アトリビューション レポートについて

コンバージョン トラッキングを設定すると、アトリビューション レポートを確認できるようになります。これは、コンバージョン(ユーザーがウェブサイトで行う購入やメール登録などの重要な行動)を把握するのに役立つ一連のレポートです。

メリット

アトリビューション レポートでは、コンバージョン達成までにユーザーがたどった経路を確認し、それぞれの広告掲載がどのように関係してコンバージョンにつながっているかを詳しく分析することができます。たとえば、コンバージョンの直前に使われたキーワード以外に、そのコンバージョンをアシストした他のキーワードがあるかどうかも確認することが可能です。これにより、最後にクリックされた広告のキーワードだけでなく、コンバージョン経路の全体像をより的確に把握できます。

アトリビューション レポートを表示する方法

アトリビューション レポートでは、コンバージョン データをさまざまな側面から把握できます。アトリビューション レポートは検索ネットワーク広告でのみ使用できます。

アトリビューション レポートの表示方法:

  1. Google 広告にログインします。
  2. 右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [測定] で [アトリビューション] を選択します。

ヒント

クライアント センター(MCC)アカウントで複数の Google 広告アカウントを管理している場合は、クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用できます。クロスアカウント コンバージョン トラッキングを設定したら、MCC アカウントのアトリビューション レポートをご利用ください。

レポート コントロールの使い方

アトリビューション レポートには、以下のレポート コントロールがあります。これらのコントロールを使うと、レポートをカスタマイズし、ビジネスにとって最も重要なデータを確認できます。

期間

選択した期間によって、レポートに含めるコンバージョンが決まります。ページの右上にある期間をクリックすると、レポート全体の期間を更新できます。期間を比較する場合は、各列に表示されている「< >」記号をクリックして列を展開すると、各期間のデータが表示されます。

ディメンション

ページの左上にある [ディメンション] プルダウン メニューをクリックして、レポートに表示するデータの範囲を変更します。ほとんどのレポートでは、[キャンペーン]、[広告グループ]、[キーワード]、[デバイス] を選択するのがよいでしょう。

コンバージョン アクション

ページの上部中央にある [コンバージョン アクション] プルダウン メニューをクリックして、レポートに含めるコンバージョン アクションを選択します。デフォルトでは、各レポートには [コンバージョン列に含める] 設定で選択したすべてのコンバージョン アクションが表示されます。

ルックバック ウィンドウ

[ルックバック ウィンドウ] コントロールを使用して、アトリビューション レポートのルックバック ウィンドウを 30、60、または 90 日間に調整します。ほとんどのレポートでは、開いたときに 30 日間のルックバック ウィンドウが表示されます。

注: [ルックバック ウィンドウ] コントロールは、「計測期間」の設定とは異なります。

アトリビューション レポートのルックバック ウィンドウでは、どれくらいの期間をさかのぼってコンバージョンの広告インタラクションをアトリビューションへの貢献度の対象とするかを決定します。たとえば、30 日間のルックバック ウィンドウでは、12 月 31 日から 1 月 30 日までに発生した広告インタラクションを 1 月 30 日のコンバージョンへの貢献度に割り当てます。

計測期間は、広告のインタラクションが発生した後、Google 広告にコンバージョンが記録される期間です。計測期間についての詳細

「モデル比較」レポートには、他のレポートにはないルックバック ウィンドウのオプションが 1 つ含まれます。[デフォルト] オプションを選択すると、レポートのルックバック ウィンドウは、[ツール] > [測定] > [コンバージョン] で各コンバージョン アクションの計測期間として選択したのと同じ日数に設定されます。

「概要」レポート

「概要」レポートでは、コンバージョン経路に関する概要を確認できます。ユーザーがコンバージョン達成までに要した日数や広告インタラクション、複数のデバイスでの広告インタラクションを含むコンバージョン数、コンバージョンのアシストに最も効果的なキャンペーンなどに関する情報が表示されます。これにより、コンバージョンに至るまでのカスタマー ジャーニーを効果的に分析できるようになります。

