vCPM キャンペーンで視認範囲のインプレッション数を確認する

見込み顧客の目に入る位置に広告が表示された場合にのみ料金を支払うようにするには、視認範囲のインプレッション単価(vCPM)制をご利用いただけます。この入札戦略では、ユーザーが見る可能性の高い広告スロットに重点的に広告を掲載するよう入札単価が最適化されます。広告のクリック数より表示回数を重視する場合に最適です。

この記事では、キャンペーンで視認範囲のインプレッション単価を使用するにあたって知っておく必要のある事項をご紹介します。また、そうしたキャンペーンの広告の視認範囲のインプレッション数を確認する方法もご説明します。

仕組み

視認範囲のインプレッション単価では、視認可能なインプレッション 1,000 回あたりの入札単価を設定します。料金は、視認可能とみなされたインプレッションについてのみお支払いいただきます。広告が「視認可能」とみなされるのは、広告の面積の 50% が画面に表示された時間がディスプレイ広告では 1 秒以上、動画広告では 2 秒以上あった場合です。視認範囲のインプレッション単価を使用すると、広告が特定のプレースメントの視認可能な位置に表示されたときの実際の価値に対して入札できます。詳しくは、視認範囲のインプレッション単価についての記事をご覧ください。.

一般に、従来のインプレッション単価キャンペーンと同等のトラフィックを得るには、視認範囲のインプレッション単価をやや高めに設定する必要があります。ただし、適切な入札単価は、皆様の目標に合わせて判断いただくことをおすすめします。

視認範囲のインプレッション単価による入札戦略は、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンでのみご利用いただけます。この入札戦略を使用するキャンペーンで、この入札戦略に対応していない広告を作成しても掲載されません。

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で「従来版」を選択します。詳細

視認範囲のインプレッション数は管理画面のレポートに表示されます。視認範囲のインプレッション単価制のキャンペーンで獲得した視認範囲のインプレッション数は、次の手順で確認できます。

  1. [キャンペーン]、[広告グループ]、[広告]、または [ディスプレイ ネットワーク] タブで、表の上にある [表示項目] メニューをクリックします。
  2. 視認範囲のインプレッション単価の既定の表示項目を追加するには、[ブランディング] を選択します。
  3. 特定のアクティブ ビュー指標を追加するには、[表示項目の変更] をクリックして、[掲載結果(アクティブ ビュー)] 指標グループをクリックします。レポートに表示する項目の横にある [追加] をそれぞれクリックします。
  4. 表に戻ると、以下の項目が表示されています。
    • 視認範囲のインプレッション: 視認範囲のインプレッション数が表示されます
    • 視認範囲のクリック率: 視認可能となった広告をユーザーがクリックした割合が表示されます
    • 視認範囲の平均インプレッション単価: 視認範囲のインプレッション 1,000 回あたりの平均費用が表示されます
    • 測定可能なインプレッション: 測定可能なインプレッション数が表示されます(配信されるすべてのインプレッションが測定可能なわけではありません)
    • 測定可能な費用: 測定が可能だったインプレッションの合計費用が表示されます
    • 測定可能率: 配信されたインプレッション全体のうち、測定可能だったインプレッションが占める割合が表示されます
    • 視認可能率: 測定可能だったインプレッションのうち、視認可能だったインプレッションが占める割合が表示されます

広告グループのデフォルトの入札単価は、[上限インプレッション単価] 列の「(視認可能)」というラベルの横に表示されます。これにより、掲載結果データの表で視認範囲のインプレッション単価を迅速に確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。