検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Firebase Analytics を使ってみる

アプリのユーザー行動とマーケティングに関する分析データを収集します。

この記事の内容:

アカウントの作成

firebase.google.com で Firebase アカウントを作成し、該当する SDK をダウンロードします。アプリで SDK を使用する方法について詳しくは、Google Developers の Firebase ドキュメントをご覧ください。

データ収集の開始

Firebase SDK の Firebase Analytics サービスは、アプリの使用状況に関する基本的なデータを自動的に収集します。このデータにアクセスして分析するには、Firebase にログインして Firebase Analytics レポートに移動します。自動的に収集されるイベント(初回起動の数、開始したセッション数、これまでのアプリ内購入など)を有効にするためにコードを追加する必要はありません。このデータにより、ユーザーがアプリで費やした時間、アプリ内購入が行われた頻度、特定の期間におけるアクティブなユーザー数を確認できます。また、ユーザー プロパティも収集されます。

アプリでは通常、一般的なイベントとアプリの種類(小売と e コマース旅行ゲームなど)に応じたイベントをログに記録します。イベントと指定されたパラメータをログに記録することで、レポートで最大限の詳細情報を確認できるようになります。こうしたデータは、最新の Firebase 機能が利用可能になったときにアプリと統合して活用することができます。イベントをログに記録するには、アプリにコード スニペットを追加する必要があります。

レポートの表示と設定

Firebase アカウントを作成してアプリで Firebase SDK を統合したら、firebase.google.com にログインして Firebase Analytics レポートの表示と設定を行います。

Firebase Analytics はイベント、コンバージョン、ユーザー プロパティ、ユーザーリストという 4 つの使いやすい要素で構成されています。

  • イベントは、ユーザーがアプリで操作を行った時にトリガーされます。Firebase によって複数のイベントが自動的に取得されます。ただし、アプリの種類に応じたイベントをログに記録するには、コードを追加する必要があります。イベントと指定されたパラメータをログに記録することで、レポートで最大限の詳細情報を確認できるようになります。こうしたデータは、最新の Firebase 機能が利用可能になったときにアプリと統合して活用することができます。
  • コンバージョンはビジネスにとって最も重要なイベントです。これは、重要業績評価指標(KPI)と同じようなものです。イベントをコンバージョンとしてマーク付けすることにより、このようなコンバージョンを、既に利用している広告ネットワーク(Google や外部ネットワークなど)に送信することができます。
  • ユーザー プロパティはユーザーの特性を表します。Firebase は複数のデフォルト ユーザー プロパティを取得します。また、独自のユーザー プロパティを作成することもできます。たとえば、ユーザーのお気に入りのスポーツチームを追跡する場合は、「お気に入りのチーム」というユーザー プロパティを作成します。次に、Firebase でこのユーザー プロパティによってレポートをフィルタリングすることができます。
  • イベントとユーザー プロパティを組み合わせてユーザーリストを定義できます。ユーザーリストはユーザーを分割したグループです。たとえば、特定の国のユーザーを対象とした指標のみを確認することができます。

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。