検索キャンペーンと P-MAX キャンペーンの新しいブランド設定

2023 年 6 月 29 日

デジタル マーケティングを取り巻く環境は変化しており、部分一致を使用した検索キャンペーンや P-MAX キャンペーンなど、AI を活用したかつてないほど多くのソリューションによって、より良い結果がもたらされています。これらの広告効果を促進する優れた組み合わせを活用することで、Google のすべてのチャネルでコンバージョンを増やすことができます。また、ブランド トラフィックをより細かく管理したいというご要望にお応えして、Google の AI を活用して広告の表示先をコントロールする方法を改善するために、検索キャンペーンでの部分一致向けのブランドの制限と、P-MAX でのブランドの除外という 2 つの新機能をリリースしました。

検索キャンペーンでブランドの制限を適用して、目的のブランド トラフィックにのみリーチする

部分一致とスマート自動入札を併用すると、指定した成果目標でリーチとコンバージョンを最大化できます。ただし、これまでは、ブランド キャンペーンにブランド以外のトラフィックが含まれないようにする必要がある場合など、特定のブランドのニーズがあるブランド関連の検索キャンペーンで部分一致を利用できない場合がありました。Google Marketing Live で、Google は部分一致での新しいブランド制限について発表しました。これを利用することで、それぞれのメリットを享受できるようになります。つまり、目的とするブランド トラフィックのみにリーチしながら、部分一致のメリットを活用できるようになるということです。この機能は来週から全地域で展開される予定です。

Screenshot of the broad match campaign setting in the Google Ads UI
部分一致のキャンペーンでブランドの制限を使用する

ブランドの制限を使用すると、部分一致のトラフィックが制限され、選択したブランド(Fitbit など)またはそれらのブランドに関連する商品(Versa 4 など)を含む検索でのみ広告が表示されるようになります。これまで完全一致やフレーズ一致を使って特定のブランドのニーズに対応していた場合でも、部分一致にブランドの制限を使ってリーチの拡大と成果の向上を図りながら、それらのブランドのニーズに対応することができるようになりました。

 


 

Sephora logo

Sephora Australia では、目標広告費用対効果の範囲内で検索キャンペーンのブランド トラフィックを増やして、オンライン収益を拡大したいと考えていました。同社はこれまで、関連性が高く質の高いブランド関連の検索語句で確実に表示されるようにするため、部分一致を使用していませんでしたが、ブランドの制限を適用した部分一致をテストした結果、元のフレーズ一致キャンペーンと比較して、コンバージョン数の 40% 増加コンバージョン値の 80% 増加広告費用対効果の 51% 向上 という成果を達成することができました。

「ブランドの制限とともに部分一致を適用することで、絶えず変化する消費者の検索内容に問題なく対応できるようになっただけでなく、目標広告費用対効果の範囲内での収益の増加につながりました」
— Jiahui Chng 氏、アシスタント マネージャー、パフォーマンス マーケティング



Royal Bank of Canada(RBC)は、検索キャンペーンの効率的な費用対効果を維持しながら、ボリュームを拡大するという課題に取り組んでいました。同社はブランド キャンペーンで部分一致を使用したいと考えながらも、それらの語句の関連性に懸念を抱いていました。そこで、ブランドの制限を適用した部分一致をテストしたところ、コンバージョン数とコンバージョン値が 2 倍増加 しただけではなく、対照群と比べて広告費用対効果が 4% 向上 しました。この成果を受けて、RBC は自社のアカウントと事業部門全体に部分一致を適用しました。

なお、ブランドの制限では、キーワードのマッチタイプは拡張されませんが、その代わりに、選択したブランドに関連するブランドまたは商品を含む検索語句に部分一致が限定されます。

新しい部分一致のキャンペーン設定をオンにすると、ブランドの制限が利用可能になります。ブランドの制限は部分一致のキャンペーンでのみ使用可能なため、キャンペーン全体を部分一致に簡単にアップグレードできるワンクリックの設定をご用意しています。

なお、部分一致キーワードのキャンペーン設定を使用した場合、キーワードの選択プロセスに影響します。この優先順位の変更は、部分一致のキャンペーン設定を有効にしている場合のみ適用され、この設定を有効にしていないキャンペーンには影響しません。

必要に応じて P-MAX キャンペーンからブランド トラフィックを除外する

今年の 2 月、Google は P-MAX のブランドの除外がまもなく利用可能になることを発表しました。このたび、ベータ版テストが完了し、すべての広告主様にご利用いただけるようになりました。検索広告枠やショッピング広告枠での P-MAX の動作を管理するための方法が増え続けているなかで、これは以前のアカウント単位の除外キーワードに基づいて設計されています。

ブランドの除外では、ブランドの制限とは異なり、広告を配信するブランドを選択するのではなく、除外するブランドを選択できます。また、より細かく管理できるようになるため、検索とショッピングの広告枠で避けたいブランド関連の検索語句に対して P-MAX キャンペーンが配信されなくなるようにすることが可能です。こうした除外を適用すると、正しく入力されていないブランド名や、外国語でのブランド関連検索から発生するトラフィックのほとんどをブロックすることもできます。独自のブランド キーワードや第三者のキーワードなどを除外するブランドのリストから選択することが可能です。  

リストにないブランドがある場合は、追加をリクエストするためのオプションが Google 広告に表示されます。新しいブランドを追加すると、自動的に使用できるようになりますが、他の広告主がリストでこのブランドを確認できるようにするには、ブランドの認証を受ける必要があります。除外キーワードを追加することでリーチとパフォーマンスにどのような影響があるかをモニタリングし、貴重なコンバージョンの機会を逃さないようにしましょう。

Screenshot of Performance Max campaign brand exclusions in the Google Ads UI
P-MAX キャンペーンでブランド キーワードを除外する

特定のブランド要件が原因でこれまで P-MAX を利用できなかった場合は、今すぐブランドの除外を設定し、キャンペーンの運用を開始しましょう。

検索広告に関するおすすめの方法についてはこちら、P-MAX に関するおすすめの方法についてはこちらをご覧ください。

Posted by Walter Vulej - シニア プロダクト マネージャー、Natalie Wertz - プロダクト マネージャー

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
運用ガイド ニュースレター配信に登録しましょう

Google 広告の運用ガイド ニュースレターに今すぐ登録して、実践的なヒントやハウツー、プロダクトに関する最新のお知らせをメールで直接受け取りましょう。

ここから登録

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー