来店コンバージョンについて

小売店、レストラン、自動車販売店、食料品店など、実店舗への来店を重視するビジネスでは、来店コンバージョンのトラッキングを使用すると、広告が来店促進にどれだけ貢献しているかを把握することができます。

消費者の多くは店舗での購入前にオンラインで情報収集を行っているため、Google 広告を通じてその情報収集の際の判断に影響を与えることで、実店舗への来店を促進できる場合があります。来店コンバージョンを測定すれば、オフラインで発生したコンバージョンを踏まえながら、オンライン広告で得られる効果の全容を明らかにすることができます。来店コンバージョンを使うことで、キャンペーンのオムニチャネルでの掲載結果を最適化し、オンラインとオフライン両方のチャネルで総合的な広告費用対効果(ROAS)を高めることができます。

この記事の内容

来店を使用する方法

  • レポート: 来店に貢献しているキャンペーン、キーワード、デバイスを把握できます。
  • 価値: 来店コンバージョンの価値を設定することで、投資収益率(ROI)を詳細に把握し、広告クリエイティブ、広告費用、入札戦略に関してより詳細な情報に基づいた意思決定が行えるようになります。
  • 最適化: 来店コンバージョンをスマート自動入札戦略に含めて、オムニチャネルの顧客を重視して最適化し、来店数を優先します。

仕組み

How store visit work, here is a digital interaction

Google アカウントにログインし、アカウント設定でロケーション履歴を有効にしているユーザーが、店舗の広告を閲覧して操作します。

How store visits work; a user visiting a physical store

広告を見たユーザーが実店舗を訪問します。

How store visits work – extrapolate, aggregate, and anonymize purchases

ユーザーによる実店舗への来店と広告のエンゲージメントが、プライバシーを保護しながら結び付けられます。来店コンバージョンでは、匿名で集計された統計情報を使用しており、その情報からユーザーの全体的な人数が算出されます。

訪問の可能性が検出されると、アンケートの検証レイヤが追加されることがあります。そのような場合、Google サーベイでは、来店数に関する 1,000 万人以上の Google アンケート モニター ボランティアのパネルからユーザーを選択しています。Google はユーザーの回答を基に、ユーザーが訪れた店を把握し、それらの来店と予測された来店を比較する方法を決定できます。このデータは Google AI の微調整に使用されます。

How store visits work – report in Google Ads

広告をクリックまたは表示した後に来店したユーザーの人数に関する現在と過去のデータを使って、Google 広告で推定値が生成されます。推定結果は Google 広告のレポートで来店数として確認できます。

利用条件

実店舗を所有する広告主様や実店舗で商品を販売している広告主様が一定の条件を満たしている場合、来店コンバージョンをご利用になれます。広告主様のアカウントのレポートを作成するために十分なデータを確保しながら、ユーザーのプライバシーを維持できるように、以下の基準が設けられています。

  • 店舗が来店コンバージョンのレポートの利用対象となる国に所在していること。
  • 店舗がデリケートなカテゴリに該当すると見なされないこと。たとえば、ヘルスケア、宗教、性的なコンテンツ、子供に関連するビジネスの店舗はデリケートであると判断され、来店コンバージョンの対象外となります。
  • 重視する店舗がわかるように、広告で住所アセットアフィリエイトアセットを使用すること。店舗拠点が多ければ多いほど、来店コンバージョンの対象としてデータが十分に得られる可能性が高くなります。
  • Google 広告で、住所アセットまたはアフィリエイト住所アセットが有効であり、キャンペーン単位または広告グループ単位で無効になっていないようにすること。また、キャンペーンでアセットを表示するよう設定すること。キャンペーンで設定を有効にしないと、来店数が報告されず、来店コンバージョンの対象として十分なデータが Google 広告アカウントで得られなくなる場合があります。
  • プライバシー基準に準拠できるよう、広告のクリック数やインプレッション数と実店舗への来店数が十分にあること。来店レポートでは Google の AI を活用しているため、来店数を正確にレポートするには十分な量のデータが必要です。広告主様ごとに状況が異なるので、必要な量は広告主様ごとに異なります。
  • Google マイビジネス アカウントで住所アセットを使用している場合は、店舗の所在地がビジネス プロフィールでセットアップされており、すべての店舗のオーナー確認がビジネス プロフィールで完了していること。

