらクリックします。
  6. [Google 広告と同期したビジネス情報を制限できます] セクションで、以下の手順を行います。
    1. 会社名を入力します。フィルタは、選択した単語と完全に一致する情報を入力した場合のみ機能します。たとえば、フィルタとして「○○」という店名を入力した場合、「焼肉の○○」という名前のお店はフィルタの対象となりません。
    2. 特定のラベルを持つビジネス情報を絞り込むことができます。Google 広告でフィルタを適用する前に、Google マイビジネスのビジネス情報にラベルを追加する必要があります。ラベル名を追加し、[+ Or] をクリックして住所のリストを展開します。
  7. [完了] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。