フィードやビジネスデータについて

アカウントで複数のデータフィードをアップロード、管理して、Google 広告のキャンペーン全体で使うことができます。ビジネスデータとは、広告、広告表示オプション、ターゲティングなどで使用するデータソースの提供や管理を行う場所です。ビジネスデータを使用すると、アップロードの履歴と広告のステータスを一目で確認することができます。また、全体的なクリック数、表示回数、ビジネスデータ フィードに関連したキャンペーンを表示することができます。

ビジネスデータとして格納されるデータ

Google 広告アカウントの [ビジネスデータ] には、広告カスタマイザや広告表示オプション、ターゲット地域、動的ディスプレイ広告のデータなど、アカウントに関連するデータが表に表示されます。

広告カスタマイザのデータ

広告カスタマイザとは、テキスト広告をユーザー検索の文脈(検索ネットワークの広告の場合)やユーザーが閲覧しているウェブサイト(ディスプレイ ネットワークの広告の場合)に適合させるパラメータです。

  • 広告カスタマイザは、広告カスタマイザのデータを参照して広告文を動的に変更します。
  • 広告カスタマイザのデータは Google 広告アカウントの [ビジネスデータ] からアップロードします。
広告カスタマイザの作成方法の詳細

広告フィードを動的に表示する

自社の商品やサービスを広告に動的に取り込んで表示するには、動的ディスプレイ広告フィードを作成します。このフィードは、広告に取り込む商品やサービスの目録となります。

  • 行には商品やサービスを記載します。列には画像や価格などの各商品やサービスの属性を記載します。
  • Google 広告アカウントの [ビジネスデータ] でフィードをアップロードします。
  • フィードを動的リマーケティング キャンペーンに関連付けます。
動的ディスプレイ広告フィードについて、詳しくはこちらをご覧ください。

広告表示オプションのデータ

広告表示オプションが追加、編集されるたびに、Google 広告アカウントの [ビジネスデータ] にも広告表示オプションのデータが自動的に作成されます。たとえば、サイトリンク表示オプションのテキストや URL を登録した「メインのサイトリンク フィード」などが作成されます。

  • 項目をクリックすると、その広告表示オプションの承認状況、ポリシーの詳細、掲載結果データが表示されます。
  • このページで、複数のキャンペーンや広告グループなどで共有している広告表示オプションを編集できます。
  • 複数のキャンペーンや広告グループで広告表示オプションを共有している場合でも、各広告表示オプションのデータは 1 項目にまとめて表示されます。
  • ここでは広告表示オプションのデータを編集できます。新しい広告表示オプションを作成する場合は、広告表示オプションについての記事をご覧ください。

ターゲット地域のデータフィード

ターゲット地域のデータをアップロードして、キャンペーン全体で複数の地域を広告のターゲットに設定することができます。次のような場合、この管理画面を使用して地域をターゲットに設定することができます。

  • 自動車のディーラーのような自社商品を流通させる拠点がない。
  • 自社の商品やサービスに関する場所を訪れているユーザーにリーチしたい。たとえば、特定のプロ野球チームのファンにアプローチするには、そのチームの球場がある地域をターゲットにします。
ターゲット地域のデータの作成方法についてはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。