Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)について

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)は Google アナリティクスの習熟度を認定する資格で、Google アナリティクス理解度テストに合格した個人に付与されます。認定ユーザーになることで、社内でも社外の顧客に対しても Google アナリティクスの機能を最大限に活かせるようになります。認定資格を取得するための理解度テストは、Google のオンライン トレーニング プログラムである Academy for Ads を利用して受けることができます。

はじめに

Google 広告の理解度テストを受けて認定資格を取得するには、スキルショップ アカウントを作成しておく必要があります。スキルショップ アカウントの設定方法をご確認ください。

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)の仕組み

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を取得するには、Google アナリティクス理解度テストに合格する必要があります。Academy for Ads アカウントを作成すると、Google アナリティクス理解度テストを受験できるようになります。

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)理解度テストは 19 言語に対応しています。

利用可能な言語: チェコ語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、オランダ語、英語(英国)、英語(米国)、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、スロバキア語、スペイン語、スペイン語(ラテンアメリカ)、タイ語、トルコ語、ベトナム語

個人認定資格を他のユーザーに示す際のガイドライン

個人認定資格は基本的な Google アナリティクスの習熟度を表します。ただし、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)バッジを作成したり表示したりすることは Google のブランド表示ポリシー違反に該当し、Google の商標権を侵害する可能性がありますのでご注意ください。バッジを作成したり表示したりすると、認定が取り消される場合があります。

よくある質問

個人認定資格と Google Partner バッジの違いは何ですか?

  • 認定対象は個人: Google Partners プログラム参加代理店に所属していれば、どなたでも Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を取得することができます。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)理解度テストに合格すると、Google 発行の個人認定証を提示して自身の実績を示すことができます。
  • バッジを取得するのは代理店: Partner ステータスの要件を満たす代理店が Google Partner のバッジを獲得し、「Google Partner」と称することを許可されます。プログラムに参加しただけで代理店が「Google Partner」になるわけではないことにご注意ください。

個人認定資格と Google アナリティクス認定パートナーの違いは何ですか?

Google アナリティクス認定パートナー(GACP)は、一連の厳しい基準に合格し、認定コンサルタントとして承認された専門サービスを提供する組織です。認定パートナー各社は、Google アナリティクス専門サービス サポートのページに一覧表示されています。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)は、Google アナリティクスの習熟度の証明を希望する個人向けの資格です。Google アナリティクスの個人認定資格を有するだけで、Google アナリティクス認定パートナーになるわけではありません。認定コンサルタントになる方法については、こちらのページをご覧ください。

理解度テストを受験する方法

Academy for Ads で、タイトルに「認定資格」と表示されているラーニングパスから Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)理解度テストを受験できます。

詳しくは、Academy for Ads で理解度テストを受け、認定資格を取得する方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。