複数のアカウントや大規模なアカウントを効率よく管理するツール

複数のアカウントや大規模なアカウントを管理する広告主様は、多くのユーザーに広告を表示しますが、さまざまな種類のデバイスを使用してコミュニケーションやショッピング、エンターテインメントなどを楽しむユーザーが増えるにつれ、ユーザーへのアピール方法も多様になってきています。このため、広告主様が自社についての重要なインサイトを得るためには、大量のデータを効率よく取捨選択しなければなりません。

Google 広告 では、広告主様がビジネスをシンプルかつ柔軟な方法で管理できるように、以下の作業を実行できる優れたツールを無料で提供しています。

  • 広告の作成とカスタマイズ
  • キャンペーンへの大規模な変更
  • 入札単価の自動調整
  • 高性能なレポートと分析機能による広告掲載成果の測定

各ツールの詳細については、下記の説明をご覧ください。また、リンクからは追加情報をご覧いただけます。

複数の Google 広告 アカウントを 1 か所で管理

複数の Google 広告アカウントを管理されている広告主様は、クライアント センター(MCC)アカウントを利用すると、他の MCC アカウントを含むすべての Google 広告アカウントの確認と管理を 1 か所で行えるため、作業時間を短縮することができます。MCC アカウントの詳細

広告の最適化ツール

下記のツールを利用して、複数のアカウントで広告を効率よく作成、テスト、更新することができます。

  • ビジネスデータ: Google 広告 内のビジネス情報がまとめられています。情報にアクセスしてリアルタイムで広告を更新することができます。ビジネスデータの詳細
  • 広告カスタマイザ: 広告をリアルタイムの更新でカスタマイズするよう指定することができます。広告カスタマイザの詳細
  • 改良版 URL 管理システム: 改善された Google 広告の URL 管理システムです。これにより、ランディング ページとトラッキング パラメータを別々に管理できます。また、カスタム URL パラメータの作成や、アカウント管理作業の削減、広告の審査期間の短縮、ランディング ページに対するウェブクロールの回数の削減が可能になります。改良版 URL 管理システムの詳細

拡張と効率化ツール

下記のツールを利用して、複数のアカウントに対して迅速に大幅な変更を適用して時間を節約することができます。

  • キャンペーン設定の一括編集: 地域、言語、広告のローテーションなどの設定を一括で変更します。フィルタを利用すれば、たとえば、ある地域をターゲットに設定したすべてのキャンペーンをすばやく特定することが可能です。設定の一括編集キーワードの一括編集、または広告文の一括編集の詳細
     
  • 広告表示オプションの一括編集: 広告表示オプションを効率よく管理することができます。たとえば、表示オプションの変更やデバイス設定の編集を一括で行ったり、数回クリックするだけで複数のキャンペーンや広告グループで表示オプションを作成したり、スプレッドシートを使用して表示オプションの作成や編集を行ったりすることが可能です。表示オプションの一括編集についての詳細
  • アカウント間で高度なスクリプトを実行: シンプルな JavaScript コードを使用して、MCC アカウントを含む複数のアカウントに、大幅にカスタマイズした変更を加えることができます。また、カスタマイズしたレポートを作成し、Google スプレッドシートからデータを取得することも可能です。Google 広告 スクリプトの詳細
  • 一括アップロードによる変更の適用: スプレッドシートをダウンロードしてオフラインで編集し、更新したスプレッドシートをアカウントにアップロードすることで簡単に変更を適用できます。また、統合された変更のプレビューと起こりうるエラーの確認を行ったうえで、変更を適用することができます。一括アップロードの詳細
  • Google 広告エディタの活用: Google 広告エディタ を利用すると、キャンペーンをダウンロードし、高度な一括編集機能を使ってキャンペーンの編集や作成を迅速に行ってから、変更内容を Google 広告にアップロードすることができます。このツールでは、複数のアカウントを管理、表示することもできます。また、キャンペーン間でのアイテムのコピーや移動、アカウント内のアイテムの検索、アカウントの統計情報の表示が可能なほか、変更内容を元に戻したりやり直したりできます。最大の利点はオフライン作業が可能なことです。 Google 広告 Editor について

自動入札機能

数百、数千というキーワードの入札単価を管理している広告主様には、大規模なリアルタイム ビッダーの利用に自動入札戦略を活用することをおすすめします。これらの入札戦略では、特定のキャンペーン、広告グループ、キーワードに対する掲載目標に合わせて入札単価が最適化されますが、最も重要なキーワードについては個別の単価設定で制御することができます。

利用可能な入札戦略をいくつかご紹介します。
  • 目標コンバージョン単価(CPA): 平均コンバージョン単価を目標値に抑えつつコンバージョンをできるだけ多く獲得できるよう、入札単価が自動的に設定されます。
  • 目標広告費用対効果(ROAS): 広告費用対効果の平均値の目標達成を目指しながら、コンバージョンの価値が最も高まるよう入札単価が自動的に設定されます。
  • クリック数の最大化: 選択した目標予算の範囲内で最大限のクリックを獲得できるよう入札単価が自動的に設定されます。
  • 検索ページの目標掲載位置: 検索結果の最初のページやページ上部に広告が表示されるよう入札単価が自動的に調整されます。
  • 目標優位表示シェア: 検索結果ページで別のドメインの広告よりも上位に広告を表示できるよう、入札単価が自動的に設定されます。

有用なレポートツールと解析ツール

実用的な分析データやレポートを表示して掲載結果を総合的に分析し、効果的なビジネス上の意思決定に役立てることができます。

 

  • オークション分析: 同じオークションに参加している他の広告主様と掲載結果を比較し、掲載機会を逃していないか確認できます。この情報は、入札単価や予算、キーワードを設定する際の参考になります。オークション分析レポートの詳細
  • コンバージョンのインポート: 見込み顧客は、AdWords 広告をきっかけにしてオフラインでコンバージョンに至る場合もあります。また、返品をデータから除外するために、オンラインでの取引成立から 30 日後にコンバージョンを記録するよう設定したい場合もあるかもしれません。Google 広告 のコンバージョンのインポート機能を使用すれば、こうしたケースに対応できます。オフライン コンバージョンのトラッキングに関する詳細
  • ラベル: キーワードやキャンペーン、広告グループ、広告にラベルを適用すると、迅速に重要なデータのみを抽出して確認できるようになります。ラベルの詳細
  • 地域レポート: 地域情報を利用して、地域別の広告の掲載結果を効果的に把握できます。ユーザーの所在地や、ユーザーの関心が高い地域を確認できます。住所表示オプションを使用している場合は、距離レポートを使用すると、ビジネス拠点からの距離を基準に広告の掲載結果を確認することができます。地域別の掲載結果の測定に関する詳細
  • 検索語句レポート: 広告の表示につながった検索語句を確認し、どのようなキーワード(および除外キーワード)を設定すべきかを効果的に判断できます。検索語句レポートの詳細
  • 表示項目の変更: 統計情報の表では、表示項目をカスタマイズして、特に重要度の高いデータを分割して表示することができます。表示項目のカスタマイズに関する詳細
  • キャンペーンの詳細レポート: 各キャンペーンで使用されている機能、設定、属性を把握し、アカウントに関する問題点や新たなビジネス チャンスを特定することができます。
  • レポート エディタ: 高度なレポートツールにより多次元的なデータ分析を行い、ピボット テーブル、表、グラフを直接 AdWords 内で作成することができます。レポート エディタの詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。