[すべてのコンバージョン] について

コンバージョン アクションの価値は、それぞれに異なります。メイン目標にあたるコンバージョン アクションもあれば、参考にはなるものの入札単価の調整までは必要ないアクションもあるでしょう。しかしながら、すべてのコンバージョン数をまとめて確認すると、ビジネスの成果を幅広い視点で捉えることができます。

[すべてのコンバージョン] 列では、Google 広告経由で獲得したすべてのコンバージョン数を確認できます。この列には、メインの [コンバージョン] 列に含めないよう設定したコンバージョン アクションのデータも含まれます。

メリット

[すべてのコンバージョン] 列では、スマート自動入札で使われるメインの [コンバージョン] 列には含まれないコンバージョン アクションも含め、すべてのコンバージョン アクションのデータから、価値ある行動につながっているキャンペーン、広告、キーワードを柔軟に分析できます。[すべてのコンバージョン] 列はどのレポートにも追加でき、さまざまなディメンション別にデータを分割して Google 広告での成果を評価できます。

  • [すべてのコンバージョン] 列をコンバージョン アクション別に分割すると、メインの [コンバージョン] 列に含まれていないアクションも含め、すべてのコンバージョン アクションごとに関連付けられたコンバージョン数を確認できます。
  • モバイルの入札単価を最適化するには、[すべてのコンバージョン] 列をデバイスの種類ごとに分割してデータを分析します。
  • [すべてのコンバージョン] 列をコンバージョンの発生元で分割すると、コンバージョンがどこで発生したのか、来店コンバージョンは何件だったかなどを確認できます。こうした情報を把握すれば、オンラインとオフラインでの予算配分をより的確に判断することができます。

要件

[すべてのコンバージョン] を利用するには、ウェブサイトでの行動電話での問い合わせ実店舗への来店アプリ内での操作など、該当する各種コンバージョン トラッキングを設定する必要があります。

[すべてのコンバージョン] 列を確認するには、Google 広告にログインして、次の手順に従います。

  • 左側のページメニューのリンク([キャンペーン] など)をクリックし、[すべてのコンバージョン] 列を探します。この列が表に含まれていない場合は、掲載結果の表の上にある表示項目アイコン 列 をクリックすると、表示項目として指定できます。


[すべてのコンバージョン] 列が見当たらない場合、デフォルトではレポートに表示されていない可能性があります。レポートに列(表示項目)を追加する方法をご確認ください。

[すべてのコンバージョン] のデータを最大限に活用するには、ある程度の数のコンバージョンが必要です。

ビュースルー コンバージョンのデータは [コンバージョン] 列には含まれず、[ビュースルー コンバージョン] 列にのみ含まれます。

仕組み

[すべてのコンバージョン] には [コンバージョン] 列のデータに加え、[コンバージョン] 列に含めていないコンバージョン アクション、実店舗への来店、電話での問い合わせなどのデータも含まれます。このようなコンバージョンをトラッキングすることで、ユーザーがお客様のビジネスにどのように関わっているかをより詳細に把握したり、広告掲載の効果を測定したりするのに役立ちます。

「すべてのコンバージョン」に含まれるデータ

各種コンバージョンの発生元に関する詳細は以下で確認できます。オンライン広告に投資する際の判断材料としてお役立てください。

[コンバージョン列に含める] チェックボックスをオフにしたコンバージョン

コンバージョン アクションの作成や編集の際に [コンバージョン列に含める] チェックボックスをオフにすると、そのコンバージョンのデータはメインの [コンバージョン] 列および [コンバージョン値] 列に反映されなくなります。[すべてのコンバージョン] 列には、チェックボックスをオフにしたコンバージョンのデータも反映されます。

詳しくは、[コンバージョン列に含める] 設定についてをご覧ください。

タブレットやパソコンからの電話

Google 広告専用転送電話番号を使った電話番号表示オプションや電話専用広告をご利用の場合は、次のように電話による問い合わせをコンバージョンとしてカウントできます。

  • モバイル検索広告からの電話によるコンバージョンは通常のコンバージョンとしてカウントされ、[コンバージョン] 列に含まれます。
  • タブレットとパソコンに表示された広告経由の電話は、[すべてのコンバージョン] 列に含まれます。

AdWords 専用転送電話番号はこちらの国でご利用いただけます。

ヒント

電話による問い合わせや購入はビジネスにとって重要なチャネルであり、モバイル検索者の 70% が、検索結果に表示された電話番号をクリックしてビジネスに直接電話をかけると回答しています。実際、Google 広告から消費者が直接電話をかける件数は、毎月 4 千万件以上に上ります。

実店舗への来店

実店舗への来店で得られたコンバージョンのデータは、一部の国の広告主様を対象にご利用いただけます。この機能に関心をお持ちの場合は、来店コンバージョンについてをご覧になるか、Google 広告アカウント担当者にお問い合わせください。

Floodlight コンバージョン

Google 広告キャンペーンが、オークションごとの自動入札が有効になった検索広告 360 の入札戦略で管理されている場合、[コンバージョン] 列と [すべてのコンバージョン] 列にはデフォルトで Floodlight コンバージョンも含まれます。詳しくは、Floodlight コンバージョンの共有方法をご覧ください。

活用方法

[すべてのコンバージョン] 列は入札単価設定の参考になります。一部のコンバージョンを [コンバージョン] 列に含めていない場合でも、[すべてのコンバージョン] にはそうしたコンバージョンも含まれます。

データの並べ替え

[すべてのコンバージョン] 列のデータは、各広告で獲得したコンバージョン数の総計に対して、モバイル、PC、タブレットがそれぞれ果たした相対的な貢献度を把握するのに役立ちます。

広告がクリックされたデバイス別にコンバージョン数を表示するには、レポートの [分割] で [デバイス] を選択します。

なお、デバイス別にデータを分割した場合、クロスデバイス コンバージョンは広告クリックが発生したデバイスの分類でカウントされます。たとえばモバイル デバイスで広告がクリックされ、その後デスクトップ パソコンでコンバージョンが達成された場合、そのコンバージョンはモバイルの分類でカウントされます。

注意点:

  • デスクトップかタブレットを使って検索ネットワーク上の広告から発生した通話コンバージョンは、どちらの場合も [パソコン] 行に含まれます(タブレットからの通話コンバージョンを分けて表示することはできません)。
  • モバイルからの通話数は [モバイル] 行に含まれます。
  • デスクトップとタブレットからの通話コンバージョンは、キーワード単位では集計されません。
  • 通話コンバージョンのクロスデバイス データは、検索ネットワーク キャンペーンでのみご利用可能です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。