効果的な検索広告を作成する

ブランドや提供している商品、サービスを反映したメッセージを作成する


ユーザーはさまざまなデバイスから、あらゆる状況で Google を利用しています。この検索広告ガイドでは、ブランドを反映したメッセージを作成する方法を説明します。

レスポンシブ検索広告の作成方法については、「レスポンシブ検索広告の追加」の最適化案をご覧ください。

さまざまなデバイスで通用する広告文を考える

あるデバイスで有効な行動を促すフレーズは、別の種類のデバイスでも効果を発揮しやすいことがわかっています。広告文では、ユーザーが求めるものをわかりやすく提示することが重要です。訴求力が最も強いセールス ポイントを見つけ、それを軸に広告を組み立てましょう。

 

広告 www.example.com/
幅広い品揃えをオンラインで閲覧 | 主要ブランドをすべて網羅 | 35 年間続く高品質サービス
他社の追随を許さない品揃えとサービス。公式サイトで実際にご覧ください。

 

モバイル ユーザー向けのカスタマイズが、従来どおり効果を発揮する場合もあります。モバイル用 URL で、モバイル環境に最適なページへと誘導しましょう。

広告見出し

広告見出しは、検索広告で唯一クリック可能な部分でもあります。この部分は青文字で大きく表示されるため、説明文よりも目立ち、広告全体の訴求力に強く影響します。広告見出しの内容と質は、広告の掲載結果を左右する重要な要素です。

広告見出しは、広告を導入する際にもテストをする際にも、最も注力すべるべき部分です。優れた広告見出しは、特に大きな成果を期待できる要素です。

ヒント(日本語は適用対象外)

大文字と小文字の区別は通常では広告見出しの掲載結果に影響しませんので、お客様のブランドに適した使い方ができますが、各見出しの最初の単語の最初の文字を大文字にするとよいでしょう。レスポンシブ検索広告は、広告見出しの順序が決められていないため、各見出しの最初の単語の最初の文字を大文字にするのが最善です。

行動を促すフレーズをどの広告見出しに含めるべきかという疑問は、テストを通じて確かめていくとよいでしょう。しかしレスポンシブ検索広告を利用している場合は、それを気にする必要はありません。広告見出しのオプションを複数追加すると、理想的な順序が自動的に決まります。ただし、3 番目の広告見出しや 2 番目の説明文は表示されないことがあるため、重要な情報または必須情報は広告見出し 1、広告見出し 2、または説明文 1 に含めましょう。

広告見出しについてのポリシーを必ず確認してください。

文字数制限に留意する

使用できるのは、半角 30 文字(全角 15 文字)の広告見出し、半角 90 文字(全角 45 文字)の説明文、そして半角 15 文字(全角 7 文字)の URL パス欄です。そのスペースを有意義に活用しましょう。広告主様やユーザーが重視する点を踏まえたメッセージを考えます。広告見出しを長くすると、クリック可能なスペースが広がりますが、さまざまな長さの広告見出しを作成するとよいでしょう。すでにお客様のブランドを検索しているユーザーには、広告見出しが短い方が効果的な場合もあります。1 つまたは 2 つの広告見出しが文字制限よりも短いと、3 つすべての見出しが表示される可能性が高くなります。アカウント内のさまざまなタイプのキーワードとともに、アカウントに適したものをテストします。

パスが持つ意味も無視できません。レスポンシブ検索広告に表示される URL は、リンク先がどのような場所なのかを伝える重要な材料です。わかりやすいパスを追加することで、リンク先のサイトで目的の情報や品物が見つかるだろうという安心感をユーザーに与えることができます。

URL パスは、実際の最終ページ URL と厳密に一致している必要はありません。あくまでランディング ページがどのような内容かユーザーに伝えるためのコンテンツです。

次へ: 成果の高い広告を設定する

 

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false