関連動画について

YouTube での動画広告の再生時に、その下に関連動画のリストを表示できます。これらの関連動画によって、メインの動画広告のメッセージに広がりをもたせ、より印象づけることができます。この記事では、関連動画と動画キャンペーンにおける関連動画の仕組みについて説明します。

YouTube に表示される動画広告の例(関連動画が下に表示されている)

メリット

  • メインの動画広告のメッセージに広がりをもたせることができる。
  • 自身のクリエイティブ(YouTube チャンネル内の他の動画も含む)で視聴者の関心を維持できる。
  • 関連動画は、ユーザーがモバイル デバイスを縦向きで使用した際、メインの動画広告の下のスペースを活用して表示できるため、モバイル ユーザーのエンゲージメントをより効果的に促進できる。

仕組み

  • 関連動画は [商品やブランドの比較検討] と [ブランド認知度とリーチ] の目標で選択できます(または、CPV(広告視聴単価)もしくは目標インプレッション単価の入札戦略を使用すると、目標を指定せずに動画キャンペーンを作成できます)。
  • 2~5 本の関連動画をキャンペーンに追加できます。キャンペーンで関連動画として表示するには、動画を [公開] または [限定公開] に設定する必要があります。
  • モバイル デバイス上の YouTube アプリで広告が再生されると、関連動画が動画広告の下に表示されます。
注: 広告が必ず関連動画に表示されるとは限りません。広告に含まれる関連動画の数と順番は変わることがあります。関連動画は、Google の広告掲載のポリシーYouTube 広告の要件を遵守している必要があります。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false