キーワードによるコンテンツ ターゲット

コンテンツ ターゲットは、キーワード ターゲット型の広告(別名「自動プレースメント」)を Google ディスプレイ ネットワークのサイトとマッチングするために使用されます。

このターゲティング手法では、広告を通してユーザーに有用な情報を提供し、広告メッセージに対して関心を示しているユーザー層を引き付けることができるため、パフォーマンスと費用効率に優れたコンバージョン獲得を重視する場合に最適です。

コンテンツ ターゲット型のキャンペーンを構築する流れは次のとおりです。

  1. 広告グループを定義: 各広告グループには明確なテーマを持たせます。最初は宣伝する商品やサービスをテーマとして設定し、ターゲット ユーザーをテーマとして設定することは避けましょう。認知度の高い有名なブランドがある場合は、キーワード ターゲットの広告グループにブランドに関連するキーワードを設定します。
  2. キーワードを生成: 各広告グループには通常 5~50 個程度のキーワードを追加します。同じ広告グループでキーワードが重複しないよう配慮し、広告グループのテーマと関連性の高いキーワードを使用します。キーワード選びにはキーワード ツールが役立ちます。
  3. 広告グループの入札単価を設定: ディスプレイ ネットワークの入札単価は、最初は検索ネットワークの場合と同じレベルに設定します。入札単価はキャンペーンを開始した後いつでも変更が可能です。掲載結果に応じて調整することをおすすめします。
  4. 除外キーワードを追加: これにより、関連性の低い検索に対して広告が表示されないようにすることができます。
  5. コンバージョン トラッキングを導入: キャンペーンの掲載結果をより詳しく把握するには、Google 広告コンバージョン トラッキングを設定します。このツールを使用すると、サイト単位でコンバージョン データを分析できます。
  6. 最適化: 数日後に [ネットワーク] タブを確認し、プレースメントを除外したり除外キーワードを追加したりするなど、成果の低い要素を最適化します。その他、キーワードを追加または削除する、最適化の効果が出ない広告グループを一時停止する、入札単価を調整する、成果の高い広告グループと同様の広告グループを追加する、などの処置も必要に応じて検討してください。

ディスプレイ ネットワークのウェブページにおける、キーワード ターゲット広告の掲載順位は、広告グループ内のキーワードの上限クリック単価(CPC)に影響されます。また、品質スコアも考慮されます。品質スコアは、広告が掲載されるページや同様のディスプレイ ネットワークのページでの過去の広告の掲載結果、リンク先ページの品質、その他の関連性に関する要素に基づいて算出されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false