ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのキーワードを選択する

アラート: 2019 年 4 月以降、オーディエンス キーワード ターゲティングを使用している広告グループは、カスタム インテント オーディエンス セグメントに自動的に移行されます。移行の詳細については、こちらをご覧ください。

 

ディスプレイ ネットワーク用のキーワードを指定すると、商品やサービスの購入見込みが高いユーザーにキャンペーンの広告を表示できます。

たとえば、ハイキング好きなユーザーが購入する見込みが高い場合には、ハイキングやアウトドアに関連するキーワードを追加するとよいでしょう。すると、そのキーワードを含む関連性の高いウェブサイトや、そのキーワードに関心のある関連性の高いユーザーに広告が表示されます。キーワードを選ぶ際には、1 つの広告だけでなく広告グループ全体に関連するキーワードを選ぶようにしましょう。

この記事では、ディスプレイ ネットワークでのキーワードの用途を解説します。

仕組み

キーワードは、ディスプレイ ネットワークでのターゲット設定オプションの 1 つです。広告は、指定したキーワードと関連性がないようなプレースメントに表示されることもあります。それはキーワードの設定によって、ユーザーが閲覧しているページのコンテンツではなく、ユーザーの最近の閲覧履歴などに基づいて広告が表示される場合があるためです。詳しくは、コンテンツ ターゲットについてをご覧ください。

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのキーワードを選ぶ場合:

  • 商品やサービスごとに広告グループを作成して、関連性の高い広告を表示できるようにします。
  • ターゲット ユーザーが集まりやすいサイトで広告表示につながりそうなキーワードを指定します。
  • 広告グループやキーワードの候補を確認します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。