検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google アナリティクス アプリレポートのスタートガイド

アプリでのユーザー行動とマーケティングに関する分析データを収集します。
この記事の内容:

アカウントの作成

firebase.google.com で Firebase アカウントを作成し、該当する SDK をダウンロードします。アプリで SDK を使用する方法について詳しくは、Google Developers の Firebase ドキュメントをご覧ください。

データ収集の開始

Firebase SDK を使用すると、アプリの使用状況に関する基本的なデータを自動的に収集できます。コードを追加しなくても、自動収集するイベント(これまでの初回起動数、開始されたセッション数、アプリ内購入の回数など)が設定され、一定の期間中にユーザーがアプリを利用した時間や、アプリ内購入が行われた頻度、アクティブ ユーザー数などを把握できます。ユーザー プロパティも収集されます。

アプリでは、一般的なイベントや、アプリの種類(小売と e コマース旅行ゲームなど)に応じたイベントをログに記録する必要があります。イベントと指定されたパラメータを一緒に記録すると、使用可能な最大限の詳細データがレポートに表示され、最新の Firebase の機能と統合によるメリットが得られるようになります。イベントをログに記録するには、アプリにコード スニペットを追加する必要があります。

レポートの表示

Firebase アカウントを作成して、アプリに Firebase SDK を統合したら、Google アナリティクスまたは Firebase にログインしてレポートを表示します。

Google アナリティクス

Google アナリティクスでレポートを表示する方法は次のとおりです。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. アプリのプロパティに移動します。レポートの操作機能が、モバイルアプリ レポートを表示できるように更新されます。
    プロパティ選択メニューに該当のアプリが表示されない場合は、そのアプリを追加する必要があります。
    1. プロパティ選択メニューで [新しいプロパティを作成] を選択します。
    2. [モバイルアプリ] をクリックします。
    3. Firebase アプリを選択します。
    4. [アプリを接続] をクリックします。レポートの操作機能が、モバイルアプリ レポートを表示できるように更新されます。
  3. レポートの操作機能を使ってご希望のレポート(ダッシュボード、イベント、ユーザーなど)を選択します。

Firebase

Firebase でレポートを表示する方法は次のとおりです。

  1. firebase.google.com から Firebase アカウントにログインします。
  2. 「ようこそ」ページでアプリを選択します。
  3. 左のナビゲーションで [アナリティクス] をクリックします。
  4. ご希望のレポート(ダッシュボード、イベント、ユーザーなど)に該当するタブをクリックします。

イベント、コンバージョン、ユーザー プロパティ、ユーザー

アプリの分析データは、イベント、コンバージョン、ユーザー プロパティ、ユーザーの 4 つの要素で構成されます。

  • イベント: ユーザーがアプリで操作を行ったときに発生します。Firebase SDK ではいくつかのイベントが自動的に収集されますが、アプリの種類に応じたイベントをログに記録する場合は、コードを追加する必要があります。これらのイベントと指定されたパラメータを一緒に記録すると、使用可能な最大限の詳細データがレポートに表示され、最新の機能と統合によるメリットが得られるようになります。
  • コンバージョン: ビジネスにとって最も重要なイベントであり、主要業績評価指標(KPI)として使用できます。イベントをコンバージョンとして設定すると、Google や外部ネットワークなど、すでに連動している広告ネットワークにそのコンバージョンを送信できるようになります。
  • ユーザー プロパティ: ユーザーの特性です。Firebase を使用すると、いくつかのデフォルトのユーザー プロパティを収集できます。独自のユーザー プロパティを作成することもできます。たとえば、ユーザーのお気に入りのスポーツチームを把握する場合は、「ひいきのチーム」というユーザー プロパティを作成し、そのユーザー プロパティを基にレポートを絞り込みます。
  • ユーザー: イベントとユーザー プロパティを組み合わせて定義できます。ユーザーは、セグメントに基づいて分類されたグループです。たとえば、特定の国のユーザーのみに関する指標を表示することもできます。

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。