無効なトラフィックについて

無効なトラフィックとは、ユーザーの純粋な興味によるものではないと判断された、広告のクリックとインプレッションのことです。たとえば自動ツールによるクリックやインプレッション、偶発的なクリック(ユーザーが広告をダブルクリックした場合など)は、無効なトラフィックと見なされます。無効なクリックやインプレッションは、広告主様にとって価値が非常に低い(あるいはまったくない)と考えられるため、課金対象となりません。

無効なトラフィックのタイプ

無効とみなされるクリックやインプレッションには次のようなものがあります。

  • ダブルクリック時の 2 番目のクリックなど、価値のない偶発的なクリック
  • 広告主様の費用を意図的に増やすために手動で行われるクリック
  • 広告を掲載するサイト運営者の収益を意図的に増やすために手動で行われるクリック
  • 自動ツールやロボットなどの不正なソフトウェアによるクリックやインプレッション
  • 広告主様のクリック率を作為的に低下させるために行われるインプレッション

無効なトラフィックからの保護方法

Google では、レポートに記録される前に、無効と疑われるインタラクションを検出して除外することで、広告主様を無効なトラフィックから保護しています。広告でのすべてのインタラクションは、システムによって検証されます。Google では、IP アドレス、インタラクションの発生時刻、重複するインタラクションの有無、その他さまざまなインタラクション パターンなど、発生した各インタラクションについて多数の項目を確認しています。こうした要素はシステムで分析され、無効な疑いがあるインタラクションは管理画面に表示される前に検出、除外されます。

詳細: 無効なトラフィックに対する Google の取り組みについて

無効なトラフィックの扱い

Google のシステムによって検出された無効なトラフィックは、広告主様向けのレポートから自動的に除外され、課金対象にもなりません。発生した無効なトラフィックについてのデータは、ご希望であれば閲覧可能です。

過去 2 か月間に、なんらかの理由で自動検出できていない無効なインタラクションがあったことが判明した場合は、対応する額のクレジットで還元させていただきます。無効なインタラクションによる費用を表示するには:

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [設定] の [ご請求とお支払い] を選択します。

こうしたクレジットは、[料金の履歴] ページに [無効な操作] として表示されます。

無効なインプレッションはクリック率の算出では除外されるため、キーワードの品質スコアには影響しません。

レポート エディタ

レポート エディタは、多次元の表やグラフを使用してデータを扱う分析ツールです。

  • シンプルなドラッグ&ドロップ インターフェースにより多次元の表やグラフの作成、処理をすばやく行えるため、データをダウンロードしなくても詳細な分析を行えます。
  • マルチセグメント分析により、表やグラフでより詳しく正確にデータをカスタマイズできます。
  • カスタムグラフによりデータのパターンや傾向を迅速に視覚化できます。
  • 高度なフィルタリングや並べ替えによりセグメント化された指標(モバイルでのクリックなど)にフィルタを適用し、複数の列ごとに並び替えができます。

レポート エディタでデータを活用する方法を確認する

無効なトラフィックの手動監視

お客様ご自身でも、さまざまな方法でアカウントのアクティビティを監視していただけます。無効なインタラクションの発生を懸念されている場合はご検討ください。

  • 掲載結果データで無効なインタラクションを確認する: 前述の手順に沿って、無効なインタラクションに関する列(表示項目)をデータ表に追加すれば、無効なインタラクションの回数と割合を把握できます。無効なインタラクションについては料金の請求は行われず、掲載結果に影響することもありません。
  • アカウントを改善する: 無効なクリックに対する最善の対策は、広告と関連性の高いクリックと表示のみが行われるように、アカウントを改善することです。コンバージョン率は、広告の成果を判断する目安の 1 つです。コンバージョン率の低い箇所を特定して修正することで、無効な操作が行われる可能性のある箇所を改善することができます。
  • Google アナリティクスを活用する: Google アナリティクスは、コンバージョン率、ユーザーの行動、広告の掲載結果など、さまざまな分析に役立つ無料ツールです。Google アナリティクスでは、広告のトラフィックの絞り込みに役立つさまざまなレポートを取得できます。また、自動タグ設定を使用するのもキーワードの掲載結果をトラッキングするうえで有効です。
  • ディスプレイ ネットワークでのコンバージョン率を確認する: ディスプレイ ネットワークに広告を掲載するように設定しているキャンペーンでは、プレースメント レポートを利用してディスプレイ ネットワークのサイトでのコンバージョン率を確認します。ディスプレイ ネットワークで発生したクリックが、Google 検索や検索ネットワークの場合と比べてコンバージョンにつながっていない場合は、ディスプレイ ネットワークの入札単価を引き下げることを検討してください。コンバージョンにつながっていないディスプレイ ネットワークのサイトがある場合は、そのサイトを除外することをおすすめします。
コンバージョン率が低い場合

コンバージョン率が低くても、無効なインタラクションが発生しているとは限りません。トラフィックが多くても販売につながらないことがあります。コンバージョン率が低い場合の一般的な原因と対策をご紹介します。

  • 市場の状況、ユーザーの行動、ウェブ コンテンツの変化によって、掲載結果が影響を受けることがあります。インターネット広告市場の競争率が上昇している業界では、広告の投資収益率が低下する場合があります。キーワードや広告の投資収益率の変化に注意し、適切な予算内で入札単価を調整することをおすすめします。投資収益率を最大化するための入札単価戦略については、こちらをご覧ください。
  • サイトの操作性の悪さが原因で、見込み顧客を逃すことがあります。このため、サイト全体のデザイン、レイアウト、機能を見直すことをおすすめします。Google アナリティクスを使用すると、ユーザーが購入に至る前のどの時点でサイトを離れているかを確認できます。
  • キーワードや広告文が具体的でない可能性があります。キーワードや広告文が一般的すぎると、サイトを訪れたユーザーが求めているものと、サイトで提供している商品やサービスが一致しないことがあります。キーワードや広告文のターゲットを絞り込むと、提供する商品やサービスに関心のあるユーザーだけに広告を表示できます。
  • 設定内容がディスプレイ ネットワークに合っていない可能性があります。広告をディスプレイ ネットワークに掲載するように設定しても、広告や各種設定がディスプレイ ネットワーク向けの設定になっていなければ、広告の商品やサービスと関係のないサイトに広告が表示される場合があります。ユーザーが閲覧しているサイトと広告との関連性が高いほど、商品の購入につながる可能性は高くなります。最大限の成果を引き出すには、各広告グループを商品やサービスごとに分類して、簡潔で具体的なキーワードを設定することが重要です。ディスプレイ ネットワーク向けの最適化について

詳細: 広告トラフィックの分析について

同じ IP アドレスからの複数回に及ぶクリック

同じ IP アドレスからクリックが複数回あったとしても、必ずしも無効な操作によるものとは限りません。このような現象は、次のような理由で発生することもあります。

  • リピート アクセス: ユーザーは商品を比較する場合や、情報収集でサイトに戻る場合に、広告を複数回クリックすることがあります。
  • 共有 IP アドレス: 1 つのソースから複数のクリックが発生している場合は、インターネット サービス プロバイダ(ISP)が同じ IP アドレスを複数のユーザーに割り当てている可能性があります。一部の ISP は、比較的少ない数の共用 IP アドレスをローテーションで大量のユーザーに割り当てます。その結果、複数のユーザーが同じ IP アドレスからサイトにアクセスし、1 人のユーザーが繰り返しクリックしているように見えることがあります。
  • ウェブサーバーのログ: サイトのウェブサーバーのログには、広告をクリックしてアクセスしたユーザーだけでなく、サイトを訪れたすべてのユーザーのデータが記録されます。このため、「Google.co.jp」を参照元とするデータには、広告ではなく Google 検索結果からアクセスしたユーザーのデータが含まれている可能性があります。Google 広告管理画面では、請求対象である広告のクリックのみが表示されるため、検索結果からのアクセスは含まれません。
  • サードパーティのソフトウェア: 一部のレポート ソフトウェアでは、ウェブサイト内でページを移動した際のクリックが記録されるため、短時間に 1 人のユーザーから大量のクリックが発生することがあります。Google 広告のクリックのみを正確に計測するには、自動タグ設定のご利用をおすすめします。
Google からのクリック

Google 内における Google 広告のクリックは、アカウントへの課金対象にはなりません。ウェブサーバーのログにはこうしたクリックが表示される場合がありますが、請求対象にはなりませんのでご安心ください。また、Google のウェブクロール ロボットによる操作も請求の対象となりません。

トラフィックが増加する一般的な理由

クリック数や表示回数の急増が確認されたからといって、必ずしも広告が無効なトラフィックの影響を受けているとは限りません。ほとんどの場合、このようなトラフィックの変動には他の要因があります。

トラフィックが増加した場合は、次のような原因が考えられます。

  • 1 日の予算の変更: キャンペーンの 1 日の予算を引き上げると、広告の表示回数が増えるため、必然的にクリック数も増えます。
  • キーワードの上限クリック単価の変更: キーワードの上限クリック単価を引き上げると、広告の表示回数が増え、広告の掲載順位が上がる可能性があります。これは、ディスプレイ ネットワークに掲載される広告にも当てはまります。クリック単価が高いと掲載順位も高くなり、結果として表示回数やクリック数の増加につながります。
  • 新しいキーワードの追加: 新しいキーワードを追加した場合、特にそのキーワードが一般的であったり、人気のある検索語句に一致したりすると、表示回数やクリック数が増える可能性があります。
  • ディスプレイ ネットワークの新しいサイトに広告が表示されている: 自動プレースメントを使用し、1 日の予算を十分な金額に設定している場合は、広告が新しいサイトに掲載されるようになると、トラフィックが大幅に増える可能性があります。
  • 季節的な傾向や新しいイベント: 特定のトピックへの関心が一気に集まった結果、トラフィックが増加することがあります。たとえば、特別な休暇や有名人がブログなどのメディアで特定のトピックを紹介した場合などがあります。

詳細: トラフィック増加の正当な理由について

無効なトラフィックの報告

トラフィック増加の原因は無効なインタラクションだけではありませんが、実際に無効なインタラクションの影響を受けていると思われる場合は、ご報告ください。Google がお客様のアカウントを調査いたします。

Google の専門チームは、クリック数や表示回数に関する情報を含むさまざまな指標を活用して、無効な操作のソースを突き止めます。ただし、対象となるデータの量が膨大なため、調査が完了するまで数営業日かかることがあります。調査をご依頼いただく際は、ご懸念のトラフィックに関する情報をできるだけ詳しくお知らせください。

詳細: クリック調査のご依頼について

関連リンク

 

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。