動的検索広告で除外設定を作成する

動的検索広告は、Google でユーザーが使用した検索語句とウェブページが一致したときに動的に生成されます。たとえば、売り切れた商品がある場合は、そのページで広告が生成されないように除外設定を作成することが可能です。この記事では、広告の生成や表示に使用したくない特定のウェブページや検索語句を除外する方法を説明します。

詳細は動的検索広告のターゲットについてをご覧ください。

活用例

特定のウェブページを除外する。「売り切れ」や「在庫切れ」などの語句を含むページを除外する動的広告ターゲットの作成を強くおすすめします。これにより、販売できない商品を掲載しているウェブページをユーザーに表示しないようにできます。

Google での特定の検索語句を除外する。「中古 カメラ」や「中古 テレビ」などの検索語句で検索しているユーザーに対して、新品の家電製品の広告を表示しないようにします。「中古」という語句を使用して検索するユーザーが新品のカメラやテレビを購入する可能性は低いと考えられるため、このような場合は除外キーワードに「中古」を追加します。

特定のウェブページを除外する手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

  1. AdWords にログインします。
  2. [すべてのキャンペーン] ページで [自動ターゲット設定] タブをクリックします。
  3. ページの一番下までスクロールして、[+ 除外設定] をクリックします。
  4. 展開したセクションで [+ 追加] をクリックします。
  5. 広告グループを選択します。
  6. 除外方法を「カテゴリ」、「ページ コンテンツ」、「ページタイトル」、「URL」の中から選びます。ページタイトルやページ コンテンツを指定する場合は、除外対象とする語句を二重引用符で囲みます。
  7. [保存] をクリックします。新しく作成した動的広告ターゲットの除外設定が [除外] セクションに表示されます。

除外キーワードを追加する手順

他のキャンペーンと同じように、動的検索広告キャンペーンでも除外キーワードを追加できます。動的検索広告ではキーワードを使用しませんが、除外キーワードは動的検索広告を見込み顧客に表示する際に反映されます。詳細はキャンペーンに除外キーワードを追加するをご覧ください。

カテゴリの除外

動的検索広告システムによってウェブサイトの新しいページが検出されると、システムでそのページが分類される前に、関連性の高い検索語句に対して広告配信が始まる場合があります。ページが分類されたら、そのカテゴリが除外されているキャンペーンでは広告配信が停止します。広告配信時にページがまだそのカテゴリに分類されていなかった場合でも、分類後は検索語句レポートに現在のカテゴリが反映されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。