以上の要件を満たしている場合、以下のようになります。

  • アカウントで来店数が自動的にレポートされるようになります。
  • 来店コンバージョンは、キャンペーン レポートの [すべてのコンバージョン] 列と [ビュースルー コンバージョン] 列(YouTube とディスプレイ ネットワークのみ)に追加されます。
  • Google 広告アカウントに「来店」という新しいコンバージョン アクションが作成されます。「来店」のコンバージョン アクションが表示されない場合は、レポートに列を追加すると表示されます。

要件を満たしていると思われるにもかかわらず、来店コンバージョンのデータが表示されない場合は、Google の営業担当者にお問い合わせください。

: 来店コンバージョンは、検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube ネットワークでご利用いただけます。上記の要件はすべてのネットワークに適用されますが、基準はネットワークごとに異なります。ネットワークをまたいで複数の種類のキャンペーンを運用しているアカウントでは、来店コンバージョンを表示できるネットワークとできないネットワークに分かれる場合があります。

Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントで来店コンバージョンを測定する

Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントをお持ちの場合、来店コンバージョンは MCC アカウント単位、またはクライアント アカウント単位でいつでも確認できます。ただし、コンバージョン トラッキングが MCC アカウント単位で設定されている場合、来店コンバージョンは複数のクライアント アカウント間で重複が削除されます。

コンバージョン トラッキングが MCC アカウント単位で設定されている場合、MCC アカウント単位の来店コンバージョンの件数は、MCC アカウントで来店コンバージョンを測定しているすべてのクライアント アカウントの来店コンバージョンの合計と等しくなります。

来店コンバージョンのレポートは MCC アカウント単位で表示できますが、利用要件は MCC アカウント単位ではなく、個別のアカウント単位で満たす必要があります。来店コンバージョンのレポートを表示するには、個別のアカウントごとに利用要件を満たしていなければなりません。

また、来店コンバージョンのレポートが MCC アカウント単位で表示されていても、個別のアカウントすべてで来店コンバージョンをレポートを表示できるとは限りません。同じようなアカウントが 2 つあっても、片方は利用要件を満たしていないということもあります。詳細: 来店コンバージョンについて

来店の「診断」ページを使用する

アカウントの来店コンバージョン レポートについてご不明な点がある場合は、[診断] ページを使用して、来店コンバージョン レポートの全体的な状況を確認できます。こちらのページで、アカウント内で来店コンバージョン レポートに影響を与えている可能性のある具体的な問題など、詳しい情報を確認できます。[診断] ページには、アカウントが来店コンバージョン重視の入札のために最適化されているかどうかについても表示されます。

診断ページにアクセスする方法

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面目標アイコン Goals Icon をクリックします。

  2. セクション メニューで [コンバージョン] プルダウンをクリックします。
  3. 有効な来店コンバージョンのアクション名をクリックして [来店] ページを開き、[診断] をクリックします。
: [診断] ページにアクセスするには、来店をコンバージョン アクションとしてアカウントに設定しておく必要があります。アカウントに来店コンバージョンが設定されていない場合は、来店コンバージョンについてをご覧ください。

診断ページのデータの見方

来店のコンバージョン アクションの [診断] ページには、広告主様が来店コンバージョン レポートの現状を正しく把握できるように、以下の情報が表示されます。
  • 現在のステータス: 来店コンバージョン レポートの状況が表示されます。
  • 地域: アカウントに地域がリンクされているかどうか(アフィリエイト住所アセットまたは住所アセット)が表示されます。
  • 住所アセットを使用しているキャンペーン: アカウントに含まれるキャンペーンのうち、住所アセットを使用しているものの件数が表示されます。来店データは、住所アセットを使用しているキャンペーンでのみレポート対象となります
  • 店舗の拠点情報の確認: 来店コンバージョンのレポートを作成するには店舗の拠点情報の確認が必要なため、ビジネス プロフィールで確認が完了している拠点の割合が表示されます。Google チェーンにリンクして住所アセットまたはアフィリエイト住所アセットを有効にしている場合、これらのビジネスはオーナー確認済みです。
  • データのしきい値: プライバシーの基準を満たし、来店コンバージョンのレポートを作成するのに十分なデータがアカウントにあるかどうかが表示されます。
  • コンバージョン トラッキングの設定: アカウントのコンバージョン トラッキングが MCC アカウント単位で設定されているかどうかが表示されます。これはコンバージョン トラッキングが MCC アカウント単位で設定されている場合にのみ表示されます。
  • コンバージョン値: アカウントで来店コンバージョンにカスタムのコンバージョン値が(たとえば、コンバージョン値レポートやスマート自動入札で使用するために)追加されているかどうかが表示されます。

