ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定する

コンバージョン トラッキングを利用すると、広告のクリックが商品購入、申し込み、資料請求といった成果にどの程度つながっているか調べることができます。
この記事では、コンバージョン アクションを作成してサイトでのユーザー行動を計測する方法を説明します。Google 広告アカウントでコンバージョン アクションを設定し、「タグ」というコードを取得します。コンバージョン トラッキングの設定を完了するには、コンバージョン トラッキング タグをウェブサイトに設置します

はじめに

ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定するにあたり、以下が必要です。

  • ウェブサイト: コンバージョン トラッキング用のコード(「タグ」といいます)を設定するサイトです。
  • ウェブサイトの編集権限: タグをウェブサイトに設定する権限が必要です。

この記事では、コンバージョン トラッキングの設定方法を説明します。コンバージョン トラッキングの仕組みとメリットについては、コンバージョン トラッキングの詳細をご覧ください。

ウェブサイト以外のコンバージョン トラッキングについては、コンバージョン トラッキングのその他の種類をご確認ください。

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

ステップ 1: コンバージョン アクションを作成する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックします。
  4. [ウェブサイト] をクリックします。
  5. [コンバージョン名] の横に、トラッキングするコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに、識別しやすい名前を付けてください(「ニュースレターの配信登録」や「ウェディング ブーケの購入」など)。
  6. [カテゴリ] の横のプルダウン メニューから、そのコンバージョン アクションに当てはまるカテゴリを選択します。ここで指定したカテゴリを使ってレポートのコンバージョン データを分割すれば、同じカテゴリのコンバージョン データをまとめて確認できます。
  7. [値] で、各コンバージョンの値をトラッキングする方法を選びます。
    • すべてのコンバージョンに同一の価値を割り当てる: 1 回のコンバージョンがもたらす価値(金額に換算したもの)を入力してください。
    • コンバージョンごとに異なる価値を割り当てる: 価格の異なる商品の購入などをトラッキングする場合に選択します。このオプションを選択する場合は、後ほどコンバージョン トラッキング タグを設定する際に、トランザクション別に値をトラッキングするようにタグをカスタマイズする必要があります。
    • このコンバージョン アクションでは値は使用しない
  8. [カウント方法] の横で、このコンバージョンのカウント方法を選択します。
    • 初回のみ - このオプションは、1 回の広告のクリック経由で達成されるコンバージョンがビジネスに 1 回だけ価値をもたらすような場合に選択します。サイトでのメンバー登録など、見込み顧客の獲得に該当するコンバージョンに最適です。
    • 全件 - このオプションは、すべてのコンバージョンがビジネスに価値をもたらすような場合に選択します。購入に該当するコンバージョンに最適です。
  9. [コンバージョン計測期間] をクリックします。広告とユーザーとの接点が発生した後にコンバージョンを測定する期間をプルダウンから選択します。選択できる期間は 1~90 日間です。詳しくは、計測期間についてをご確認ください。
  10. [ビュースルー コンバージョン計測期間] をクリックします。ビュースルー コンバージョンを測定する期間をプルダウンから選択します。選択できる期間は 1~30 日間です。
  11. [コンバージョン列に含める] をクリックします。 デフォルトで有効になっているこの設定では、任意のコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列に含めるかどうかを指定できます。この設定を無効にしても、[すべてのコンバージョン] 列にはデータが含まれます。スマート自動入札を使用していて、コンバージョン アクションを入札戦略に含めない場合も、この設定を無効にします。詳しくは、「コンバージョン列に含める」設定についてのヘルプセンター記事をご確認ください。
  12. [作成して続行] をクリックします。

これで、作成したコンバージョン アクションが画面に表示されます。次のセクションの手順に沿って、タグを設定します。

重要: コンバージョン アクション グループを使用して、含まれるコンバージョンをキャンペーン単位で管理している場合は、すべての適切なグループにこの新しいアクションを追加してください。そうしないと、これらのキャンペーンはこのアクションに合わせて最適化されるようになりません。

ステップ 2: コンバージョン トラッキング タグを設定する

初めてウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定する際には、ウェブサイトにグローバル サイトタグとイベント スニペットという 2 つのコード スニペットを実装します。

グローバル サイトタグを実装すると、ウェブサイトを訪れたユーザーが「すべての訪問者」を対象とするリマーケティング リストに追加され(リマーケティングを設定している場合)、ドメインに新しい Cookie が設定されます。この Cookie には、ウェブサイトにユーザーを誘導した広告のクリックに関する情報が保存されます。Google 広告のコンバージョン トラッキング タグは、このクリック情報を使用して、コンバージョンを Google 広告キャンペーンに関連付けます。データ収集に関する明確で包括的な情報をユーザーに開示し、法律的に必要な場合は、データ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

グローバル サイトタグは、サイトの各ページに実装する必要がありますが、Google 広告アカウントごとに必要なグローバル サイトタグはひとつのみです。

イベント スニペットは、コンバージョンとしてカウントされるアクションをトラッキングします。コンバージョンをトラッキングするサイトページにこのスニペットを実装します。各コンバージョン アクションには関連するイベント スニペットがありますが、グローバル サイトタグは Google 広告アカウント内のすべてのコンバージョン アクションで共通です。

タグのインストール方法を以下の 2 つから選択します。

方法 1: タグを自分でインストールする

  1. [グローバル サイトタグ] で、状況に最も適したオプションを選択し、手順に沿ってタグをインストールします。
    • ウェブサイトにグローバル サイトタグをインストールしていません: アカウントでコンバージョン アクションのタグを初めて設定し、別の Google サービスからグローバル サイトタグをインストールしていない場合は、このオプションを選択します。このオプションでは、完全なグローバル サイトタグが発行されます。タグを実装するには、タグコードをコピーしてウェブサイトの各ページの <head></ head> タグの間に貼り付けます。


      以下にグローバル サイトタグの例を示します。この例では、「AW-CONVERSION_ID」は Google 広告アカウントに固有の conversion ID を表します。

      <script async
      src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-CONVERSION_ID"></script>

      <script>

        window.dataLayer = window.dataLayer || [];

        function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

        gtag('js', new Date());

        gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID');

      </script>

    • グローバル サイトタグを Google の別のサービス(例: Google アナリティクス)または別の Google 広告アカウントからウェブサイトに設置しました: このオプションが当てはまる場合、ウェブサイトにグローバル サイトタグを再度追加する必要はありません。ただし、コンバージョン トラッキングをこのアカウントで使用するには、config コマンド(conversion ID を含むコード)をグローバル サイトタグのすべてのインスタンスに追加する必要があります。このオプションでは、そのコマンドが発行されます。この例では、「AW-CONVERSION_ID」はアカウントの conversion ID を表します。


      gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID');

      ウェブサイトのグローバル サイトタグのすべてのインスタンス(</script> エンドタグの真上)に config コマンドを追加します。

      Google アナリティクスと Google 広告の両方に設定されるグローバル サイトタグの例を次に示します。Google 広告アカウントの config コマンドがハイライト表示されています。

      <script async
      src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID">

      </script>

      <script>

        window.dataLayer = window.dataLayer || [ ] ;

        function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

        gtag( 'js', new Date () ) ;

        gtag( 'config', 'GA_TRACKING_ID');

        gtag( 'config', 'AW-CONVERSION_ID');

      </script>

    • 別のコンバージョン アクションをこの Google 広告アカウントで作成したときに、グローバル サイトタグをウェブサイトにすでにインストールしました: このオプションが当てはまる場合、ウェブサイトにグローバル サイトタグを再度追加する必要はありません。グローバル サイトタグがサイトのすべてのページに設定し、タグの各インスタンスの config コマンドにアカウントの conversion ID が含まれるようにしてください。このオプションを選択すると conversion ID が発行されます。

  2. (省略可)必要に応じて、グローバル サイトタグを変更します。   
    • リマーケティング リストにウェブサイトの訪問者を追加したくない場合は、以下のハイライト表示されている部分をグローバル サイトタグの 'config' コマンドに追加してください。
      gtag('config',' AW-CONVERSION_ID',{'send_page_view': false});

    • サイトのドメインにファースト パーティの Cookie を設定したくない場合は、以下のハイライト表示されている部分をグローバル サイトタグの 'config' コマンドに追加してください。
      gtag('config',' AW-CONVERSION_ID',{'conversion_linker': false});

      コンバージョンの計測精度が低下するため、オプトアウトはおすすめしません。
    • リマーケティング データの収集を無効にする場合は、ハイライト表示された gtag('set')コマンドを、gtag('js')コマンドの上にあるグローバル サイトタグに追加します。これにより、設定済みのすべての Google 広告アカウントでリマーケティング データの収集が無効になります。

      <script async
      src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-CONVERSION_ID"></script>

      <script>

      window.dataLayer = window.dataLayer || [];

      function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

       gtag('set', 'allow_ad_personalization_signals', false);

       gtag('js', new Date());

       gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID');

      </script>

  3. グローバル サイトタグをコピーし、こちらの手順に沿ってウェブサイトに追加します。

  4. [イベント スニペット] で、「ページの読み込み」と「クリック」のどちらをコンバージョンとしてトラッキングするかを選択します。
    • ページの読み込み: 購入や申し込みの確認ページなどのコンバージョン ページが読み込まれたときに、コンバージョンをカウントします。通常は、こちらを選択します(デフォルト)。詳しくは、Google のセキュリティ基準に関する記事をご確認ください。
    • クリック: 「今すぐ購入」ボタンなど、指定したボタンやリンクがクリックされたときにコンバージョンをカウントします。
  5. イベント スニペットをコピーし、手順に沿ってウェブサイトに追加するか、[スニペットをダウンロード] をクリックして後で追加します。
    • ページ読み込みをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、トラッキングしているページにイベント スニペットを追加します。
    • クリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、クリック数をトラッキングするボタンやリンクがあるページにイベント スニペットを追加します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。
  8. ウェブサイトのクリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、こちらの手順に沿って、トラッキングするボタンやリンクにコードを追加します。この手順は、コンバージョン トラッキングが機能するために必要です。

方法 2: Google タグ マネージャーを使用する

Google タグ マネージャーとは、ウェブサイトに含まれるタグやコード スニペットを素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。Google タグ マネージャーを使用して、コンバージョン トラッキング タグを設置することもできます。

  1. コンバージョン アクションの [コンバージョン ID] と [コンバージョン ラベル](このタブに表示)をコピーします。
  2. Google タグ マネージャーで Google 広告コンバージョン トラッキングを設定する手順を行います。重要: すべてのブラウザで適切にトラッキングするには、コンバージョン リンカータグを追加して、すべてのウェブページで呼び出されるように設定してください。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。
  5. ウェブサイトのクリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、Google タグ マネージャーで追加の設定手順を完了します。この手順は、コンバージョン トラッキングが機能するために必要です。下記の 2 つのオプションのうちのひとつを選択します。
  • 基本: 関連するクリックが発生した際にコンバージョン トラッキング タグが呼び出されるようにクリック トリガーを設定します。
  • 詳細: リンク、ボタン、ボタン画像のコードに関数呼び出しを追加します。次に、イベント(この例ではクリック)が発生した際にコンバージョン トラッキング タグが呼び出されるようにカスタム イベント トリガーを設定します。

ヒント: Google タグ マネージャーでコンバージョン トラッキング タグをインストールする

コンバージョン トラッキング タグは、ウェブサイト コードに手動で追加する代わりに、Google タグ マネージャーを使ってインストールできます。次の情報をご入力ください。
  • Conversion ID
  • Conversion label
この情報は、コンバージョン アクションのイベント スニペットで確認できます。以下のスニペット サンプルでは、AW-CONVERSION_ID はアカウント固有の conversion ID、AW-CONVERSION_LABEL はコンバージョン アクションごとに一意の conversion label を表します。
<!-- Event snippet for Example conversion page -->
<script>
  gtag('event', 'conversion', {'send_to': 'AW-CONVERSION_ID/AW-CONVERSION_LABEL',
    'value': 1.0,
    'currency': 'USD'
  });
</script>

サイトの訪問者にデータ収集について通知する

ウェブサイトで収集するデータに関しては、ユーザーに明快かつ包括的な情報を開示し、法律上必要な場合はデータ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

ウェブサイトのトラッキングにおけるセキュリティーとプライバシー

Google では、厳格なセキュリティ基準を設けています。このツールでのトラッキングの対象となるのは Google のコンバージョン タグを含むページに限られます。また、データの暗号化とセキュリティで保護されたサーバーを導入しています。

ウェブサイトで収集するデータに関しては、ユーザーに明快かつ包括的な情報を開示し、法律上必要な場合はデータ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。