「動画広告」理解度テストの学習ガイド

YouTube の予約制メディア プレースメントについて

広告主様や広告代理店は、広告の表示回数を基準とするお支払い(インプレッション単価)または 1 日の予算を指定してのお支払いをご希望の場合、Google 広告オークションではなく、予約購入によってプレースメントを確保することができます。また純広告キャンペーンでは、一定の表示回数を定額料金で確保することができます。

純広告はブランド認知度向上に効果的で、たとえば新規市場に参入する場合、新しい商品やサービスを展開する場合、商品やサービスのブランド変更を図る場合などに最適です。

純広告キャンペーンについて

純広告キャンペーンの設定は Google の広告チームが行います。

注意事項:

  • 純広告キャンペーンには最低利用額が設定されています。
  • マストヘッド広告を予約する場合、Google の技術チームとのキックオフ コールに参加し、仕様、所要時間、期待できる成果などを確認することをおすすめします。
  • Google の広告チームより週に 1 回キャンペーンの掲載結果レポートが送信されます。レポートを確認し、必要に応じて掲載結果改善のための変更を指示してください。

純広告のメリット

  • コントロールが容易: 定額料金で一定の表示回数を確保できます。
  • 高い露出度: YouTube トップページに広告を掲載できます。
  • ブランド認知度: 幅広いユーザー層に広告を表示できます。たとえばクライアントが自社イメージやスローガンを変更したり、ターゲット ユーザー層を切り替えたりする場合、純広告キャンペーンを利用すれば、オークション ベースのキャンペーンよりも多くのユーザーに広告を見てもらうことが可能です。

純広告の購入

純広告は、固定インプレッション単価(CPM)ベースまたは固定の 1 日の費用(CPD)ベースで購入できます。料金の見積もりとキャンペーンの表示回数の目標については、Google の広告チームにご相談ください。

注意事項:

  • インプレッション単価キャンペーンは 6 営業日以上前に予約する必要があり、クリエイティブ アセットをキャンペーン開始日の 4 営業日以上前までに送信する必要があります。
  • 1 日の費用によるキャンペーンは数週間前に予約する必要があり、クリエイティブを 9 営業日前までに送信する必要があります。
インプレッション単価制で購入できる広告フォーマットは次のとおりです。
  • 標準インストリーム: 動画の前に表示される、スキップ不可の広告です。シンプルで強力なメッセージを、高い露出度で掲載したい場合に最適です。このフォーマットではインプレッションが強制的に発生し、動画の再生回数としてはカウントされません。標準のインストリーム広告の最大再生時間は 15 秒または 30 秒です。最大 30 秒の広告は再生時間の長いコンテンツ(10 分以上の動画)にのみ掲載できます。
  • インストリーム セレクト: ユーザーが動画再生を開始する前(プレロール)に表示されるスキップ可能な動画広告です。広告の再生時間は最大 60 秒で、再生開始から 5 秒でスキップ可能になります。このフォーマットは YouTube 動画広告の再生回数としてカウントされます。広告がスキップされたかどうかを問わず、インプレッション単価で広告料金が発生します。インストリーム動画広告の詳細
1 日の費用に基づく単価設定で購入できる広告のフォーマットは次のとおりです。
  • デスクトップ カスタム マストヘッド: 970×250 ピクセルのページはめ込みユニットで、YouTube トップページのナビゲーション バーの下に、ページ幅全体を使って表示されます。この広告ユニットには動画を含めることができ、ブランド関連のアクティビティとブランド関連検索の増加を促します。デスクトップ カスタム マストヘッドの詳細
  • デスクトップ ユニバーサル ビデオ マストヘッド: YouTube トップページに表示される 780×195 ピクセルの広告ユニットです。片側に動画、もう片側には情報パネルか Flash / イメージ パネルが表示されます。Flash / イメージ パネルは、ユーザーのクリックで展開するようにもできます(ユーザーの操作で閉じることも可能です)。デスクトップ ユニバーサル ビデオ マストヘッドの詳細
  • モバイル ビデオ マストヘッド: YouTube の各種携帯端末 / タブレット向けトップページに表示されるユニットです。これには Android ネイティブ モバイルアプリ、iOS アプリ、スマートフォン / タブレット向けの m.youtube.com などが含まれます。このユニットには、動画のサムネイル、チャンネル アイコン、カスタマイズ可能な見出しと説明文が表示されます。モバイル ビデオ マストヘッドの詳細

広告のターゲット設定

インプレッション単価で購入する純広告で選択できるコンテンツ ターゲット オプションとオーディエンス ターゲティング オプションは次のとおりです。

  • トピック: YouTube の動画トピックの中からトピックを選択できます。たとえば、家族向けコンテンツにインプレッション単価による純広告を掲載するよう指定できます。
  • インタレスト: ウェブ閲覧のパターンや視聴済みコンテンツから推定できる、視聴者の関心分野(スポーツや趣味など)によるターゲティングが可能です。
  • アフィニティ カテゴリ: 特定のテーマに関心を示したことがあり、今後も関連するコンテンツを視聴する可能性が高いユーザーをターゲットに設定できます。このターゲティング方法では、オフライン キャンペーンのターゲット層に近いユーザー層にリーチすることも可能です。
  • ユーザー属性: 指定したユーザー属性に一致する可能性が高いユーザーにアプローチすることができます。年齢層、性別、子供の有無などの指定が可能です。
  • 最上位の掲載位置: インストリーム広告に適用できるターゲティング オプションです。インプレッション単価を上乗せすることで、ユーザーがそのセッションで目にする最初の動画広告というポジションを確保できます。テレビ広告で、追加料金を支払ってコマーシャルの先頭の枠を確保するのと似た概念です。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。