コンバージョン トラッキング データについて

コンバージョン トラッキングを設定すると、広告が成果に結びついているかを把握するためのデータを取得できるようになります。

下記は、各指標の意味やレポートでの確認方法についての解説です。

[コンバージョン] 列と関連指標

[コンバージョン] 列には、発生したコンバージョンの数が表示されます。ここでは広告がどの程度、価値あるユーザー操作につながっているかを把握できます。

[コンバージョン] 列のデータのトラッキング方法は、以下の方法でカスタマイズできます。

  • [コンバージョン列に含める] 設定: データを [コンバージョン] 列に含めたくないコンバージョン アクションについては、この設定をオフにします。デフォルトではほとんどの場合に、データをこの列に含めるようになっています。つまり、この設定をオフにしない限り、データは [コンバージョン] 列に含まれることになります。詳しくは、[コンバージョン列に含める] の設定の記事をご確認ください。
  • 「アトリビューション モデル」設定: ウェブサイトや Google アナリティクスのコンバージョン アクションでは、コンバージョンに至るまでのユーザーの各クリックに貢献度を割り当てることができます。詳しくは、アトリビューション モデルについてをご覧ください。
  • コンバージョンのカウント方法の設定: インタラクション後に発生したすべてのコンバージョンをカウントするか、インタラクション後に発生した 1 回のコンバージョンのみをカウントするように設定できます。詳しくは、コンバージョンのカウント方法の設定についての記事をご覧ください。
     

ヒント: 「コンバージョン」と入札単価

入札戦略を通じてコンバージョン重視で入札単価を最適化している場合は、[コンバージョン] 列のデータが入札戦略で使用されます。

関連指標

[コンバージョン] 列の他にも、この列のデータに基づく指標がいくつかあります。

  • コンバージョン単価([費用 / コンバージョン])は、1 回のコンバージョン獲得にかかった費用の平均です。合計費用を [コンバージョン] 列の数字で割って計算されます。この計算は検証可能なコンバージョンのみに適用されるため、検証できないクリックは除外されます。
  • コンバージョン率は、広告のクリックや他の操作がコンバージョンにつながった頻度の平均です。[コンバージョン] の数を、有効な操作(広告のクリックや動画広告の視聴など)の合計数で割った値です。
  • 合計コンバージョン値は、コンバージョン値の合計です。この指標は、あらかじめコンバージョン アクションの値(価値)を設定している場合に使用できます。
  • コンバージョン値 / 費用は、投資収益率の推定です。合計コンバージョン値をすべての広告操作(クリックなど)の合計費用で割った値です。
  • 1 クリックあたりのコンバージョン値([コンバージョン値 / クリック])は、合計コンバージョン値を有効なクリック数で割った値です。
  • コンバージョン値([値 / コンバージョン])は、各コンバージョンのおおよその価値の平均で、合計コンバージョン値を [コンバージョン] 数で割った値です。それぞれのコンバージョンの価値が異なっている場合に役立ちます。

「すべてのコンバージョン」と「デバイスをまたいだコンバージョン」

[すべてのコンバージョン] には、[コンバージョン] に含めないように指定したものを含む、すべてのコンバージョン アクションのデータが含まれます。また、その他の特殊なコンバージョンの発生元も含まれます。

[コンバージョン] 関連指標と同様、[すべてのコンバージョン] にも一連の関連指標があります。各指標は [コンバージョン] ではなく [すべてのコンバージョン] 列に基づいて計算されます。指標は次のとおりです。

  • すべてのコンバージョンの費用([費用 / すべてのコンバージョン])
  • すべてのコンバージョン率
  • すべてのコンバージョン値
  • すべてのコンバージョン値の費用([すべてのコンバージョン値 / 費用])
  • 1 クリックあたりのすべてのコンバージョン値([すべてのコンバージョン値 / 費用])
  • すべてのコンバージョン数の値([値 / すべてのコンバージョン])

