イベント

この記事の内容:

概要の表

この表には、指定した期間中にアプリで発生したイベントの一覧が表示されます。

表では、各イベントについて次の指標が表示されます。

  • 件数: イベントが発生した回数
  • ユーザー: イベントが発生したユーザーの数

表内のイベントをクリックすると、そのイベントの詳細レポートが表示されます。詳細レポートに表示される情報はイベントによって異なります。

イベントの指標

各イベントについて次の指標を確認できます。

  • イベント数: イベントが発生した回数
  • ユーザー: イベントが発生したユーザーの数
  • ユーザーによるカウント: イベントが発生したユーザーあたりの平均回数
  • 値: イベントで提供されたすべての VALUE パラメータの合計。この状況依存の指標を使用すると、アプリにとって有用なデータ(収益、時間、距離など)を追跡できる

これらの指標には、イベントに応じて異なる情報が反映されます。たとえば、first_open のイベント数はアプリが初めて起動された回数を示し、in_app_purchase のイベント数はアプリで発生したアプリ内購入の回数を示します。

イベントとそれに関連付けられた指標の詳細をご確認ください。

イベントをコンバージョンとして有効にする

コンバージョンは最も重要なイベントです。イベントをコンバージョンとして指定することで、そのイベントに関するアトリビューションのレポート作成とポストバックの送信に役立ちます。また、コンバージョン イベントはすぐに活用できるよう、SDK によって直ちにアップロードされます。最大 10 件のイベントをコンバージョンとして追加できます。

イベントをコンバージョンとして指定するには:

  1. アナリティクスで自分のアプリに移動します。
  2. [イベント]、[ネットワーク設定] の順にクリックします。
  3. イベントの行で [コンバージョンとしてマークを付ける] 列のスイッチをオンにします。

イベントをコンバージョンとして有効にすると、[アトリビューション] > [コンバージョン イベント] でデータを確認できるようになります。アトリビューション レポートの生成は、アトリビューションをコンバージョンとして有効にした時点から開始されます。

AdWords のアトリビューション レポートに AdWords が関連するコンバージョン イベントを表示するには、Firebase プロジェクトを AdWords にリンクして、Firebase からコンバージョン イベントをインポートします([運用ツール] → [コンバージョン] → [Firebase])。

注: コンバージョン イベントとともに提供する VALUE イベント パラメータには数値を設定し、通貨コードも含める必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。