超過配信

お客様の広告掲載の目標(クリック数やコンバージョン数など)を達成しやすくするため、2017 年 10 月 4 日より、キャンペーンの 1 日の平均予算の 2 倍まで広告を掲載できるようになります。

これにより、トラフィックが多い日には、1 日の予算の最大 2 倍の広告費用が使われる可能性があります。こうした日に発生した費用は、広告費用が 1 日の予算に満たない日との兼ね合いで調整されます。ただし、コンバージョンに対して支払うキャンペーンでは、1 日の費用が 1 日の予算の 2 倍を超えることがあります。

なお、実際に請求される額が 1 か月の請求額の上限を超えることはありません。この上限は、1 日の平均予算に 1 か月の平均日数(30.4)を掛けた額です。

超過配信は、日によって 1 日の平均予算を上回る費用が発生することで、日常的に発生する可能性があります。ただし、1 か月全体では、キャンペーンで設定した予算を超える費用が発生しないようになっています。

  • 超過分は、トラフィックが少なく広告が十分に表示されなかった日の埋め合わせになります。広告のトラフィックが多い日に掲載チャンスを逃さないよう、予算配分は日によって調整されます。この時、コンバージョンに対するお支払いを設定していない場合は、1 日の合計費用は 1 日の平均予算の最大 2 倍までとなります。コンバージョンに対するお支払いを設定している場合は、1 日の費用が 1 日の予算の 2 倍以上になる可能性があります。
  • ただし、サービス提供月全体の請求額は 1 か月の請求額の上限、つまり 1 日の平均予算に 1 か月の平均日数(30.4)を掛けた金額を超えないよう調整されます。
  • 超過配信が多く発生したために、請求対象期間の費用が予算を超えた場合には、その超過分がクレジットとしてアカウントに自動的に適用されます。
  • 月の途中で一時停止したり、月の一部で配信しない時期があったキャンペーンでは、1 日の平均予算と合計請求額との間に相違が生じることがあります。
1 日の予算額の 2 倍を上回る金額は超過分のクレジットとして返金されますが、追加の配信済みインプレッションの値は引き継がれます。

超過分の詳細
1 か月の請求額の上限の詳細
予算の管理に関する記事を見る

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。