リーチとフリークエンシーを測定する

複数人による同一画面での視聴数(コネクテッド テレビ デバイスで複数のユーザーが広告を視聴した場合)は、ユニークリーチとフリークエンシーの指標で共同視聴としてカウントされるようになりました。

ディスプレイ、ファインド、動画キャンペーンのリーチとフリークエンシーを分析すると、広告が表示されたユーザーの数と、ある広告が一定期間中に同じユーザーに表示された頻度を把握できます。目指すのがメッセージの浸透強化であれ、新規ユーザーへのリーチであれ、このデータに注目することで目標の達成状況を把握できます。

ユニークリーチとフリークエンシー指標

ユニークリーチとフリークエンシーの指標では、広告が表示されたユーザーの総数と広告が表示された頻度を測定します。このタイプの指標では、ユーザーに対してさまざまなデバイス、フォーマット、ネットワークを介して広告が表示された回数の合計を、従来の Cookie ベースの測定よりも正確に調べることができます。

モバイル化が進む現代のユーザーは、1 日に何台ものデバイスを使い分けます。Google のユニークリーチ型モデルでは、同じユーザーが複数のデバイスで同じ広告を目にするケースや、複数のユーザーが同じデバイスを共有(コネクテッド テレビ デバイスで広告を同時に視聴)しているケースも考慮して、広告の総合的なリーチを割り出します。

ユニークリーチとフリークエンシーの指標には次のものがあります。

  • ユニーク ユーザー数
  • 平均表示頻度(ユーザーあたり)
  • 平均表示頻度(ユーザーあたり 7 日間)
  • 平均表示頻度(ユーザーあたり 30 日間)
  • 頻度の分布(1+、2+、3+、4+、5+、10+)
: 平均表示頻度(ユーザーあたり 7 日間)と頻度(ターゲット フリークエンシー)の分布(1+、2+、3+、4+、5+、10+)が、フリークエンシー キャンペーンのパフォーマンスの測定に使用される推奨指標です。

リーチとフリークエンシーのデータを表示する

リーチとフリークエンシーのデータを表示するには、これらの指標の表示項目(データ列)を掲載結果データの表に追加し、プルダウン メニューで期間を指定します。[リーチとフリークエンシーの指標] に表示されるこれらの列は、[キャンペーン] ページで動画キャンペーンのみをスコープしている場合にのみ表示されます。

詳しくは、掲載結果データの表の表示項目を追加または削除する方法をご確認ください。

Google によるリーチの計算方法

Unique Reach の計算方法

ユニークリーチの計算では、統計的なモデルによって、ブラウザやデバイスをまたいだユーザー行動がデータに反映されます。これらのモデルは、Google サービスで確認されたユーザー行動の集計データを基に、デバイスをまたいだ使用パターンを特定することで作成されます。Google 広告では、確認された行動と、他のシグナルやローカル情報(国勢調査や確率調査など)を組み合わせることで、異なるセッション、フォーマット、ネットワーク、デバイスで重複するユーザーを排除して、Cookie の数ではなく、広告が表示されたユニーク ユーザー数を算出できるようになっています。

リーチとユーザーのプライバシー

Google の手法ではユーザーがすべて集計され、一定のユーザー数を超えない限り、広告主様にデータが開示されることはありません。また、個人を特定できる情報は一切使用されません。

2022 年 1 月、Google では基本的なリーチとユーザー属性のモデルを改善しました。この更新に伴い、この日からユニークリーチ指標が変化する場合があります。2022 年 4 月より、ユニークリーチ モデルが改善され、共視聴が考慮されるようになりました。これにより、ユニークリーチ モデルでは、共視聴(複数のユーザーがコネクテッド テレビ デバイスで同時に広告を視聴した場合に発生)により得られた追加のインプレッションとリーチに関するインサイトを確認できるようになりました。詳しくは、ユニーク リーチ指標で共視聴が考慮される方法についての記事をご覧ください。

リーチとフリークエンシーの指標が表示されない理由

ほとんどのリーチとフリークエンシーの指標データは、92 日以内の期間についてのみ表示可能です。92 日を超える期間を指定した場合、リーチ関連のデータはデータ表に表示されないことがあります。

キャンペーンの頻度の分布を確認する場合は、期間が 31 日以内の場合のみ、表のデータが表示されます。

リーチとフリークエンシーの指標のデータは、一部のキャンペーンとレポートの分割項目ではすぐに表示されないことがあります。原因はさまざまですが、国によって必要なデータを利用できない場合があること、広告の表示回数とユニーク ユーザー数が閾値を超えなければデータを表示できないことなどが挙げられます。ユニークリーチ モデルは対応している国が限られ、表示回数についても一定の要件が設けられているためです。

レポート遅延についての考慮事項

計算に使用するモデリングの関係上、リーチとフリークエンシーの指標データがレポートに反映されるまでに通常は最大 3 日程度の時間がかかります。直近数日を含む期間を指定する場合は、この点をご考慮ください。

たとえば、期間を「過去 7 日間」に設定している場合は、直近の 3 日間のデータが不完全なものになる可能性があります。このため、過去 7 日間のデータとして表示される数値には、7 日間のうち直近の 3 日間のデータが反映されないことがあります。

リーチとターゲット地域について

ユニークリーチとフリークエンシーの指標では、国単位で確認されたユーザー行動の集計データに基づく統計モデルが使用されます。このモデルは国単位で算定されるため、特に狭い地域(単一の市区町村や郵便番号など)をターゲットとしているキャンペーンなど、一部のケースでは指標の値にゆれが生じることがあります。

それ以外にも、一時的に大勢のユーザーが特定の場所を訪れた場合は、Unique Reach 指標の値が上昇することがあります。こうしたケースについては、Unique Reach 指標の最適な見積もりが表示されます。Google では場所に関するより詳細な見積もりを提供できるよう、統計モデルの改善に継続的に取り組んでおります。

フリークエンシー キャップと視認範囲のインプレッション

ディスプレイ キャンペーンの場合、フリークエンシー キャップの算定に使用されるのは、視認範囲のインプレッションのみです。その他のフリークエンシー関連データの数値は、フリークエンシー キャップよりも大きくなることがあります。これは、視認範囲のインプレッション数と視認範囲外のインプレッション数の両方がカウントされているためです。

2020 年 8 月より、優先されるリーチ測定法が Cookie ベースの指標からユニークリーチ指標に代わりました。これに伴い、Cookie ベースのリーチ指標は Google 広告でご利用いただけなくなりました。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Achieve your advertising goals today!

Attend our Performance Max Masterclass, a livestream workshop session bringing together industry and Google ads PMax experts.

Register now

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー