[GA4] セッション数の算出方法

セッションはユーザーが次の操作を行うと開始されます。

  • アプリをフォアグラウンドで開く、または
  • 現在アクティブなセッションがないとき(以前のセッションがタイムアウトした場合など)にウェブサイトのページを表示する

デフォルトでは、30 分間操作がなければセッションが終了します(タイムアウトします)。セッションの継続時間に制限はありません。

アプリ セッションのタイムアウトを調整する

アプリがバックグラウンドに移行するとアプリ セッションのタイムアウトが開始されますが、アプリがバックグラウンドで実行されている間に送信するイベントに、extend_session のパラメータ(値は 1)を追加することで、セッションを延長できます。これは、ナビアプリや音楽アプリなど、アプリが主にバックグラウンドで実行される場合に便利です。

setSessionTimeoutDuration メソッドを使用して、アプリ セッションのデフォルトのタイムアウト時間 30 分を変更します。

ウェブ セッションのタイムアウトを調整する

次の手順で、ウェブ セッションのデフォルトのタイムアウト時間 30 分を変更します。

  1. [管理] で、設定するウェブ セッションのプロパティに移動します。
  2. [データ ストリーム] をクリックし、ウェブデータ ストリームを選択します。
  3. [その他の設定] で [タグ付けの詳細設定]、[セッションのタイムアウトを調整する] の順にクリックします。
  4. セッションのタイムアウトを調整する: セッションのタイムアウトを時間と分で設定します。
  5. エンゲージメント セッションの時間調整: セッションがエンゲージメント セッションとみなされるまでの時間(秒)を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

セッション数のカウント方法

Google アナリティクス 4 プロパティのセッション数は、ユニバーサル アナリティクスのプロパティのセッション数よりも少なくなることがあります。キャンペーン ソースがセッション中に変更された場合、Google アナリティクス 4 では新しいセッションが作成されないのに対し、ユニバーサル アナリティクスでは新しいセッションが作成されるためです。

セッションが日付をまたぐ場合(午後 11 時 55 分に開始して午前 0 時 5 分に終了する場合など)は各日で 1 回ずつカウントされますが、1 つのセッションとみなされます。

イベントがセッションに関連付けられる仕組み

イベントは、次の 2 つの方法でセッションに関連付けられます。

  • ga_session_id: セッション内で発生する各イベントに関連付けられた一意のセッション識別子。
  • ga_session_number: セッション内で発生する各イベントに関連付けられ、セッションがユーザーと関連付けられるにつれて単調に増加していくセッションの発生順序(ユーザーの 1 番目、または 5 番目のセッションなど)を識別するパラメータ。これは、特定の種類のイベントがいつ発生しているのかを識別するのに有効です(例: in_app_purchase イベントが、5 番目から 7 番目までのセッションの間の 85% で発生している)。

セッション指標が表示される場所

Google アナリティクス 4 プロパティには、3 種類のセッション関連指標があります。

  • セッション: サイトやアプリで開始されたセッションの数(session_start イベントが発生した回数)。
  • エンゲージメントのあったセッション: 10 秒以上継続するか、コンバージョン イベントが発生するか、ページビューが 2 件以上発生したセッションの数。
  • エンゲージメントのあったセッション数(1 ユーザーあたり): エンゲージメントのあったセッションの回数をユーザー数で割った数。

これらの指標は次のレポートで確認できます。

  • 集客サマリー
  • ユーザー獲得
  • トラフィック獲得
  • エンゲージメントの概要
  • ユーザー属性の詳細
  • ユーザーの環境の詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5054967
false