トピック ターゲットについて

コンテンツ ターゲティングの全体像を 1 か所で把握し、コンテンツ ターゲティングの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われます。

すべてのタイプのコンテンツ ターゲティングをサイド ナビゲーションの [コンテンツ] で確認できるようになります

  •  すべてのタイプのコンテンツ ターゲティングで、「トピック」、「プレースメント」、「ディスプレイ / 動画のキーワード」、「除外」がサイド ナビゲーション メニューの [コンテンツ] タブに分類されるようになりました。「除外」の場合は、[除外設定] の右側にあるプルダウン矢印 下矢印 をクリックして、トピック、プレースメント、ディスプレイ / 動画のキーワードの除外を選択します。

ビジネスが特定の顧客に関心を持つように、顧客も特定のトピックに関心を持ちます。トピック ターゲットを使用すると、対象のトピック(「農業」、「音楽」など)に関連するウェブページ、アプリ、動画に広告を掲載できます。

この記事では、トピック ターゲットの設定の概要をご紹介します。この機能は、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンや動画キャンペーンで使用できます。詳しい手順については、関連トピックに関連するウェブサイトを掲載対象に設定するをご覧ください。

トピック ターゲットを設定すると、選択されたトピックに関連性のあるコンテンツを含むディスプレイ ネットワークのページまたは YouTube にお客様の広告が表示されます。ウェブ上のコンテンツは時間の経過とともに変化するため、広告が掲載されるページもそれに伴って変わります。お客様の広告に関連するトピックを 1 つ以上選択するだけで、対象となるページに広告を掲載できます。

注: トピック ターゲットは、Google 広告オークション キャンペーンの YouTube TV に配信されるスキップ不可のインストリーム広告とバンパー広告にも適用されます。詳しくは、YouTube TV 広告についてをご覧ください。

たとえば、トピックとして「自動車」を指定すると、乗用車など自動車のテーマに関するコンテンツを含むディスプレイ ネットワークのウェブサイトや他のプレースメントに広告が表示されます。また、「トラック、SUV」、「商用自動車」、「オートバイ」など、より詳細なサブトピックを選択することもできます。

トピック ターゲットが適しているケース

  • 特定のトピックに関連する幅広いウェブサイトに広告を掲載したい。たとえば、自転車を販売していて、ターゲット ユーザーが傾向としてハイキングとキャンプにも関心があることがわかっているとします。この場合、「ハイキング、キャンプ」のサブトピックを選択して、このトピックに関連したウェブページにも広告を表示することで、数多くのウェブサイト上で宣伝することが可能になります。
  • サブトピックをすべて追加しても、トップレベルのトピックを追加したことと同じにはなりません。サブトピックを広告グループに追加しただけでは掲載対象とならないページがあるため、トップレベルのトピックも追加することをおすすめします。
  • ブランド アイデンティティを周知させたい、または自社とライフスタイルを関連付けてほしい。
  • キャンペーンの予算に余裕や柔軟性がある。
  • 広告配信をすぐにでも増やしたい、または目標コンバージョン単価に比較的余裕がある。

その他のヒント

  • トップレベルのトピックをターゲットにすると、関連するサブトピックもすべてターゲットとなりますが、入札単価とレポートを管理しやすいよう、サブトピックを追加することをおすすめします。
  • 宣伝する商品やサービスに関係のないトピックを扱うページや、掲載結果が思わしくないページに広告が表示されるのを避けたい場合は、特定のトピックに関連するページを除外することができます。

トピック ターゲットをプレースメント ターゲティングやキーワード ターゲティングと組み合わせることで、より詳細なターゲット設定を行うことができます。

  • プレースメント ターゲティングとトピック ターゲット
    • トピック ターゲットでは、Google ディスプレイ ネットワーク上の関連するコンテンツのサイトに広告が自動的に掲載されます。
    • プレースメント ターゲティングでは、Google ディスプレイ ネットワークで選択した特定のサイトにのみ広告が掲載されます。明示的にターゲットに設定していないプレースメントには広告は掲載されません。
    • プレースメント ターゲティングとトピック ターゲットは、1 つの広告グループでともに使用できます。キャンペーンのネットワーク設定が [特定の範囲] である場合は、選択したトピックに該当するプレースメントのページのみに広告が表示されます。
    • 例: 同じ広告グループで newyorktimes.com のプレースメントと「スポーツ」トピックをターゲットに設定することにしました。この場合、newyorktimes.com 内の「スポーツ」に関するページにのみ広告が表示されることになります。
  • キーワード ターゲティングとトピック ターゲット
    • キーワード ターゲティングとトピック ターゲットが同じ広告グループにある場合、Google 広告システムで広告を表示するページを決定する際には、最初にキーワードが考慮されます。選択したトピックに関連するページであっても、キーワードに一致しないページには広告は掲載されません。
    • キーワードとトピックがどのように相互作用するかは、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンの設定によっても異なります。ディスプレイ ネットワークの設定は、「広範囲」または「特定の範囲」に設定できます。
    • 「広範囲」を選択した場合: ターゲットに設定したトピックのいずれかに該当するページとキーワードが一致すると、広告オークションでトピック ターゲットの入札単価が使用されます。
    • 「特定の範囲」を選択した場合: キーワードと一致し、さらにターゲットに設定したトピックの少なくとも 1 つと一致するページにのみ、広告が表示されます。

トピック ターゲットにかかる費用

トピック ターゲットの料金は、他の種類のターゲティングと同じように設定されます。入札単価を設定するか、自動入札戦略を選択すると、お客様の設定した入札単価で掲載可能な、トピックに関連するコンテンツを含む Google ネットワークのページに広告が表示されます。人気のあるトピックについては、数千や数万ものページに広告を掲載できることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false