​[デバイスをまたいだコンバージョン] 列には、すべてのコンバージョン アクションの中のデバイスをまたいだコンバージョンの合計数が表示されます。クロスデバイス コンバージョンとは、あるデバイスでの広告に対するクリックを起点として、最終的に別のデバイスで達成されたコンバージョンを指します(または同一デバイスでも、起点とは違うウェブブラウザで達成されたコンバージョン)。Google は、デバイスをまたいだコンバージョンに関するより完全なレポートを提供するため、Google サービスへのログイン歴のあるユーザーから集計した匿名データに基づいたモデルを使用しています。これらのモデルでは、直接計測できないデバイスをまたいだコンバージョンを予測できます。これにより、ユーザーのプライバシーを侵害することなく、測定されたコンバージョンと推定コンバージョンを組み合わせた、デバイスをまたいだユーザー行動のデータが確認できます。

コンバージョン数の小数値

[コンバージョン]、[すべてのコンバージョン]、[デバイスをまたいだコンバージョン] の数値は、小数点以下 2 桁まで表示されます。これは、アトリビューション モデルの中に、複数のクリックによるコンバージョンにそれぞれ小数値の貢献度を割り当てるものがあるためです。このような数値は、0.33 や 0.50 のような小数値で表示されます。アトリビューション モデルで小数値の貢献度を割り当てない場合も、レポートには小数点以下 2 桁までの数値が表示されます。

ビュースルー コンバージョンについて

[ビュースルー コンバージョン] 列には、広告を見たものの操作をしなかったユーザーが、その後サイトを訪れて達成したコンバージョンの回数が表示されます。この列のデータは、広告でなんらかの操作を行ったユーザーが後からサイトでコンバージョンを達成した場合に記録される、他のコンバージョン列のデータとは異なります。

ビュースルー コンバージョンは、ディスプレイ広告や動画広告のキャンペーンの効果を把握する際の参考になります。たとえばディスプレイ キャンペーンの場合は、ビュースルー コンバージョンを使用して、広告が表示されてもクリックしなかったユーザーが後からコンバージョンに至った回数を測定できます。ビュースルー コンバージョンでは、コンバージョン アクションの設定(コンバージョンのカウント方法など)が考慮されます。

ディスプレイ ネットワークの広告で発生したビュースルー コンバージョンについては、最後の視認範囲のインプレッションに貢献度が割り当てられます。Google のアクティブ ビュー技術では、画面内に広告の 50% 以上が 1 秒以上表示された場合に視認範囲のインプレッションとみなされます。

ビュースルー コンバージョンの数字からは、広告主様の他の広告に操作を加えたユーザーによるコンバージョンも自動的に除外されます。ビュースルー コンバージョンのデータは [コンバージョン] 列には含まれず、[ビュースルー コンバージョン] 列にのみ含まれます。

サイト間の Cookie を許可しないブラウザからのビュースルー コンバージョンはレポートできません。

アクティブ ビューとビュースルー コンバージョン

現在、Gmail 広告(Gmail アカウントの [ソーシャル] タブと [プロモーション] タブの上部に表示される広告)のインプレッションは、アクティブ ビューによる確認の対象外です。ただし、視認範囲として確認できなかった場合でも、Gmail 広告のインプレッションにビュースルー コンバージョンへの貢献度が割り当てられることがあります。

動画広告のビュースルー コンバージョン

動画広告でのビュースルー コンバージョンは、動画広告のインプレッションがサイト上でのコンバージョンにつながった場合に計上されます。ビュースルー コンバージョンには、動画広告の最後のインプレッションが関連付けられます。

注意: インプレッションは動画広告の「視聴」とは異なります。「視聴」は動画の再生時間が 30 秒に達するか、最後まで再生された場合、または広告の一部がクリックされた場合に計上されます。「視聴」からコンバージョンにつながった回数は、[コンバージョン] 列に計上されます。

レポートにコンバージョン列を追加する方法

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

[キャンペーン] タブのレポートにコンバージョン トラッキングの列を追加するには、以下の手順を行ってください。

  1. [キャンペーン] タブで [表示項目] ボタンをクリックし、[表示項目を変更] を選択します。
  2. [コンバージョン] をクリックします。
  3. 含める指標を選択します。
  4. [適用] をクリックします。
 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。