「コンバージョン経路」レポート

「コンバージョン経路」レポートには、コンバージョンを達成したユーザーに共通する経路が表示されます。このレポートでは、コンバージョン達成前にユーザーがクリックした広告に基づいて情報が提示され、レポート内のプルダウン メニューからオプションを選択することで詳細を確認できます。

[表示] メニュー

デフォルトでは、レポートには経路が表示され、コンバージョン達成前のユーザーによる一連の広告インタラクションを詳しく確認できます。同じディメンション値を持つ広告のインタラクションは、インタラクションが繰り返された回数がわかる形で 1 つのタッチポイントにまとめて表示されます。

レポート上部の [表示] メニューから [遷移パス] を選択すると、コンバージョン達成前のユーザーによる一連の広告インタラクションの概要が表示されます。遷移パスでは、同じディメンション値を持つ連続した広告インタラクションが 1 つのインタラクションとして扱われます。これは、コンバージョン経路にあるさまざまなキーワード、広告グループ、キャンペーン間でのユーザーの移動状況を把握するのに役立ちます。

[デバイス] ディメンション

[デバイス] ディメンションを選択すると、オーディエンスのデバイス別に分類された経路と、そのデバイスタイプ(パソコン、タブレット、モバイル)が表示されます。経路内の隣接する 2 つの要素は異なるデバイスを示していますが、必ずしもデバイスタイプが異なるとは限りません。これにより、ユーザーが通常コンバージョンを達成するまでに使用するデバイスの順序を把握できます。

「経路の指標」レポート

「経路の指標」レポートでは、ユーザーがコンバージョン達成までに要した時間とインタラクション数を確認できます。また、一定の日数やインタラクション数の後にコンバージョンが発生した回数や、そうしたコンバージョンが持つ価値も示されます。

コンバージョンまでの平均日数 / 時間

デフォルトでは、レポートには [コンバージョンまでの平均日数] が表示されます。このビューでは、ユーザーがコンバージョン達成までに要した日数を確認でき、最後の広告インタラクション経由で発生したコンバージョン数が 1 日ごとに 1 行追加されます。

[測定] プルダウン メニューを使うと、最初または最後の広告インタラクションから測定された時間が表示されます。[測定期間] プルダウン メニューでは、[日数] または [時間] を選択します。

[コンバージョンまでの平均日数 / 時間] ビューでは、オンライン販売サイクルの長さを詳しく把握できます。1 日限定セールやイベントの申し込みなど、即時性の高い広告の場合、コンバージョン達成までの日数や時間を短くすることをおすすめします。ブランドの認知度を確立するキャンペーンを実施している場合は、所要時間を長めに設定する(コンバージョン達成までの日数 / 時間を長く設定する)方が適切と考えられます。この情報は、キャンペーンで想定どおりの効果が出ているかどうかを把握し、コンバージョン アクションごとに最適な計測期間を判断するのに役立ちます。

コンバージョン達成までの平均インタラクション数

ユーザーがコンバージョン達成までに要したインタラクション数を確認するには、[コンバージョン達成までの平均インタラクション数] タブをクリックします。このビューを使うと、コンバージョン達成に最も有効な広告の表示頻度を把握するのに役立ちます。なお、このレポートには Google 広告アカウントで設定しているキーワードと広告のみが表示されるため、インタラクションの経路が予想より短く見える可能性があります。

「アシスト コンバージョン」レポート

「アシスト コンバージョン」レポートには、広告によってアシストされたコンバージョンの数が表示されます。コンバージョン達成の要因としては「ラストクリック」(コンバージョンの直前に発生したクリック)だけが注目されがちですが、他の広告インタラクションがコンバージョンの達成に貢献している可能性もあります。[アシスト クリック後のコンバージョン] 列は、その全体像を把握するのに役立ちます。キャンペーン、広告グループ、キーワード、デバイスごとに、クリック(ラストクリックを除く)によってアシストされたすべてのコンバージョン数が表示されます。

