ディスプレイ キャンペーンとファインド キャンペーンの広告について

Google ディスプレイ ネットワークでは、適切なユーザーにアプローチすることが可能です。何百万ものウェブサイトや動画、アプリで構成されるネットワークに、多種多様な広告フォーマットやサイズの広告を掲載できます。この記事では、ディスプレイ キャンペーンやファインド キャンペーンで表示できるさまざまなタイプの広告について説明します。

広告の種類

レスポンシブ ディスプレイ広告

レスポンシブ ディスプレイ広告は、ディスプレイ キャンペーンで使用できます。レスポンシブ ディスプレイ広告では、アップロードされたアセット(画像、広告見出し、ロゴ、動画、説明文)を組み合わせて自動的に広告が生成され、ウェブサイト、アプリ、YouTube、Gmail に掲載されます。詳しくは、レスポンシブ ディスプレイ広告についてをご覧ください。

レスポンシブ ディスプレイ広告を選択する理由

レスポンシブ ディスプレイ広告を使用すると、ブランドのイメージに合わせてすべてのアセットをカスタマイズできるだけでなく、Google ディスプレイ ネットワーク全体におけるリーチも最大化できます。

アップロード型ディスプレイ広告とレスポンシブ ディスプレイ広告の両方を運用している広告主様を分析した結果、レスポンシブ広告とアップロード型イメージ広告の両方を使用すると、イメージ広告だけ使用する場合と比較して、同程度のコンバージョン単価で平均して 50% 以上多くのコンバージョンを獲得していることがわかりました。同様の分析によれば、広告見出し、説明文、画像を複数含むレスポンシブ ディスプレイ広告は、アセットが 1 組だけの広告と比較して、同程度のコンバージョン単価で平均して 10% 以上多くのコンバージョンを獲得しています。

ファインド広告

ファインド広告では、広告主様のブランドを探して利用しようとしているユーザーに、広告を表示することができます。1 つのキャンペーンで、YouTube ホームフィードや次のおすすめフィード、Discover、Gmail の [プロモーション] タブや [ソーシャル] タブにファインド広告を自動的に表示できます。ファインド広告はファインド キャンペーンで使用できます。

アップロード型ディスプレイ広告

ディスプレイ キャンペーンのクリエイティブを厳密に管理したい場合は、ご自身で作成した広告をアップロードすることもできます。アップロード型イメージ広告は Google 広告以外の場所で作成し、さまざまなファイル形式で Google 広告にアップロードできます。詳しくは、アップロードされたディスプレイ広告の仕様をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false