トピック ターゲットについて

コンテンツ ターゲティングの全体像を 1 か所で把握し、コンテンツ ターゲティングの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

サイド ナビゲーションの [コンテンツ] に、あらゆる種類のコンテンツ ターゲティングが表示されるようになりました。

  • すべてのタイプのコンテンツ ターゲティングで、「トピック」「プレースメント」「ディスプレイ広告や動画広告のキーワード」「除外設定」がサイド ナビゲーション メニューの [コンテンツ] タブに分類されるようになりました。「除外設定」の場合は、[除外設定] の右側にあるプルダウン矢印 をクリックして、トピック、プレースメント、ディスプレイ広告や動画広告のキーワードの除外設定を選択します。

今後さらに改良が加えられる予定です。

  • 「トピック」「プレースメント」「ディスプレイ広告や動画広告のキーワード」が [コンテンツ] ページとレポートで 1 か所にまとめて表示されます。除外設定も、同じページ([コンテンツ] ページ)内の 1 つのレポートに統合されます。
  • 広告グループ内の、選択されたコンテンツが、広告のターゲティングの対象となります。たとえば、トピックとして「自転車」をターゲットに設定し、ディスプレイ広告や動画広告のキーワードとして「サイクリング」をターゲットに設定すると、いずれかに一致するコンテンツに広告が表示されます。

アカウントの移行が完了するまでは、コンテンツ ターゲティング方法(トピック、プレースメント、ディスプレイ広告や動画広告のキーワード)は広告グループごとに 1 つだけ使用することをおすすめします。今後予定されている変更が実施されるまでは、複数の方法を組み合わせるとキャンペーンのパフォーマンスが制限される場合があります。

コンバージョンを促進する動画キャンペーンのみ: コンバージョンの獲得機会を増やせるよう、今後数か月以内に、新規および既存の動画コンバージョン キャンペーンにコンテンツ ターゲティングを追加できなくなります。2023 年初頭に、既存のすべてのコンテンツ ターゲティングの設定は、コンバージョンを促進する動画キャンペーンから自動的に削除されます。既存のコンバージョン キャンペーンからコンテンツ ターゲティングを手動で削除するには、広告グループの設定に移動します。コンバージョン重視で動画キャンペーンを最適化する方法の詳細

ビジネスが特定の顧客をターゲットにするように、特定のトピックに関心を持つユーザーもいます。トピック ターゲットを使用すると、対象のトピック(「農業」、「音楽」など)に関連するウェブページ、アプリ、動画に広告を掲載できます。

この記事では、トピック ターゲットの設定の概要をご紹介します。この機能は、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンまたは動画キャンペーンで使用できます。詳しい手順については、関連トピックに関連するウェブサイトを掲載対象に設定するをご覧ください。

トピック ターゲットを設定すると、選択されたトピックに関連性のあるコンテンツを含むディスプレイ ネットワークのページまたは YouTube にお客様の広告が表示されます。ウェブ上のコンテンツは時間の経過とともに変化するため、広告が掲載されるページもそれに伴って変わります。お客様の広告に関連するトピックを 1 つ以上選択するだけで、対象となるページに広告を掲載できます。

注: トピック ターゲットは、Google 広告オークション キャンペーンの YouTube TV に配信されるスキップ不可のインストリーム広告とバンパー広告にも適用されます。詳しくは、YouTube TV 広告についてをご覧ください。

たとえば、トピックとして「自動車」を指定すると、乗用車など自動車のテーマに関するコンテンツを含むディスプレイ ネットワークのウェブサイトや他のプレースメントに広告が表示されます。また、「トラック、SUV」、「商用自動車」、「オートバイ」など、より詳細なサブトピックを選択することもできます。

トピック ターゲットが適しているケース

  • 特定のトピックに関連する幅広いウェブサイトに広告を掲載したい。たとえば、自転車を販売していて、ターゲット ユーザーが傾向としてハイキングとキャンプにも関心があることがわかっているとします。この場合、「ハイキング、キャンプ」のサブトピックを選択して、このトピックに関連したウェブページにも広告を表示することで、数多くのウェブサイト上で宣伝することが可能になります。
  • サブトピックをすべて追加しても、トップレベルのトピックを追加したことと同じにはなりません。サブトピックを広告グループに追加しただけでは掲載対象とならないページがあるため、トップレベルのトピックも追加することをおすすめします。
  • ブランド アイデンティティを周知させたい、または自社とライフスタイルを関連付けてほしい。
  • キャンペーンの予算に余裕や柔軟性がある。
  • 広告配信をすぐにでも増やしたい、または目標コンバージョン単価に比較的余裕がある。

その他のヒント

  • トップレベルのトピックをターゲットにすると、関連するサブトピックもすべてターゲットとなりますが、入札単価とレポートを管理しやすいよう、サブトピックを追加することをおすすめします。
  • 宣伝する商品やサービスに関係のないトピックを扱うページや、掲載結果が思わしくないページに広告が表示されるのを避けたい場合は、特定のトピックに関連するページを除外することができます。

トピック ターゲットにかかる費用

トピック ターゲットの料金は、他の種類のターゲティングと同じように設定されます。入札単価を設定するか、自動入札戦略を選択すると、お客様の設定した入札単価で掲載可能な、トピックに関連するコンテンツを含む Google ネットワークのページに広告が表示されます。人気のあるトピックについては、数千や数万ものページに広告を掲載できることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
73067
false
false