来店コンバージョンを測定できる国

来店コンバージョンは以下の国で測定できます。

  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブラジル
  • カナダ
  • チリ
  • デンマーク
  • フランス
  • ドイツ
  • インド
  • イタリア
  • 日本
  • マレーシア
  • メキシコ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • シンガポール
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • トルコ
  • アラブ首長国連邦
  • 英国
  • 米国

来店コンバージョンを重視した最適化

実店舗への来店数を増やすことが目標の場合は、来店コンバージョンを重視して最適化できるように、Google 広告アカウントで以下のように設定します。

実店舗の目標に基づく P-MAX

店舗への来店を増やしたい場合は、実店舗の目標に基づく P-MAX キャンペーンを設定することをご検討ください。実店舗の目標に基づく P-MAX キャンペーンの広告は、Google サービス全域で表示されます。Google 検索ネットワーク、Google ディスプレイ ネットワーク、Google マップ、YouTube もこれに該当します。P-MAX キャンペーンを作成する場合は、宣伝する店舗の場所を設定するだけでかまいません。この設定を行うには、ビジネス プロフィール アカウントをリンクするか、アフィリエイトの住所を選択します。詳しくは、実店舗の目標に基づく P-MAX についてをご覧ください。

Local Campaigns (Account Optimization)

スマート自動入札

広告費用対効果を最大化したい場合は、来店重視のスマート自動入札を使用することをおすすめします。来店重視のスマート自動入札を使用すると、店舗への訪問に興味のあるユーザーを特定し、既存の検索キャンペーンとショッピング キャンペーンでオンラインとオフライン両方の効果を高めることができます。来店コンバージョンの価値を設定し、入札単価設定に使用されるコンバージョンに、アカウント全体または一部のキャンペーンで来店コンバージョンを含めます。詳しくは、来店重視のスマート自動入札についてをご覧ください。

来店重視のスマート自動入札は、次のキャンペーン タイプと入札戦略でサポートされています。

キャンペーンのタイプ 入札戦略
P-MAX キャンペーン
  • コンバージョン値の最大化(任意の目標広告費用対効果を設定可能)*
  • コンバージョン数の最大化(任意の目標コンバージョン単価を設定可能)
検索キャンペーン
  • コンバージョン数の最大化
  • コンバージョン値の最大化
  • 目標コンバージョン単価
  • 目標広告費用対効果
  • 拡張クリック単価
ショッピング キャンペーン
  • 目標広告費用対効果
動画キャンペーン
  • コンバージョン数の最大化
  • 目標コンバージョン単価
  • *来店コンバージョンを有効にしている P-MAX キャンペーンでは、コンバージョン値の最大化(任意の目標広告費用対効果を設定可能)が推奨されます。

来店向けコンバージョン アクションの設定を編集する

Google 広告で来店コンバージョンの測定ができるようになった後、コンバージョン アクションの設定に調整が必要になる場合があります。他のコンバージョン アクションと同様に、来店コンバージョンの計測期間、コンバージョン値、アトリビューション モデルなどの設定を編集できます。

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面目標アイコン Goals Icon をクリックします。
  2. セクション メニューで [コンバージョン] プルダウンをクリックします。
  3. [概要] をクリックします。
  4. 編集する来店コンバージョンのアクションをリストから見つけ、その名前をクリックします。すると、そのコンバージョン アクションの設定が表示されます。
  5. [設定を編集] をクリックします。
  6. 編集する設定をクリックして変更を加え、[保存] をクリックします。残りの編集対象の設定すべてについて、この手順を繰り返します。
  7. [完了] をクリックします。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー