ライトボックス広告の作成

ライトボックス広告はレスポンシブ機能を持つ広告で、掲載枠に合わせて動画や画像ギャラリー、マップなどの広告アセットを組み合わせて表示できます。複数の動画や画像ギャラリー、あるいはその両方を組み合わせて表示することが可能です。この記事では、ライトボックス広告の作成と編集の方法を説明します。機能の概要については、ライトボックス広告の概要をご覧ください。

キャンペーンと入札方式の設定

 

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

 

ライトボックス広告は、ディスプレイ ネットワークのみを対象として、マーケティング目標が [コンテンツの利用] または [広告を表示する] に設定されたキャンペーンで利用できます。[コンテンツの利用] のキャンペーンの場合の入札戦略は、エンゲージメント単価制(CPE)となります。[広告を表示する] の場合は、視認範囲のインプレッション単価制(vCPM)となります。

手順

ライトボックス広告は、キャンペーンの設定後に以下の手順で作成できます。

  1. AdWords 管理画面で、[+ 広告]、[広告テンプレート] の順にクリックします。
  2. [ライトボックス広告] を選択します。
  3. [ライトボックス] を選択します。
  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 広告アセットの一括アップロードを行う場合は、[アセットをアップロード]、[YouTube 動画を追加]、または [ウェブサイトをスキャン] をクリックします。後で他の種類のアセットを追加することもできます。たとえば [ウェブサイトをスキャン] を選択した場合でも、テンプレートのページで動画を追加することが可能です。
    • テンプレートのページに直接移動する場合は、[テンプレートを使って開始] をクリックします。
  5. テンプレートのページの左側で、テキストや画像、各種設定を追加します。変更内容は右側の [プレビュー] で確認できます。
  6. 広告を保存すると審査に送られます。審査の結果承認されれば、広告の掲載が始まります。
 

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。