地域別の掲載結果の測定について

ビジネスは、一部の地域で特に大きな成功を収める場合があります。たとえば、スノーブーツを販売している会社では、海沿いよりも山間部にいるユーザーのほうが在庫品の売れ行きがよいはずです。どの地域での宣伝に力を入れて予算を割り当てるべきかを判断するにあたり、Google 広告の掲載結果データをご活用ください。

この記事では、さまざまな地域での広告の掲載結果を把握するのに役立つ Google 広告の 3 種類のレポートについて説明します。

地域レポートと所在地レポート

すでに地域によるターゲティング設定を適用していて、キャンペーンを一定期間にわたって配信している場合は、[地域] ページで地域別の掲載結果を確認できます。

地域レポートで確認できるデータには次の 2 種類があります。

  • 地域: 見込み顧客の実際の所在地、またはその見込み顧客が関心を示した地域が表示されます。
  • ユーザーの所在地: 見込み顧客の実際の所在地のみが表示されます。その見込み顧客が関心を示した地域は表示されません。

地域レポートでは、ターゲットとして設定できる最も細かい単位で広告の掲載結果を表示できます。たとえば、アメリカをターゲットにした場合は、郵便コード、大学、空港、下院選挙区を単位とした細かい地域データを表示して、キャンペーンがどの地域で成果をあげているかを確認できます。地域レポートには、その国で利用できるターゲット地域の種類に応じたデータのみが表示されます。

詳しくは、広告の表示対象とする地域を決定する方法と、地域レポートを閲覧する方法をご覧ください。

地域レポートの活用方法

顧客が実際の所在地と異なる地域に関心を持っている場合でも、地域レポートとユーザーの所在地レポートを作成して、それらを重ね合わせることで、顧客のいる地域を把握できます。

鎌倉で書店を経営しているとします。ユーザーの実際の所在地と、関心を持っている地域に関するデータを含む地域レポートを作成したところ、以下の成果が得られました。
  • 鎌倉(鎌倉が所在地のユーザー、または鎌倉に関心を示しているユーザー)に対する 70 回の広告インプレッション
  • 横浜(いずれかの地域にいて横浜に関心を示しているユーザー)に対する 30 回の広告インプレッション
次に、ユーザーの所在地レポート(ユーザーの所在地に関するデータのみが含まれます)を作成したところ、鎌倉が所在地のユーザーに対する広告インプレッションは 100 回中 10 回のみで、残りの 90 回は横浜が所在地のユーザーに対するものだったことがわかりました。

この書店を検索している大半のユーザーの所在地は横浜であるという結果になったため、横浜をターゲットとする広告に予算をより多く割り当てることができます。

距離レポート

住所表示オプションを追加済みの場合は、住所表示オプションを使用している広告の掲載結果データを表示できます。このデータは、広告表示につながった地域と、最寄りのお店やサービスの所在地との距離に応じて表示することができます。広告表示につながった地域は、見込み顧客の実際の所在地か、その見込み顧客が検索やコンテンツの閲覧を通じて関心を示した地域である可能性があります。検索ネットワーク キャンペーンとショッピング キャンペーンに関する距離レポートを表示する方法をご覧ください。

たとえば、従来型の店舗を運営していて、店舗から 8 km 以内の距離にいるユーザーに表示された広告でコンバージョン率が高くなっていることが、距離レポートでわかったとします。この場合は、半径を指定したターゲット設定と地域に基づく入札単価調整を使用して、所在地が半径 8 km 圏内のユーザーの入札単価を引き上げることができます。

地域別掲載結果の表示項目と値

掲載結果の表で地域別データを確認する際、他に次の表示項目(列)や詳細情報が表示されることがあります。

最も詳細な地域

[最も詳細な地域] 列には、広告表示に使用された最も細かい地域に関する情報が表示されます。この地域は、見込み顧客の実際の所在地か、その見込み顧客が関心を示した地域のいずれかであると考えられます。最も詳細な地域は、その国で利用できる地域ターゲティングの単位に応じて異なります。

不明な地域について

レポートに「不明」な地域のデータが表示される場合があります。広告が表示された地域が不明となった場合には、さまざまな原因が考えられます。

  • IP アドレスまたは検索語句: IP アドレスから地域を割り出すことができず、検索語句からも関心のある地域を特定できなかったケースです。
  • Google マップの複数の市町村や地域: Google マップで複数の市町村や地域を含む広い区域内で検索が実行されたケースです。

地域別レポートでの数値の差異

Google 広告 の掲載結果の表に表示される地域データは、アカウント内の他のデータや、第三者によるトラッキングまたはウェブログなどのデータと、少し異なることがあります。データが異なる場合は、次のような理由が考えられます。

  • キャンペーンの概要または料金概略: データの収集にはさまざまな技術が使用されるため、掲載結果のデータと、キャンペーンの概要または料金概略のデータは、少し異なる場合があります。ご請求金額やキャンペーンの費用については、[請求とお支払い] ページのレポートをご参照ください。
  • IP アドレス: IP アドレスは定期的に割り当て直されるため、Google 広告 では IP データを定期的に更新することでこうした変更が反映されています。第三者トラッキング プロバイダでは、異なるスケジュールで IP データが更新されている可能性があります。
  • 無効なクリック: Google 広告では無効なクリックが除外されるため、地域あたりのクリック数が、他のデータソースで表示されるものと異なる場合があります。
  • 対象地域: Google 広告では見込み顧客が関心を持っている地域が検出されることもあれば、他のデータソースでその地域が検出されないこともあります。
  • 他のトラフィック ソース: 第三者トラッキング プロバイダでは、Google 広告のトラフィックだけでなく、すべてのソースのトラフィックがカウントされることがあります。たとえば、Google 広告からサイトへのアクセスが 50 回発生しているものの、すべてのソースから合計 100 回のアクセスが発生している場合、Google 広告では、Google 広告のトラフィックで獲得した 50 回のクリックに関するレポートのみが作成されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。