カスタム オーディエンスを利用して理想的な見込み顧客へのリーチを拡大する

2020 年 9 月 14 日

自社の商品やブランドに関心を持ってくれるユーザーを見つけるのは容易ではないとお感じでしょうか。Google 定義オーディエンスをご利用であれば、カスタム アフィニティおよびカスタム インテント オーディエンスについてすでにご存知かもしれません。これらは、ユーザーの関心やユーザーがよく検索しているトピックに基づいてアプローチするのに役立ちます。関連性の高いキーワードやウェブサイトに基づいてオーディエンスを構築すれば、より関連性の高い広告をユーザーに表示し、ビジネスの目標達成を促進できます。

昨年 Google は、カスタム アフィニティとカスタム インテント オーディエンスをカスタム オーディエンスという 1 つのシンプルなソリューションに統合することを発表しました。現在、このソリューションは、ディスプレイ キャンペーン、YouTube キャンペーン、ファインド キャンペーンですべての広告主様にご利用いただけます。

パーソナライズド広告の透明性を高める

ユーザーは自身のニーズや興味に沿ってカスタマイズされた広告を好みますが、同時に広告の透明性と選択の自由も求めています。広告設定などのツールを使用すれば、ユーザーは広告のカスタマイズ設定を簡単に変更したり、広告のカスタマイズ自体を無効にしたりできます。さらに Google では、透明性を高め、ユーザーの選択肢を広げ、ユーザーのコントロールを高めるための新たな取り組みを行っており、広告をカスタマイズするためにどのようなデータが収集され誰によって利用されているのかについて、より詳細に可視化しています。

詳しくは、パーソナライズド広告に関するポリシーをご覧になり、収集されているデータの種類や、Google のプラットフォームで使用を禁止されているインタレスト カテゴリの種類に関する基準をご確認ください。

カスタム オーディエンスの利用を開始する

カスタム オーディエンスを使用すると、1 つのオーディエンスでさまざまな目標(認知度の向上、比較検討やコンバージョンの促進など)に対応できます。

カスタム インテントまたはカスタム アフィニティ カテゴリをすでに使用されている場合は、特に設定を行わなくてもカスタム オーディエンスに自動的に移行されます。

カスタム オーディエンスを作成する際には、推定リーチが表示されます。作成したオーディエンスは、ディスプレイ キャンペーン、ファインド キャンペーン、YouTube キャンペーンで使用できます。

Screenshot of Google Ads UI showing new custom audience creation

オーディエンス戦略の策定には多くの時間と労力を要します。Google はお客様の戦略が成功を収め、より多くのターゲット ユーザーにリーチを拡大できるようお手伝いしたいと考えています。カスタム オーディエンスについて詳しくは、Google 広告ヘルプセンターをご覧ください。

Posted by Mayur Chaudhari & Alicia Zeng - Google 定義オーディエンス担当プロダクト マネージャー

 


 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
運用ガイド ニュースレター配信に登録しましょう

Google 広告の運用ガイド ニュースレターは、Google 広告開発チームの承認の下、キャンペーンを最大限に活用するための実践的なアドバイスや戦略をご紹介しています。

登録

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
14554113810804924510
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067