このレポートのデータを確認すれば、コンバージョンの獲得に最も効果的な広告を特定することができます。ごくわずかなコンバージョンに対するラストクリックしか獲得していない一部のキーワードが、実際は多くのコンバージョンをアシストしていることがわかる場合もあります。その場合はこうしたキーワードへの投資を増やし、より多くのコンバージョンを獲得できないか試してみることをおすすめします。

「モデル比較」レポート

アトリビューション モデルとは、コンバージョン経路の各ステップに対する貢献度をどのように割り当てるかを定めたルールのことです。「モデル比較」レポートと、アトリビューション モデルの使用方法について詳しくは、アトリビューション モデルについての記事をご覧ください。

アトリビューション レポートのコンバージョン データと [キャンペーン] ページ

アトリビューション レポートと [キャンペーン] ページでは、コンバージョン データに違いが生じることがあります。これは、ネットワーク、イベント時間、コンバージョンの発生元によってコンバージョンのカウント方法が異なることが原因です。

アトリビューション レポートは、アトリビューション モデルを変更するとコンバージョン レポートにどのような影響があるかを推測する際に役立ちます。一方、[キャンペーン] ページのコンバージョン データは、アトリビューション モデルを変更した後の掲載結果を評価して最適化する際に役立ちます。アトリビューション レポートで [現在のモデル] 列を使用すれば、過去の掲載結果を確認することもできます。

記録方法の違い

アトリビューション レポートと [キャンペーン] ページで記録されるコンバージョン データにどのような違いがあるかを以下に示します。

  アトリビューション レポート [キャンペーン] ページ
イベント時間 コンバージョンが発生した日時 コンバージョンに至ったクリックに先行する広告クエリの日時
ネットワーク Google 検索ネットワークのトラフィック 検索(検索パートナーを含む)、ディスプレイ、YouTube
コンバージョンの発生元 広告主のウェブサイトでのコンバージョン、電話番号のクリックのコンバージョン、アナリティクスからのインポートされた目標またはトランザクション、インポートされたオフライン コンバージョン オフライン コンバージョン、アプリ コンバージョン、来店などを含むすべての発生元

イベント時間

[キャンペーン] ページのコンバージョンのメインの列には、コンバージョンの発生日時ではなく、コンバージョンにつながったクリックに先行する広告のインプレッションが発生した日時に基づいてコンバージョン データが表示されます。たとえば、広告が先週クリックされて、そのトラフィックがコンバージョンを達成したのが今週の場合、クリックとコンバージョンの両方がコンバージョンのメインの列で先週にさかのぼって表示されます。広告費用もクリックの日時に基づいて算出されるため、コンバージョン単価や広告費用対効果などの指標を正確に測定できます。

[キャンペーン] ページに新しい [(コンバージョンの日時別)] 列を追加すると、コンバージョンが発生した日時に基づいてコンバージョン数とコンバージョン値をレポートできます。詳細

ネットワーク

アトリビューション レポートのデータは検索トラフィックに限定されますが、[キャンペーン] ページのデータには、検索パートナーのトラフィックのほか、ディスプレイ ネットワークまたは YouTube でのコンバージョンも含められます。なお、これらのネットワークのトラフィックは、ラストクリックを基準とするレポートでのみ記録されます。

コンバージョンの発生元

コンバージョンの発生元の一部は、[キャンペーン] ページではサポートされますが、アトリビューション レポートではサポートされません。アトリビューション レポートでは、ウェブサイト コンバージョン、電話番号のクリックのコンバージョン、アナリティクスからのインポートされた目標またはトランザクションのみが考慮され、アプリ コンバージョンや来店などの情報は考慮されません。インポートされたオフライン コンバージョンはアトリビューション レポートに対応しています。コンバージョンは 1〜2 日ごとにアップロードすることをおすすめしますが、その際は 7 日以内のものをアップロードしてください。[キャンペーン] ページではその他の発生元もトラッキングされますが、ラストクリックを基準とするレポートでのみデータが記録されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。