クレジットと調整額について

注: Google では現在、Google 広告の特定の [料金] ページを更新しています。更新に伴いこの記事の内容が変更されます。内容の更新をお待ちいただいている間に、以下の記事で新しいページの詳細をご確認ください。

Google 広告の残高は、必要に応じて調整される場合があります。ほとんどの調整では、広告費用としてご利用いただけるクレジットが付与されます。これに対してデビットとは、請求対象額が増える調整です。

アカウントに適用された調整額は、[ツールと設定] アイコン Google 広告 | ツール [アイコン]、[料金] の順にクリックすると、[概要] の該当する月にある請求処理アクティビティで確認できます。クレジットの調整には、次のような種類があります。

  • サービス調整: プロモーション コードまたはサービス調整クレジットがアカウントに適用されたときに表示されます。このクレジットは将来の広告掲載に対してのみ有効で、払い戻しできません。
  • 無効なアクティビティ(または無効なクリック): 無効なクリックとインプレッション(ロボットや自動ツールなどの不正なソフトウェアによるクリックやインプレッション)に対する請求の調整です。Google はこのような問題行為を禁止しており、不正なクリックやインプレッションに対する広告費用をお支払いいただくことはありません。

  • 超過配信: Google による掲載ペース配分の都合上、ご指定いただいた 1 日の平均予算を上回る量の広告掲載が発生してしまうことがあります(超過配信)。なおこの場合も、超過分の費用を相殺するクレジットが付与されますのでご安心ください。
  • 超過分: 広告費用が前払い残高を超えた場合に表示されます。この場合、超過分の金額がクレジットとして付与されるため、前払い分を超えるご請求は発生しません。この表示があるのは、手動支払いをご利用のアカウントのみです。
  • 超過クレジットが今後のご利用のために保管されます: 当月のご利用額を上回るクレジットが付与されると、アカウントのご請求残高がマイナスになることがあります。このマイナスの残高を「超過クレジット」と呼びます。地域の規制要件により Google がマイナス額の請求書を発行できない国(例: トルコ、中国、台湾)では、超過クレジットをマイナス残高として請求書に表示する代わりに、今後のご利用のために Google が保管します。該当期間については金額がゼロの請求書が発行され、翌月以降に広告費用が発生すれば、保管されていた超過クレジットが自動的に充当されます。
  • 先月以前からの超過クレジットが適用されます: 前月までに発生した超過クレジットが保管されている場合、当月に広告費用が発生すると、クレジット残高の上限まで超過クレジットが充当されます。この表示がある行の値は、当月の広告費用として消費された超過クレジットの金額を示します。アカウントが停止された場合、払い戻し可能な超過クレジットが反映されます。
  • 今後ご利用可能な残額: 当月分の料金に充当した後も超過クレジットが残っている場合に、翌月以降に持ち越されるクレジット額を示した行です。これは税引き後のクレジット額です。たとえば、表示された金額が 11,000 円で税率が 10% の場合は、広告費用に使用できるクレジットは 10,000 円分となります。

次のステップ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false